ご愁傷様ですの意味と使い方は?メールで使えるお悔やみの言葉も

相手に不幸なことやトラブルが発生した時には、ご愁傷さまですと気遣いの言葉をかけることがあります。社会人として耳や口にするご愁傷さまですという言葉の本当の意味をご存知でしょうか。ご愁傷さまですの言葉の意味や使い方、お悔やみの表現について紹介します。

ご愁傷様(御愁傷様)の意味とは?


日常だけではなくビジネスシーンでも、相手にご不幸があったと耳にすれば、ご愁傷様(御愁傷様)ですとお悔やみの意を伝えることは少なくありません。ご不幸やトラブルにあった相手に対する気持ちを伝える言葉、ご愁傷様(御愁傷様)の意味について紹介します。

相手を気の毒に思う様、お悔やみの言葉

ご愁傷様ですの代表的な意味には、相手を気の毒に思う様、お悔やみの言葉というものがあります。社会人の一般的なマナーとして、お身内が亡くなられた方の身を案じて使う言葉として用いられています。葬儀やお通夜だけではなく、多くの場所で見聞きすることが多いでしょう。

皮肉、からかいの言葉

相手の訃報やトラブルに対してお悔やみの意思を伝えようとするご愁傷様ですが、一転して皮肉やからかいの言葉としても利用されることが珍しくありません。仕事の残業や休日なのにオフ出勤する羽目になった友人や同僚に対するときに、皮肉やからかい目的でご愁傷様ということがあります。

ご愁傷様の使い方・例文


ご愁傷さまという言葉は、葬儀やお通夜などフォーマルな状況だけではなく、日常の中でもユニークな皮肉・からかいの言葉として使われることもあるフレーズです。それでは実際に用いる時には、ご愁傷様の使い方や例文にはどのようなものがあるのでしょうか。使い方や例文について紹介します。

この度はご愁傷様でございます

ご愁傷様という言葉を用いるときに、目上の方に対する失礼になっていないかが重要です。例文としては「この度はご愁傷さまでございます」になるでしょう。やや近しい方や同僚などの相手には「この度はご愁傷さまです」というフレーズであっても問題はありません。

ご愁傷様ですと言われた時の返事は?


ご愁傷様ですというフレーズは、特に複雑な用い方はありません。それでは逆に、相手からご愁傷さまですという言葉をかけられたときはどうでしょうか。正しい言葉使いで返すことが、ビジネスや社会でのマナーとも言えます。ご愁傷様ですと言われた時の返事について紹介します。

恐れ入ります

相手からご愁傷様ですという言葉をかけられたときには、の返事としては「恐れ入ります」です。メールや手紙に用いても問題のない例文ですので、使い勝手が効きます。ご愁傷様ですの返答に困ったときには、「恐れ入ります」と答えるといいでしょう。

ご丁寧にありがとうございます

ご不幸やトラブルがあった時には、「ありがとうございます」という言葉を避ける方が良いでしょう。しかし目上の方や、遠方に住まわれる方がわざわざ言葉をかけてくださった時には「ご丁寧にありがとうございます」と、感謝の気持ちを伝えることも珍しくありません。

ご愁傷様の類語・使い方の違いは?


ご愁傷さまという言葉やフレーズを覚えておくと、社会やビジネスシーンで困ることは少なくなるでしょう。それでは、ご愁傷様という言葉以外にも類語があることをご存知でしょうか。ご愁傷様と同じように使える類語や使い方について紹介します。

お悔やみ申し上げます

ご愁傷さまですという言葉を、別に言い換えるとしたら「お悔やみ申し上げます」が代表的です。メールや手紙に用いても失礼に当たりませんし、葬儀の場で本人やご遺族の方に申し上げても問題になることはないでしょう。ご愁傷様ですという言葉がためらわれる相手にこそ、「お悔やみ申し上げます」という返事ができます。

ご冥福御祈り致します

ご冥福御祈りいたしますという表現も、訃報に対する返事として用いることもあります。この表現のポイントは、残された遺族に対する表現向けではないということです。亡くなった方に対する表現ですので、亡くなったという知らせに対して、「突然のことに驚いています。(死者に対し)ご冥福御祈り致します」とファックスやメールなどで返されることが一般的です。

哀悼の意を表します

哀悼の意を表しますという表現も、ご冥福御祈り致しますと同等の類語です。訃報を受け取った時に返す手紙やメール・ファックスなどでの書き言葉になります。ご遺族に対する表現は別に添えて、死者に対して哀悼の意を表しますと残念な気持ちを伝えることがマナーです。

ご愁傷様使い方の注意点は?

二択,女性,マルバツ,kuguru,クグル,くぐる
日常でお目にかかる方や、仕事でお追記愛のある方に「ご愁傷様」は気遣いの言葉として、ビジネスや社会人のマナーとして用いますが、注意が必要なこともあります。文章で伝えるとき、口頭で伝えるとき、それぞれのシチュエーションへの意識が大事です。ご愁傷の使い方の注意点について紹介します。

メールで使うと気持ちが伝わりにくい

ご愁傷様という言葉は、様々な場面で使う言葉ですが、複数の意味があることに注意した方が良いでしょう。皮肉やからかいのニュアンスもあるため、顔が見えない時のメールでは正しく伝わらない可能性もあります。メールで使うと気持ちが伝わりにくいというリスクも考えて使い分けることをおすすめします。
 

メールではお悔やみ申し上げます

メールで相手に対する気遣いを示すには、書き言葉である「お悔やみ申し上げます」という表現が使いましょう。身内や大切な方を亡くした時には、心中が穏やかではなく、冷静に判断ができない方も珍しくありません。誤解を招く可能性がある表現の使用は極力避けた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、訃報やトラブルなど、仕事相手や友人に不幸があった場合のかける言葉について紹介しました。ご愁傷様の類語も多く、状況別にご愁傷様やお悔やみ申し上げますなど、表現を使い分けることが社会人としてのマナーになります。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る