レジュメとは?言葉の意味と使い方

レジュメという言葉を耳にする機会はあるでしょうか。様々なシーンで用いられる単語のため、聞いたことはあっても、正しく使われていないことも見受けられます。ここではレジュメという言葉の意味と使い方について解説します。

「レジュメ」とは

日本語での意味

「レジュメ」には、「要旨・概略・要約・概論」などといった意味があり、併せて「レジメ」との表記も見られます。

主にセミナー・講演会・研究会などの場で参加者によく配られる、内容を簡単に要約した資料と解釈するのがわかりやすいでしょう。また、近年では履歴書の意味で「レジュメ」が使われることも多く見られます。

語源はフランス語

語源はフランス語で、レジュメ(résumé)、つまり要約・概論という意味をもつ言葉です。動詞レジュメール(résumér)「要約する」からきた言葉と言われており、過去分詞の名詞用法がレジュメになったとされます。

「レジメ」と書かれることもありますが、レジメは英語寄りの表記、レジュメはフランス語寄りの表記となります。

講義、講演では要点の意味を持つ

「レジュメ」は特に大学、研究機関、官公庁などで使われる機会が多いです。大学などの講義・講演、一般向けによく開催されているセミナーでは、演者が発表する内容の要点をとりまとめた「レジュメ」が参加者用としてよく配布されています。併せて、学術論文の要旨をまとめた資料も「レジュメ」と呼ばれることがあります。

就職活動では履歴書の意味もある

一方、ビジネスで「レジュメ」といえば、主に履歴書を指します。アメリカやカナダでは「レジュメ」がよく履歴書の意味で使われています。

主に外資系の企業や海外の研究機関では、人事・採用などで技能や職務経歴をまとめた資料が求められるようになりました。グローバル化の影響によって、日本でも履歴書として「レジュメ」という言葉が使われています。

「レジュメ」の使用例


それでは「レジュメ」の使用例にはどんなものがあるでしょうか。

講義のレジュメを配る

この場合のレジュメとは、大学や一般向けの講義などで内容を簡単にまとめた資料を指します。講義・講座の前に受講生に配られることもあります。

講師の発表の趣旨がわかりやすくまとめられているため、受講生の内容理解を助け、メモを取りやすくするなどの効果があるのです。また、講座後に配布されることも、インターネット上に公開されることもあります。

論文のレジュメを書く

この場合は主に、論文の前に提出する要約を書く、といった意味です。提出した論文の要約を他のメディア等に掲載する場合に使われることがあります。

大学ではゼミ発表や論文提出の前にレジュメの提出が求められることもあるでしょう。ここで書く内容には、論文の概略・論文中の重要なポイント・他の研究との比較などが挙げられます。

レジュメに沿ってご説明します

大学や一般向けの講義などで参加者にレジュメを事前に配布しているときには、講師が「レジュメに沿ってご説明します」と呼びかけることもあります。

レジュメには話の要旨がまとめられていますので、講師は順を追って解説しやすくなるでしょう。また、受講生側でも話の趣旨を追いやすく、理解が深まりやすくなる効果があります。

レジュメを提出する

大学や研究機関などでゼミ発表や論文提出の前に要旨の提出を求められる場合があり、「レジュメの提出」という表現が用いられます。また、提出済の論文の要約を雑誌などに掲載する際に使われる場合があります。

近年では電子データによるレジュメの提出がありますが、紙とデータ双方の提出が求められることもあるでしょう。

類似語との違い


「レジュメ」と同じような場面でよく見られるのが「アジェンダ」「サマリー」といった用語です。どのような意味の違いがあるでしょうか。使い分け方についてみていきましょう。

レジュメは要約

既に述べてきたとおり、レジュメには要旨・要約といった意味があります。「発表要旨」と言い換えることもできるでしょう。研究・学習・教育などのシーンで特によく用いられます。

講演・講座・セミナー・報告など、一方的に情報が提供されるときに参加者に配布されるものがレジュメです。これから話される発表内容の要旨をまとめて、わかりやすくしたものと解釈するとよいでしょう。

アジェンダは議題

レジュメに対し、アジェンダは議題を指す用語です。つまり会議などの話し合いが必要な場に対して準備されるのです。メンバーが会議を進行し、話し合いを行いやすくするために用意される資料ともいえます。

会議に使われるアジェンダには、話し合いの軸となる議題が書かれています。会議を想定しておらず、論旨をまとめたものにとどまるレジュメとは使われるシーンが異なるのです。

サマリーは英語でほぼ同じ意味を持つ

レジュメがフランス語なのに対し、サマリーは英語で、どちらもほぼ同じように「要約」の意味で使われます。

レジュメには履歴書の意味も含むため「人の略歴や文化などの要約」を通じて説明する意味が含まれているのです。一方サマリーは、論文・思想・映画のあらすじなど「考え方や思想などの要約」といった形で用いられ、微妙にニュアンスに違いがあります。

