リスクヘッジはもはや必須スキル!?意味の解説と日常の例もご紹介

思わぬ災害やトラブルなど国内外のニュースで見聞きする方もいるでしょう。危険を回避するスキルをリスクヘッジとい言います。この記事ではリスクヘッジの意味や、日常におけるリスクヘッジの例について紹介します。

リスクヘッジとは

綱渡り,kuguru,クグル,くぐる
誰もが予測していなかったトラブルや災害は後を絶ちません。国や企業に限らず、一般レベルでの危機管理スキルが必要になります。さまざまな危機管理スキルの中でも、ビジネスシーンで用いられることが多い言葉が「リスクヘッジ」です。リスクヘッジの意味や使い方・例文について紹介します。

英語では「危険回避」という意味

リスクヘッジという言葉は、元は英語の「risk hedge」で「危険回避」という意味です。危険を指すリスク(risk)に、防止策の意味があるヘッジ(hedge)が合わさってできました。

もともと金融業界で使われていた言葉

リスクヘッジという用語は、もともと金融業界で使われていた言葉です。将来起こるかもしれない危険を予測して、予測しうる損害を抑えようする取り組みが、リスクヘッジと呼ばれています。金融取引で行われるリスクヘッジの例として、一つの銘柄や商品に投資を集中するのではなく、いくつかに分散させて取引することが行われています。

リスクヘッジの一例「食品の安定供給のために」

リスクヘッジの一例として、食品産業が行った取り組みがあります。近年の異常気象により、多くの産業が扱っているポテトチップスの原料であるジャガイモが収穫困難になりました。商品供給がままならなかったことから、企業は原料の産地分散をリスクヘッジとして行うようになりました。

リスクヘッジの例文

リスクヘッジという言葉は、金融業界では分散投資を指すことが多いです。そのため金融業界で「リスクヘッジする」と言えば、分散投資すること、という意味になります。

しかし最近では、他のビジネスシーンでもリスクへッジという言葉は用いられるようになっており、例えば「リスクヘッジのために代案も用意しておいた」などと使用されます。また、「リスクヘッジを検証する」だと、起こりうるリスクを検証して洗い出す、という意味です。

リスクヘッジに似た用語の解説

リスクヘッジは起こりうる危険が集中することを避けるニュアンスで用いる言葉です。それではリスクヘッジに似た用語は存在あるのでしょうか。リスクヘッジに似た用語について解説します。

「リスクマネジメント」

危機管理そのものを示す言葉に、「リスクマネジメント」があります。リスクマネジメントは、近い将来に起こるかもしれないリスクに対する行動を考えることを意味する言葉です。リスクの洗い出しを行い、リスクに対して具体的に何をするかでリスクマネジメントは変わります。危機を分散させるリスクヘッジは、リスクマネジメントの一部として考えるとよいでしょう。

「リスクテイク」

リスクヘッジは、リスクを回避するという姿勢を表現しています。逆にリスクに立ち向かう挑戦的な言葉として、「リスクテイク」というビジネス用語も押さえておきましょう。金融取引などで「リスクテイクをする」というと、ハイリスクハイリターンのチャレンジをすると捉えることが一般的です。

日常生活におけるリスクヘッジの使い方

リスクヘッジはトラブル発生時に、ダメージを軽減させるためのリスク分散策を意味する言葉です。以前までは金融業界やビジネスでのみ用いられていましたが、日常生活の中でもリスクヘッジという言葉を使うことが増えつつあります。日常生活におけるリスクヘッジの使い方について紹介します。

転職活動

転職活動の中でもリスクヘッジという表現をするケースは珍しくありません。収入が無く生活に困るというリスクを回避するために対策をすることが求められます。在職中に転職活動を行うことや武器となる専門性の高いスキルを身につけておくことなどがリスクヘッジになります。

生命保険

リスクヘッジとして病気やケガなどに備えて、保険に入っていくことも一般的です。働くことができない状態である時の大きな出費を抑えるために、日頃の少額投資で非常時の出費を肩代わりしてもらうことができます。

災害時の備え

リスクヘッジの一つとして、災害が起きる前提での準備をしておくことも大事な行動です。具体的には、防災用品を備えたり、日持ちがする食品を備蓄したりすることが挙げられます。最近ではペットと暮らす家庭も多く、ペットのために備えをするというリスクヘッジも重要と言えるでしょう。

婚前契約

結婚をするときにもリスクヘッジがあります。離婚時におけるお金の分配方法などを予め決めておく「婚前契約」が近年おすすめされているリスクヘッジです。事前に法定書類にしておくことで、離婚時の争いや揉め事を防ぐ効果が見込めます。

まとめ

今回は危機管理や備えに対する考え方、リスクヘッジについて紹介しました。リスクヘッジは非常事態に備えるビジネス用語として知られていますが、日常でも使用される言葉です。様々な万が一の事態に備えて、リスクヘッジに取り組みましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る