ビジネス用語「ブリーフィング」の意味は?使い方や類語も解説!

ビジネスにおける専門用語のひとつに「ブリーフィング」というものがあります。話し合いをして物事を決めるという意味ですが「ミーティング」とはどう異なるのでしょうか。ビジネス用語「ブリーフィング」の意味や類語について紹介します。

「ブリーフィング(briefing)」とは?


仕事の中で用いられる「ブリーフィング(briefing)」とは、どのような意味なのでしょうか。「ブリーフィング」という言葉の語源や、ビジネスシーンで用いられる場合の意味や使い方のポイントについて紹介します。

「ブリーフィング」の意味

ビジネスシーンにおける「ブリーフィング」とは、簡単な打ち合わせを示す語として用いられています。状況に合わせて打ち合わせや事前説明のニュアンスとして、「ブリーフィング」という言葉を用いることが珍しくありません。

英語「briefing」の意味

ビジネス用語「ブリーフィング」は、英語のbriefingから来ています。英語「briefing」の意味は、「簡単な報告」や「簡単な状況説明」などです。簡単という言葉が入ることが、一つの特徴と言えるでしょう。

「ブリーフィング」の語源

英語の「briefing」はラテン語に由来します。「短い」という意味のラテン語「Brevis」と「説明」という意味のラテン語「Breve」が合わさった言葉です。つまり「ブリーフィング」の語源は、ラテン語ということになります。元々のラテン語の意味からも、「ブリーフィング」とは簡単で短く伝える説明や報告だと考えることができます。

「ブリーフィング」はどう使う?


短く簡単に伝えるというニュアンスがある「ブリーフィング」は、ビジネスシーンの打ち合わせや会議で用いられることが多いです。正しい使い方として「ブリーフィング」はどう使うことが適切でしょうか。使い方やポイントについて紹介します。

軍事用語として使われていた

「ブリーフィング」は軍隊やスポーツチームなどの団体組織で行われる打ち合わせに行われることが多いです。軍事用語として使われていた歴史も長く、チーム全体が分かりやすい打ち合わせを短時間で行うことを意味します。

オフィスで使う「ブリーフィング」

オフィスで使う「ブリーフィング」とは、プロジェクトや各自が担当する仕事の事前説明のニュアンスとして用います。短時間で行う説明を意味しており、概要という言葉で言い表すこともできます。

「ミーティング」との違い

「ブリーフィング」と「ミーティング」との違いは、要する時間の長さにあると言えます。「ミーティング」は長い会議であり、会議で決まったことなどを短時間で再確認する説明や打ち合わせが「ブリーフィング」という違いがあります。

「ブリーフィング」が使われる場面

「ブリーフィング」が使われる場面はビジネスだけに限りません。政治の世界でも、これから行う会議の事前説明や、報道機関などに対して担当者が簡潔に状況説明をすることをブリーフィングと表現します。

「ブリーフィング」の類語


「ブリーフィング」は説明や打ち合わせを表現する使い勝手が良い用語です。それでは「ブリーフィング」と同じような使い方が出来る用語はあるのでしょうか。「ブリーフィング」の類語について紹介します。

「背景説明」

背景説明とは、仕事のプロジェクトや打ち合わせにおける何らかの質問や説明をする場合、それを行うに至った背景を説明することを言います。その背景を把握してもらうことで、円滑な対応や実行に移ってもらうために行われます。

「概要説明」

概要説明とは、大きなミーティングや会議など、事前準備が必要な仕事を行う前に大まかな要点を掴んでおく説明や打ち合わせを意味します。本格的な話し合いの前に準備として行うので、「ブリーフィング」の類語と言えます。

「事前レクチャー」

事前レクチャーとは、新規開拓や未知の分野に対するアクションを行う時に、予備知識や基礎知識といったものを先に把握しておくための説明会のことです。「レクチャー」とは、英語のlectureと同義で、講義や説明といった意味です。したがって、事前レクチャーは事前の説明ということになりますが、多くの場合簡単な説明というニュアンスがあります。

「ブリーフィング」のつく言葉


時間に追われることが多いビジネスシーンにおいて、手短に行える「ブリーフィング」は使用されることが少なくありません。その中でも効果的に「ブリーフィング」を行うことを示す言葉について紹介します。

「エレベーターブリーフィング」

ビジネスシーンでは、短時間でプレゼンや商談を行うことが珍しくありません。そういう時のブリーフィング技術として、「エレベーターブリーフィング」というものがあります。これは、エレベーターで乗り合わせたような短い時間で要件を相手に伝えるため、要点が目立つように簡潔な説明するものです。

「ブリーフィング」の反対語


打ち合わせや説明を受ける時に、「ブリーフィング」を行うことがビジネスシーンでは通例になっています。それでは、ブリーフィングとは逆の状況は、どう示すかご存知でしょうか。「ブリーフィング」の反対語について紹介します。

「デブリーフィング」

「ブリーフィング」は事前に行うことを前提に用いる言葉ですが、終了した事実を伝える事後報告には「デブリーフィング」を使います。「デブリーフィング」は過去の事実を見直し、話し合うこと、という意味でも使われています。

まとめ

今回は話し合いを意味するビジネス用語「ブリーフィング」について紹介しました。会議や打ち合わせのニュアンスで「ブリーフィング」は用いられますが、目的や要する時間という点で「ミーティング」とは異なります。違いを区別してブリーフィングに臨みましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る