フリーランスはローンの審査が厳しい?家や車を買う時に気をつけたいこと

フリーランスになると、ローンの審査が厳しくなると聞いたことがあるでしょうか。家などの不動産や車など、大きな買い物をするときに役立つローン。人生でローンが必要になるときはどのような時なのか、また、フリーランスでもローンを組むためにはどうしたら良いのかを解説します。

ローンが必要になるのはどんな時?

一括では支払えないような高額な買い物をするとき、役に立つのがローンです。銀行などから一度お金を借りて支払い、毎月定額を返済していくシステムのことを言います。それでは、人生でローンが必要となる場面には、どのようなものがあるのでしょうか。

住宅ローン

人生の中の大きな買い物として代表的なのが住宅でしょう。住宅を買う際は、住宅を担保としたローンを銀行に組んでもらうのが一般的です。自分で銀行の支店に出向いて申し込むこともあれば、不動産屋さんが提携銀行を紹介してくれることもあります。
住宅ローンを組むためには、その人の年収、年齢、勤務先、家族構成、他の借金の状況などを調査されます。なお、基本的には購入した住宅を担保としているため、返済ができなくなると住宅を差し押さえられる可能性があります。

自動車ローン・マイカーローン

車の購入・修理・車検に使えるローンを、「自動車ローン」または「カーローン」と言います。有名なものには、オリコのカーローンなどが挙げられます。新車だけではなく、中古車やバイクにも利用ができます。さらに、あまり知られていませんが、免許証の取得や車庫の建設費に利用できるものもあります。

自動車は住宅と違い、学生や新社会人でも購入を検討する機会があるでしょう。その場合は、就職先の企業によって有利になったり、親に保証人になってもらうことで信用度が増したりします。

ビジネスローン・事業者ローン

ビジネスローン・事業者ローンは、その名前の通り、個人ではなく事業のためのローンです。個人事業主の方が資金繰りが悪くなった時、カードローンなどを使いたくなるかもしれません。しかし、個人のカードローンは事業目的で使うことができません。事業のためにローンを組みたい場合は、ビジネスローンを利用することになります。ビジネスローンの審査基準は個人のカードローンと異なっているので、個人で審査落ちしてしまっていても、事業のためのビジネスローンであれば通るということもあります。

投資・資産運用のため

投資や資産運用をする時、元手が少額なのでローンを組んで元手を増やしたいということがあるかもしれません。この場合も本人の信用度によってはカードローンなどを組むことが可能です。

しかし、投資による借金は、自己破産の免責を受けることができません。つまり、どれほど大きな借金になったとしても自己破産できず、自分で返し続けなければならないということです。この理由から、投資やFXなどのためにローンを組むことは奨励されていません。

その他の買い物

住宅や車ほど高額ではなくても、ローンを組む機会があります。身近なものでは、パソコンやスマートフォンなどです。こちらは、パソコンなどを売っている企業が提供しているローンもありますし、カードローンを利用する方法もあります。企業が提供しているローンは、メニューや審査基準が独自のものになっています。例えば、Apple独自のアップルローンなどが挙げられます。パソコンなどは学生も購入するため、比較的審査に通りやすいと言えるでしょう。

フリーランスはローンが組みにくい?

住宅ローン・カードローン審査に不利

フリーランスは正規雇用ではありませんので、基本的には収入の波があります。そのため、住宅ローンやカードローンといった審査が必要な借り入れに関しては不利になるケースが多いでしょう。貸す側からすると、収入が不安定でいつ返済が滞るか分からない相手よりは、毎月一定額の収入を得ている方が確実な返済を見込めるため貸しやすいといった側面があります。

業務委託社員も同様

それは業務委託社員に関しても同様です。業務委託社員とは、企業と業務委託契約を結び、自分の管理下で仕事を行うワーカーのことを指します。最近は在宅業務を導入する企業も増えてきましたが、社員側の事情で在宅業務を申し入れた場合、このようなスタイルで在宅業務に移行することもあります。

業務委託社員は形式の上では個人事業主になるため、立場としてはフリーランスとほぼ同じです。そのため、フリーランス同様銀行の審査に不利になることもあります。

ローンが組みにくい理由

収入が不安定・ボーナスがない

フリーランスがローンを組みにくい理由としては、まず収入が安定しないことが挙げられます。正規雇用されているサラリーマン等であれば、毎月決まった月収を得られますが、フリーランスはその辺りがクライアントや請け負っている仕事によって変動してしまいます。そのため、フリーランスはどうしても審査において不利になりがちです。

また、フリーランスはサラリーマンが貰えるボーナスという制度がありません。そのため、サラリーマンに比べると収入が低いと見做されている傾向があります。ときには、職業がフリーランスというだけで借り入れを断られてしまう可能性もあります。

