スキームとは?ビジネス用語としての意味や使い方を解説

「スキーム(scheme)」という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないかと思います。「スキーム」とは、主にビジネス分野において用いられる言葉であり、様々な言葉と組み合わせて使われることも多い単語です。この記事では、「スキーム」という言葉の意味や実際の使い方等をご紹介します。

スキーム(scheme)とは

ビジネス用語では枠組みを伴った計画

スキームとは、ビジネス用語の一つであり、「枠組みを伴った計画」のことを意味する言葉です。「枠組みを伴った」というのは、実際の行動計画がある程度策定済であり、あとはほぼ実行待ちであるという状態のことを指します。

例えば、営業に対するスキームであれば、「広告出稿→反応のあった顧客に営業→成約したらアフターフォロー」といった一連の流れになるでしょう。それ以外にもビジネス上には様々なスキームが存在し、日々効果を上げるためにアップデートされています。

経済・政治では基本計画・基本構想

また、経済・政治用語としては基本計画や基本構想といった意味を持つ場合もあります。これに対し、ビジネス上で用いる場合は「事業スキーム」「ビジネススキーム」等といった名詞と組み合わせた使い方をする場合もありますが、基本的にはほぼ同じような意味と捉えて良いでしょう。

英語では謀略・陰謀の意味も

スキーム(scheme)の英語としての本来の意味は「枠組みを伴った計画」「体系的な行動のための計画」という意味になりますが、他に「謀略」「陰謀」といった意味もあります。アメリカでは後者の意味で使われることも多い言葉ですが、イギリスでは日本と同じ「計画」や「公共事業」という使われ方が一般的です。

そのためイギリスで「スキーム」という言葉を使用する分には問題ありませんが、アメリカでは使用しない方が良いかもしれません。場合によっては、あまり良くない意味で捉えられてしまう可能性もあるでしょう。

スキームのつく言葉

スキームオブアレンジメント

スキームのつく言葉に「スキームオブアレンジメント」というものがあります。スキームオブアレンジメントとは、英国の制度の一つであり、主に企業再生のために裁判上の手続きを通じて対象企業の株式の公開買付けを行うことを指します。買収者は一定の条件を満たすことで、対象会社の全株式を取得することができるという制度です。

スキーム論

スキーム論とは、数学用語の一つであり、主に代数幾何学で用いられる言葉です。スキームという言葉も同様に数学の分野で使われることがあり、その際は特定条件下で構成される特定の空間のことを意味します。

スキーム構築

スキーム構築とは、文字通り「体系的な行動を伴った計画(スキーム)」を構築することを指す言葉です。主にビジネス分野において使用される言葉であり、「営業のスキーム構築は終わりましたか?」や「ビジネスはスキーム構築が大事だ」のような使われ方をします。

スキームの使い方

前年度の事業スキームを見直す

スキームの実際の使い方としては「今年度は前年より売上を伸ばしたいので、前年度の事業スキームを見直す必要がある」といった形で使われます。この場合、「事業スキーム」というのは、主にお金の発生する事業の仕組みといった意味で使われています。

今年から評価スキームを導入する

また、「今年は人事評価をより正確に行うため、今年から評価スキームを導入する」といった使い方も考えられます。この場合における「評価スキーム」とは、会社で何かを評価する際の制度という意味で用いられています。

スキームとプランの違いは?

プランは案や予定

スキームと良く似た言葉に、プラン(plan)というものがあります。プランはスキームと同じく「計画」という意味を持つのですが、それ以外にも「予定」や「考え」といった意味が内包されています。そのため「プラン」という言葉が使われる場合は、「まだ構想段階である計画」や「まだ実行プロセスの定まっていない計画」といった形で使われることが多い印象です。

プランという言葉が使われる例としては、「事業プラン」「営業プラン」「成果プラン」等といったものが挙げられます。どれも実際の行動計画は定まっておらず、大まかで体感的な計画が策定されているイメージでしょう。

スキームは具体的な枠組みが伴った計画

それに対し、スキームという言葉は「体系的な枠組みが伴った計画」「具体的な施策が策定されている計画」という意味で使用されます。そのためプランに比べると、スキームの方はより具体的なイメージで使われることが多い印象がです。

スキームは、「事業スキーム」「継承スキーム」「ビジネススキーム」等といった使われ方をされ、どれも具体的な行動計画が策定されている計画になります。スキームというのは、誰かがそれを実行することを前提に設けられている計画と言い換えることができるのかもしれませんね。

まとめ

「スキーム(scheme)」は、ビジネス用語としては比較的ポピュラーなものであり、使われる機会も多いことが予想されます。それほど難しい言葉ではなく、なんとなく雰囲気で意味をイメージできる言葉になるため、「具体的な行動計画が伴っている」という部分をしっかり押さえておけば良いでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る