【初心者向け】Win/Mac両方のC言語の開発環境構築を解説

C言語はプラグラミング言語の基礎といっていい存在であり、過去様々なシステムやソフトがC言語を用いて開発されていました。現在では、JavaやC++等オブジェクト指向の言語が主流となっていますが、それらの言語の中にもC言語をベースに開発されているものが数多く存在します。

C言語の開発環境の構築について

エディタを準備する

C言語の開発環境を構築するためには、まずエディタを準備しましょう。エディタというのは、C言語の構文を記述するノートブックのようなものであり、OS標準のテキストエディタ等をイメージして頂けると分かりやすいかと思います。

コンパイラをインストールする

コンピューターはC言語の構文をそのまま読み込むことはできませんので、一度コンピューターが分かる形に変換する必要があります。その役目を果たしてくれるのがコンパイラと呼ばれる存在です。

PATHを設定する

「PATHを設定する」というのは、必要なコマンド群がコンピューターのどこにあるかを設定する作業のことを指します。PATHを適切に設定しておかないと各種コマンド等が実行できなくなることに繋がります。

命令をする

引き続き、C言語で命令コードを記述します。このプロセスが実際のプログラミングと呼ばれる工程になるため、開発の際はコードの記述とコンパイルを繰り返し行うことになるでしょう。

コンパイルをして実行する

コードの記述が終わったら、コンパイルして実行します。コードの記述ミスがあったらコンパイルエラーや実行エラーになるため、該当箇所を修正し、またコンパイルして実行します。プログラミングは、基本的にその繰り返しです。

C言語ができる最小単位の開発環境

Windows版

実際に開発環境を構築してみましょう。Windowsで最小限の開発環境を整える場合は、エディタとコンパイラを用意することになります。

エディタとコンパイラ

エディタは自分の好みのもので問題ありませんが、できれば標準のテキストエディタ等ではなく、開発に適した、記述ミスがあれば色分けして教えてくれるようなものを選びましょう。そうすることで開発効率をあげることができます。

そして、コンパイラはgccをインストールすれば問題ないでしょう。Windowsにgccをインストールするためには、まずMinGWをインストールする必要があるため、MinGWをダウンロードしましょう。

インストール

ダウンロードが終わったら、exeファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。イントール中の表記は英語になりますが、基本的にはデフォルトのままContinueをクリックすれば良いでしょう。

しかし、MinGW Installation Managerという画面が出てきた時には「mingw32-base」と「mingw32-gcc-g++」を選択する必要があります。それらを選択したら、Installation→Applyでインストール開始、そして、successfullyの表示が出たらCloseをクリックして画面を閉じます。以上でMinGWのインストールは完了です。

PATHの設定

続いて、PATHの設定を行います。システムの詳細設定画面を開き、環境変数をクリック、そしてシステム環境設定エリアのPathをクリックし、編集画面の変数値という部分の一番後ろに「;C:\MinGW\bin」という一文を追加します。この際、他の部分を削除しないように気をつけて下さい。

動作確認

PATHの設定が終わったら、gccが正常に動くかどうかの確認を行います。コマンドプロンプトを開き、「gcc –help」と打ってみましょう。gccのヘルプ画面が表示されれば無事gccが使える状態になっています。

では、適当なC言語ファイル(拡張子は.c)を作成し、コマンドプロンプトからコンパイルしてみましょう。コマンドは「gcc -o [実行ファイル名] [作成したC言語ファイル名]」です。正常に動作していれば、C言語ファイルを作成したディレクトリに実行ファイル(.exe)が作られているはずです。

作成されたEXEファイルを起動することで、C言語で記述したコードが実行されます。なお、コンパイルは作成したC言語ファイルのあるディレクトリで行うことになるため、参照ディレクトリが異なっている場合はcdコマンドで移動しておきましょう。

Mac版

Macの場合は、xcodeをインストールすることで、自動的にgccのインストールも行われます。そのため、まずはxcodeをダウンロードし、インストールしましょう。

xcodeのインストールが完了したら、適当なC言語ファイルを作り、ターミナルを起動します。先程作成したC言語ファイルのあるディレクトリに移動し、「gcc [ファイル名]」と打ち込むことでコンパイルされ、実行ファイルが作られます。

作成されたファイルを実行することで、プログラムが起動します。

WIN/Mac/Linuxに使えるCloud9

また、Cloud9を使うことで、自前で開発環境を構築しなくてもOSを問わずオンライン上でC言語によるプログラミングを行うことができます。環境構築を行うのが面倒という方は利用を検討してみるのも良いでしょう。

応用にはVisual Studio Codeなどがお勧め

また、C言語での開発に慣れてきたら、Visual Studio Code等のエディタを使ってみるのも良いかもしれません。Visual Studio CodeはWindows及びMacの両OSで使用することができ、オートコンプリート機能等も搭載されているため、開発効率の向上が見込めます。

まとめ

C言語でプログラミングを行うためにはコンパイラ等の環境構築が必要であり、その点が初心者の方には少々ハードルが高いといえるかもしれません。しかし、プログラミング自体もトライ&エラーをひたすら繰り返す作業になるため、自分が分からないものに対しても果敢にチャレンジする姿勢が求められるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る