レギュレーションとは?様々なシーンで使われる用法・用例まとめ

ビジネスシーンを筆頭に様々な場所・場面で耳にする「レギュレーション」の意味をご存知ですか?ここではこのレギュレーションという言葉の意味や使い方。また、業界別に存在するレギュレーションを紹介していきます。

レギュレーションとは

本,虫眼鏡,kuguru,クグル,くぐる

英語では「規制・規則」という意味

レギュレーション(Regulation)とは辞書で調べると「規制・規則、定め」などが出てきます。
この言葉の由来はラテン語で「支配する」という言葉から来ており、原則、厳密な決め事という意味が含まれています。

似たような語句「ルール」との違い

似たような意味を持つルール(Rule)という言葉の意味も辞書で調べると「規則や統治」という言葉が並びます。これらの2つの言葉は同じような意味でありながら使う場面が異なります。

ルールという言葉は社会において秩序や機能を維持するために定められているのに対して、レギュレーションという言葉には法律的な力が強い規則になります。

Web業界で頻繁に使われる言葉

レギュレーションという言葉はWEB広告やWEBマーケティングでも多く使われます。特にWEBの運用ルールの事を言います。

例えば、デザイナーがロゴを作成した際に「ロゴレギュレーション」を作成することによりロゴの使用規定を明確にします。これは各媒体に掲載される際に、これを遵守する必要があるというガイドラインなります。これによりブランドの一貫した世界観を規定する事ができるのです。

レギュレーションの使い方例

レギュレーション違反

レギュレーション違反は即ち「規約違反」となり罰せられる事が多いです。

例えば、経営者が社員を雇用する場合、支払うべき賃金に対して「最低賃金法」というレギュレーションを遵守しなければなりません。これを違反した場合は「遡及支払い」が課せられます。また、悪質な理由であった場合には「司法処分」を課せられる事になるでしょう。

レギュレーションを改定する

競技の世界では、とくに技術に向上によって性能の差が出やすいF1などは度々レギュレーションが改定されることがあります。また、医薬品など各国によって厳しく規制されているような製品については他国での販売が出来ないため、統一の国際規格をとることもあります(ICHレギュレーション)。

教養として覚えておくべきレギュレーション

ディレギュレーション

ディレギュレーション(Deregulation)とは辞書で引くと「規制緩和」という意味を持ちます。
一般的には国や政府の規制が緩和される事に対して使われる言葉です。

レギュレーションマーク

Rマーク(Registered Trademark)がこの1つです。商標が特許庁へ登録済、つまり登録商標である事を示します。日本において2018年2月現在、商標法を含む全ての法律についてRマークに関する規定が存在しません。しかし登録商標へRマークをつける事で第三者が許可なく登録商標を使う事を防ぐ期待があります。

ダウンレギュレーション

医療や薬学業界において使用される言葉で、薬の投与などの刺激によって神経の伝達を弱める調節のこと。簡単にいうと「感じにくくなる」ことです。例えばアルコール中毒者はアルコールによって刺激を感じにくくなっているともいえます。

様々なシーンのレギュレーション

Web広告

インターネット広告の世界では広告主がメディアに出稿する広告の内容・表現方法について細かく決めたものをいいます。例えばバナーのサイズやアニメーションの長さ。演出効果の部分にまで言及しているものもあります。

F1

競技規約のことですが、F1の関連ニュースでは技術規約のことを指すことが多いです。例えば、2017年時点では20戦で4基のエンジンと各パワーユニットコンポーネントの使用が許されていましたが、2018年では全21戦を通して3基のエンジンしか使用できないというレギュレーションに変更されました。

F1ではレギュレーション違反により、ピットストップや最後尾スタート、失格といったペナルティーを科せられる事からもレギュレーションの変更はシーズンの戦い方そのものに関わってくる重要なものなのです。

サッカー

世界でもプレイヤーが多いことでも知られるスポーツですが、各国の連盟によってレギュレーションが異なります。そのためたびたびレギュレーションが問題になることもあるのです。例えば「韓国ではゴールキーパーは韓国人のみ登録・出場が出来る」や、「イングランドではゴールキーパーは半袖・腕まくり禁止」などのレギュレーションがあります。

まとめ

レギュレーションという形で共通の取り決めが必要になった背景には、グローバル化による文化の違いを埋める事を目的としたものやフリーランスが活躍するようになった事も挙げられるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る