立場が保証されていない

サラリーマン等の会社員であれば、バックに会社がついているため当人の人間性や社会性がある程度保証されています。しかし、フリーランスは身一つで生計を立てているため、そのような保証がありません。人間性や社会性がしっかりした人物であっても、審査する側が見るのは第三者からの客観的評価になるため、その点においてもフリーランスは不利といえるでしょう。

ローン獲得のためのポイント


借り入れ審査には不利な立場にあるフリーランスですが、当然無理というわけではありません。フリーランスがローンを組むためには、どのような準備を行えば良いのでしょうか。

銀行の信用を高める

フリーランスとしてローンを獲得するためのポイントとしては、まず銀行の信用を高めることが大切です。極論、貸し手としては相手がフリーランスか自営業者かということよりも、最終的に返済が見込めるかどうかが重要です。

自分は返済をしっかりと行うことができる人間だとアピールしましょう。勿論、それを口で主張するのではなく、借り入れ予定のある銀行に定期預金を行うといった工夫が必要です。

ネガティブな実績を作らない

これはフリーランスに限ったことではないのですが、事故実績等のネガティブな履歴を作らないといったことも重要です。クレジットカードや他の借金等の支払いが遅延していたり未払いのままだと、審査に通るものも通らなくなってしまいます。

同様に、課される税金もしっかりと納めることが大切です。年金や所得税といった税金が未納である人間を信用するのは難しくなってしまうため、決められた分は即納税する癖をつけましょう。

法人化で信用を高める

フリーランスは、正直社会的信用を高めることが難しい職種といえるでしょう。しかし、法人化することでその信用をある程度高めることができます。

法人というのは国や自治体に認められなければ設立することができません。そのため、会社員の信用を会社が担保してくれているように、法人の信用を国や自治体が担保してくれるという見方もできるでしょう。

フリーランスが法人化をするということは、仕事上の信用だけではなく、借入時の信用にも影響を及ぼします。勿論、その際にも財務情報は重要な審査項目になるため、しっかりと利益を出しておく必要があります。

確定申告でローンの仕訳は?

事業者ローンは利息分のみ経費計上

事業者ローンで借りた分は、経費として計上することができません。実際にお金が出ていくわけですから、経費と勘違いすることもあるかもしれません。しかし、ローンの借金は経費ではなく、事業の資金調達とされます。

借金の返済自体は経費にできませんが、返済額のうち利息分は経費に計上できます。これは、事業の資金調達や負債を減らすために必要な費用と考えられるためです。

住宅兼職場ローンは一部経費計上

購入した住宅の一部を職場として使っている場合、職場の面積分にかかっている費用を経費として計上できます。ただし、職場として利用している部分は、住宅ローン控除が適用されないので注意しましょう。住宅ローン控除とは、住宅ローンの残高の1%が、所得税から控除される制度です。控除されるのは10年間と決まっています。

フリーランスが経費で落とせる費用一覧
事業のために出て行ったお金であっても、全てが経費とできる訳ではありません。経費は自分の所得の見込みを立てるのに重要な要素です。どのような出費であれば経費にできるのかわからない場合は、本記事を参考にしてください。

フリーランスが取得しやすいローンは?

「フラット35」なら比較的やさしい

「フラット35」とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供しているサービスです。一般的な銀行の住宅ローンでは人そのものが審査の対象となりますが、フラット35ではどちらかというと物件の方が審査の対象として重視されます。そのため、フリーランスでも借り入れを行いやすいローンといえるでしょう。

フラット35の取得条件は、借り入れ時の年齢が満70歳未満であることです。それ以外にも、フリーランスの場合は頭金を20%以上用意する、収入に対する返済比率を高めすぎない等の工夫を考えておいた方が良いでしょう。

個人事業主の住宅ローンでおすすめな「フラット35」
フリーランス(個人事業主)の方におすすめな住宅ローン「フラット35」について、おすすめできるポイントを紹介しています。また、「フラット35」を申し込むのに必要な書類一覧も記載しています。

商工ローン

商工ローンとは、法人向けに作られた金融商品全てをさします。商工ローンは、銀行からお金を借りるわけではないので、ローン審査が通りやすいという特徴があります。ビジネスローンと大きな違いはありません。商工ローンは、無担保でローンを組めたり、融資までのスピードが速かったりすることがメリットです。利用する際には、きちんとした登録業者かを確認したうえで利用しましょう。

まとめ

フリーランスは確かに住宅ローン等の借り入れは難しいのですが、それでも絶対に不可能というわけではありません。上述したような事柄に気をつけ、地道に社会的信用を獲得することで、家も車もローンで購入できる道は十分にあるでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る