アナウンスの意味はお知らせ?ナレーションや朗読との違いなどを解説

日常生活やビジネスシーンで耳にする言葉に、アナウンスというものがあります。アナウンスという言葉の本来の意味はどういうものでしょうか。類似している言葉、ナレーションや朗読とアナウンスの違いについても紹介します。

アナウンスとは?


アナウンスという言葉を耳にすると、テレビや各種メディアのアナウンサーを連想する方もいるかもしれません。放送業界で用いられることも少なくないので勘違いされることも多いですが、アナウンスという言葉の正しい意味や使い方について紹介します。

英語では「announce」と書く

アナウンスという言葉は英語のannounceから来ています。英単語announceの本来の意味は、「伝える」というものが代表的です。そのためannounceの「伝える」というニュアンスが、アナウンスという言葉が用いられるシーンに応じて意味が微調整されています。

主な意味は「公衆に案内を知らせる」

通常のアナウンスという言葉で、私たちが連想するケースでは「公衆に案内を知らせる」というニュアンスでアナウンスが用いられています。放送業界におけるアナウンサーは、視聴者に対して報道すべきことを案内として知らせていることになります。

ビジネスでは「周囲の人へお知らせ」

ビジネスシーンにおけるアナウンスという言葉も、ニュアンス的には特別意味が変化しているわけではありません。ビジネス用語のアナウンスには、「周囲の人へお知らせ」という意味があります。主に顧客や職場における情報の伝達として、アナウンスという言葉が使われることが多いです。

アナウンスの例文や使い方は?


アナウンスという言葉は、周りに必要となる情報を案内するという目的で使われます。それでは、アナウンスという言葉を用いた文章や使い方は、どういうことに気を付ければ良いのでしょうか。アナウンスの例文や使い方について紹介します。

原稿内容をアナウンスする

情報や注意事項について案内する時には「アナウンスする」という表現が適切です。例えば、「原稿内容をアナウンスする」という使い方が例文として挙げられます。他にも迷子を探すときなどにも、「迷子についてアナウンスしてください」という使い方も珍しくありません。

アナウンスの練習をする

ビジネスなどのシーンでは「案内」というニュアンスで、そのまま名詞で用いることも一般的です。例えば飛行機の中だと「シートベルト着用のアナウンスがありました」「フライトアテンダントのアナウンスがありました」などといった使用例があります。アナウンスという言葉は案内と意識をすると、使い方に困りにくくなります。

ナレーションや朗読との違いは何?


アナウンスには、相手に情報を伝えるというニュアンスがあります。私たちの周りには類似した表現として、ナレーションや朗読という言葉もあります。では、これらの類似した表現とアナウンスには相違があるのでしょうか。アナウンスと、ナレーションや朗読との違いについて紹介します。

ナレーションの意味

アナウンスと同じく、見聞きすることが多いナレーションは英語のnarrationから来ています。narrationは物語や叙述という意味が代表的です。映画やテレビで用いられることが多く、ストーリーや登場人物の心理など補助的な説明をナレーションということが一般的です。

ナレーションとアナウンスの違い

共に情報を伝える目的で用いられるナレーションとアナウンスですが、その違いはどこにあるのでしょうか。ナレーションとアナウンスの違いとして、代表的な部分は脚色や演技が必要であるか否かになります。多少の演技・脚色がストーリーに合わせて必要なものがナレーションで、事実のみ分かりやすく伝えることをアナウンスと言います。

朗読の意味

朗読というと、物語の読み聞かせを連想する方も多いでしょう。朗読という言葉はナレーションという言葉に言い換えることができます。読み伝えるストーリーに合わせて、抑揚をつけたり、演技をしたりなどの工夫が求められます。

朗読とアナウンスの違い

朗読とアナウンスの違いは、ナレーションとアナウンスの違いと同じです。すなわち、伝える内容に合わせて、朗読やナレーションでは脚色や演技といったスキルが必要になります。アナウンスは事実のみを短く分かりやすく伝えるシンプルなものになります。

アナウンスの類語や同義語は?


アナウンスという言葉には、ナレーションや朗読など類似しているけど異なる語があります。それではアナウンスの類語や同義語はあるのでしょうか。気になるアナウンスの類語や同義語について紹介します。

アナウンスメント

アナウンスメントは英語のannouncementに由来する言葉です。このannouncementは、announceという動詞の名詞形です。したがって、アナウンスメントはアナウンスとほぼ同義であると言えます。

例えば、選挙に対する報道で得票率が変化することを「アナウンスメント効果」と言います。情報が案内されたことによる変化ですから、やはりアナウンスと同じ意味で使用されていると言えるでしょう。

「公表」「発表」「宣告」「告知」等

アナウンスという言葉を、熟語で表現すると「公表」や「発表」「宣告」「告知」等がふさわしい類語と言えます。誰が何を案内するか等によって、言葉を選択すると良いでしょう。

まとめ

今回はビジネスシーンで用いられる用語、アナウンスについて紹介しました。アナウンスは相手に何かを伝える時に用いる言葉で、発表や告知など様々なニュアンスを含む言葉です。シーンによって他の言葉と使い分けることを心がけてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る