会議の場では「アジェンダ」が正しい

「レジュメ」「アジェンダ」「サマリー」この三つの言葉はいずれも同じような趣旨で何となく使われることがあります。しかし「アジェンダ」は主に会議で使われる用語です。

話し合われるべき議題をまとめておくことで会議を進行しやすく、メンバーが話し合いに参加しやすくする目的も含まれています。会議の場では「アジェンダ」を活用し、はっきり使い分けましょう。

要点としてのレジュメの書き方


ここでは、論文などの要点としてレジュメを書くときに使える書き方をご紹介します。

形式

レジュメはある程度、形式が決まっています。冒頭に書くべきこととして、「タイトル」「報告日と場所」「執筆者の名前」などです。

続けてレジュメ本文を書きますが、研究の目的や疑問点・論点を述べ、話し合いたいこと・報告の結論・ポイントを箇条書きで簡潔にまとめていきます。参考文献、引用元は忘れず記載するようにしましょう。

目的、論点をまとめる

レジュメ本文ではまず、なぜ今回の研究や発表を行うのかといった目的を明確に書きます。自分なりの仮説・背景をそえると、読み手に伝わりやすくなるのです。

そして論点をまとめます。内容への関心、話し合いたいことも書きましょう。疑問点が生じた場合には、わからなかった場所・用語・自分で調査した結果なども付け加えます。

内容を箇条書きで簡潔にまとめる

詳しい内容は発表や論文で解説されます。レジュメの目的は要約ですので、内容は箇条書きでわかりやすく、簡潔にまとめていくのが望ましいです。ただし、箇条書きだけでは意味が通じにくい場合には、文章も効果的に取り入れましょう。

報告の結論を書くときには、調査で得られた発見、報告を通じて伝えたいメッセージ、仮説の検証、今後の課題なども添えていきましょう。

参考文献、引用元を記載する

論文などをまとめるときには、自分1人だけの思考ではじめから考えているわけではありません。先人の研究・書籍・思考に乗った上で、自分の説明の根拠にしたり、比較検討したりしながら進めていくものです。

したがって自分の考えと他人の考えを明確に区別するために、論文に使用した参考文献は明確に記載するようにします。引用元はルールに沿って明記し、文章のどの部分が引用なのかをはっきりと明示しましょう。

履歴書としてのレジュメの書き方


レジュメには確かに履歴書の意味がありますが、日本で使われる履歴書とは大きく異なります。ここでは成功するレジュメの書き方を押さえていきましょう。

レジュメは自分を売り込むツール

まずはレジュメとは自分という商品を先方にアピールするための書類であると心得ましょう。日本では謙遜が美徳とされますが、海外では事情が異なることがあります。

魅力的な商品や人材でなければ売れないため、ネガティブなことを書く必要はありません。自分自身がどう先方に貢献できるか、成果を出せる人材であるかを正々堂々とアピールして、担当者に良い印象を与えられるよう心がけましょう。

暗黙のルール

レジュメはレターサイズを使い、白かアイボリーの上質紙で準備します。A4は使いませんので気をつけましょう。経歴・資格・技能などを簡潔に、1枚の中におさめます。

履歴書と異なり、レジュメはパソコンで作成しましょう。誤字・脱字は評価が下がるため、提出前にネイティブスピーカーの方に見てもらうなど、細心の注意を払いましょう。

ある程度の余白を設けて文字間の間隔を空け、読み手が目を通しやすいよう配慮します。美しいレイアウトと簡潔な文章は、事務処理能力や文章作成能力のアピールにもつながります。

失敗しないためのスタイルテンプレート

以下の順序に沿って、簡潔にまとめていきます。

最初に「氏名・連絡先」を書きます。冒頭に氏名・住所・emailアドレス等を記載。次に「目的・希望職種」、つまり自分の経歴を活かせる職種を明記します。

その次は「職歴」です。最もアピールしやすい職歴を3つ、最新のものから古いものへと順番に書きましょう。会社名・ポジション名・勤務期間を書き、職務内容を簡潔に説明しましょう。

最後に「学歴」「スキル・資格」です。応募するポジションに対して有利になるものを選んで記入しましょう。特に書くべき資格がない場合、個人的に強調したいことを書くこともできます。

レジュメのサンプルがあるサイト

サンプルがあるサイトを紹介します。レジュメ作成に活用してください。

まとめ

レジュメには主に「要約・要旨」という意味があり、講演・研究・論文・ゼミなどの要約、英文の履歴書の意味など、非常に幅広く使われています。正しい書き方、使い分けかたを知って、あなたのビジネスや学びに役立てましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る