ボトルネックとは?意味と使い方を解説

物事を進める上で妨げとなっている事柄を指して「〇〇がネックになっている」という言い方を度々耳にする事があります。この「ネック」という言葉は「ボトルネック」からきているいることをご存知でしょうか。この「ボトルネック」の意味と使い方などについて詳しく説明します。

ボトルネックとは


物事の妨げとなるのものという意味で「ネック」と省略して使われることの多い「ボトルネック」ですが、本来の意味や由来はどのようなものなのでしょうか。「ボトルネック」と呼ばれる由来や広義的な意味合いについて、さらにはアパレルでの使われ方、英語表記にした場合の意味について詳しく見ていきます。

瓶の形が由来

瓶(ボトル)の形が由来とされています。ワインなどの瓶のように、瓶の途中で細くなっている場合の事をいい、途中で細くなることで、液体が出る量が少なくなるという事から、作業などの妨げとなる要因といった意味で使われることが多いです。

広義ではシステム等の速度を妨げる部分

作業やシステム上の速度が低下している要因であったり、作業効率の低下の要因となっている事柄があった場合に、その困難となる原因や事柄の部分を「ボトルネック」と呼びます。

アパレルではネックラインを表す

アパレルでは、ネックラインを表す言葉で使用されています。ボトル(瓶)の口のように細くなっていて、少し立ち上がっていて首にぴったりフィットする形のもので、ハイネックの一つ。セーターやワンピースなどに使われることが多いです。

英語ではBottleneck

カタカナ語として使われている「ボトルネック」は、英語表記では「Bottleneck 」と書きます。意味は日本語の意味と同じような使われ方をしていて、英語では、「primary problem」のような意味で使用されます。

ボトルネックのつく言葉


アパレル用語としてだけでなく、システム上であったり、経済状況を表す中で使用されるボトルネックですが、その他にボトルネックが付く言葉としてどのようなものがあるのでしょうか。

ボトルネックインフラ

労働力など生産に関わる要素に不足が生じることによって、生産が需要に追い付かなくなり、価格が上昇することを「ボトルネックインフラ」と呼びます。物価の上昇ということから「ボトルネックインフレ」とも言われています。「ボトルネックインフラ」や「ボトルネックインフレ」は、経済上の不安要素を表す言葉です。

ボトルネックの使い方・例文


今度は使い方の例を確認しながら、具体的にどのように使用すればいいのかについて説明します。システムを運用している場合や経済状況を説明する言葉として、さらにはアパレル用語としてのボトルネックについて見ていきます。

システム運用上のボトルネックを探す

システムを運用する上での問題点を表す言葉として使用します。処理速度が低下している原因部分を「ボトルネック」と表現し、その原因を見つけ出すという意味で、「ボトルネックを探す」という言い方をします。

人材不足が弊社のボトルネックである

「ボトルネックインフラ」という言葉からも想像できるように、ビジネスシーンにおいても生産力の低下や収益などに影響を与えている要因のことをボトルネックまたは「ネック」と省略して使用することがあります。

ボトルネックのニットを購入した

アパレル用語としてのボトルネックの場合は、どのような形のニットであるのか、首回りや襟の特徴について表現する場合に使用します。「ボトルネック」と記載があるだけで、どんなデザインの洋服なのかが容易に想像できます。

ボトルネックの類語


ボトルネックの類語にはどのようなものがあるのでしょうか。類語を知ることで、本来の使い方を見直すことができたり、文章などで使用する言葉に広がりを持たせることができます。

律速

「りっそく」と読み、意味はボトルネックと同様の言葉です。主に化学工学の分野で使用されていて、反応速度を制限している要因について指す言葉として定着しています。反応速度が遅い(小さい)段階のことを律速段階といいます。

まとめ

ボトルネックの由来は、瓶(ボトル)の形状から来る言葉で、瓶の形状によって中に入っている液体が出てくる量が変化することから、現在のような意味で使用されるようになりました。処理速度が遅くなっている原因であったり、経済システムを滞らせている要因という意味で主に使用されています。英語表記であっても同様の意味である事や、アパレル用語としても使用されていることを理解いただけたかと思います。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る