エンドユーザーとは?消費者や顧客とは違うの?意味や使い方は?

「エンドユーザー」は、企業活動に従事する人がよく耳にする言葉と言えます。企業が活動する理由は「利益を生み出す」ことですが、その利益はエンドユーザーというお客様の満足を得ることが原点です。今回は、様々なビジネスシーンで使われるエンドユーザーという言葉の意味や使い方、消費者や顧客との意味の違いについて紹介します。

エンドユーザーとは

最後に商品を購入するユーザー

商品が利用する人のところまで届くには、通常いくつかの段階があります。例えば食品であればメーカーが生産して、問屋と呼ばれる仲買人の下に集められ、スーパーやコンビなどの小売店に渡り、最後に利用者が商品を購入します。

このように流通経路上で1つの商品が様々な人に取り扱われますが、エンドユーザーは流通経路の終点で商品の購入者といえるでしょう。

商品やサービスを使う人のこと

エンドユーザーは端的に言うと、商品やサービスを利用する人のことを指します。利用する人と購入する人は必ずしも一致しません。

例えば粉ミルクは購入するのは保護者だとしたら、実際に粉ミルクを口に入れるのは赤ちゃんです。この場合、最終的に粉ミルクを消費した赤ちゃんをエンドユーザーと呼びます。また家電製品のように、購入した人が家族などと共有して使う場合は家族がエンドユーザーになります。

業界ごとに意味が違うの?

不動産業界では一般住宅を探している顧客

一般的には、マンションや一戸建てなど不動産を購入し、実際に利用する人をエンドユーザーと呼びます。不動産仲介業者や投資目的で買う人は不動産を実際には利用しないので、エンドユーザーとは呼ばれません。

ITではコンピューターの一般利用者

IT業界ではコンピューターにインストールされているソフトやアプリを利用する人をエンドユーザーと呼びます。ソフトやアプリが開発されるにはプログラマーやシステム管理者など多くの人が携わり利用します。しかしIT業界では、自分でプログラムを開発しないで、ソフトやアプリを最終的に利用する人をエンドユーザーと呼びます。

建設業では建物を使う人

建設業の場合も不動産業界と同じような認識です。建設業は工場・オフィスビル・商業施設など多くの人が利用する建物を提供します。工場などは利用する人が関係者に限定されますが、オフィスビルや商業施設などは関係者以外も利用します。商業施設やオフィスビルでは、入居するテナントの人や訪れるお客様のことをエンドユーザーと呼びます。

営業では最終的な消費者

営業は一般の消費者に直接営業をかけるものと、そうでないものがあります。住宅販売などは直接一般の消費者に営業をかけるため、目の前のお客様がエンドユーザーになります。

一方、スーパーなどの小売業では仕入れ担当者とのやりとりになります。仕入れ担当者は商品を消費しないためエンドユーザーになりません。店頭に並ぶ商品を購入する一般の消費者がエンドユーザーになります。

エンドユーザーのつく言葉

エンドユーザーコンピューティング

規模の大きな企業では、コンピューティングを情報システム部門や外部委託した専門会社が行います。

一方、エンドユーザーコンピューティングは直接システムを利用する人が自分たちの業務で使いやすいように自ら開発し、業務に活かします。つまり最終的な利用者であるエンドユーザー側が行うコンピューティングを指します。

エンドユーザーライセンス契約

エンドユーザーライセンス契約は、ソフトをコンピューター上で使用することを許諾する契約です。インストールする際にコンピューターの画面に表示されます。

知的所有権は製品を提供する企業側にあり、複製を行わないことに同意すること、使用に際し生じた損失の責任は負わないなどが明文化されています。またこれらの同意のないインストールやダウンロードはしないよう注意喚起するのが一般的です。

エンドユーザー使用許諾契約書

エンドユーザー使用許諾契約書もインストールする際に表示されます。契約に同意しなければ使用することができません。

所有権はソフトを製造する企業側にあること、製品の保証期間やその条件、利用者に過失や不法行為などがない場合以外に責任を負わない旨の「責任の限定」について明記されるのが一般的です。

エンドユーザーの類語

消費者

商品を購入する一般の人の多くが、「消費者=購買者」というイメージを持っています。一方、商品やサービスを提供する側にとって必ずしも「消費者=購買者」ではありません。

企業は様々な宣伝広告や販売促進活動で、売り上げを伸ばそうとします。そのため、商品やサービスを提供できる可能性のある人をターゲットにします。ターゲット全体を「消費者」と呼んでいます。

顧客

顧客は、実際に商品やサービスの提供を受けた人を指します。顧客は同じ商品やサービスを繰り返し求める傾向があります。提供する企業にとって「ひいきにしてくれるお客様、お得意様」が顧客になります。企業は新規の市場を開拓すると同時に、購入歴のある人にリピーターになっていただくことで収益を安定させようとします。

ユーザー

ユーザーは商品やサービスを使う全ての人を指します。商品で言えば、問屋や小売業など実際に商品を購入しない人たちも含めてユーザーと呼ばれます。

まとめ

「顧客満足度」という言葉があります。商品やサービスの提供を受けた人が満足し、リピーターになり、評判が広がると新規の顧客開拓の可能性も広がります。経営者にとって誰がエンドユーザーになるかを意識することが大事です。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る