未経験者や学生必見!アルバイトでプログラミングの仕事をするには?

この記事では、アルバイトでプログラマーの仕事をするメリット、未経験や学生でもバイトは可能なのかといった点を解説していきます。将来プログラマーになりたい人や興味がある人にとって、プログラミングの仕事はどのようなものかをアルバイトで経験できるのは有意義なことでもあるでしょう。

プログラマーのバイトをするメリット

実務でプログラミングを学ぶことができる

プログラマーのアルバイトをするメリットとしては、まず実務でプログラミングを学ぶことができるという点が挙げられます。プログラミングの上達のためには独学で知識を吸収することも大事ですが、やはり実際に手を動かし何らかのプロダクトを開発するという経験に勝るものはありません。

そして実務の上でのプログラムはただ動けば良いというものではなく、簡潔さや実行の速さという部分も求められます。実際に業務経験豊富な先輩のコード等を見ることによって、実務的なレベルの向上も図ることができるでしょう。

現場の空気を体験できる

またプログラミングのアルバイトをすることで、開発現場の実際の空気を体験できます。自分一人で開発を完結するのとは異なり、実務上ではチームを組んで開発することになるため、その流れや雰囲気といったものを肌で感じることができるでしょう。就職する前にそのような体験をすることにより、就職時のギャップを埋めることにも繋がります。

就活で有利になる

そして、プログラミングのアルバイトを行うことで就活にも有利になることが期待できます。独学や学校の授業等でプログラミングを学んだというアピールと、実際の実務経験があるというアピールでは、企業側はやはり後者に惹かれるでしょう。勿論、実際の実務経験をアピールすることはやる気をアピールすることにも繋がります。

プログラマーのアルバイトはどのような働き方があるか

土日のみの勤務が可能

プログラマーのアルバイトは、会社によって様々なワークスタイルが構築されているため、探せば土日のみの勤務が可能な場所もあります。学生であれば平日は学校に拘束されてしまうため、できれば土日に勤務を行うのが好ましいでしょう。

在宅での勤務が可能

探せば在宅で行うことのできる案件も存在します。基本的には在宅案件は高スキル保有者を想定している場合が多いのですが、稀に初級スキルの方でも対応している場合もあります。どうしても在宅で仕事をしたいという場合には根気よく探してみてはいかがでしょうか。

例を挙げると、クラウドソーシングサービスで案件の受注や、比較的自由のききやすいスタートアップ企業での勤務が挙げられます。しかし案件によっては週何度かの出社をしなければならない場合もあるため、よく確認した上で応募しましょう。

時給はスキルによって大きく異なる

プログラマーのアルバイトはスキルによって時給が大きく異なります。とにかく実力主義の世界になるため、スキル次第では年齢による差はあまりありません。

大凡のイメージとして、実務経験が3年程あれば時給3,000円以上の案件をこなすことが可能になるでしょう。しかし、その辺りも実際のスキルに大きく左右されるため、とにかくスキルアップし続けることが大切です。

未経験や学生でもアルバイトはできるか

育成前提で雇ってくれる企業も存在する

未経験や学生でも育成前提で雇ってくれる企業は存在します。しかし、全くプログラミングをやったことがないといった人が採用されるのは稀なため、何らかの開発経験は欲しいところです。また、プログラマーとして採用したにも関わらず実際は、アプリのテスト作業や清掃、データ入力など雑用業務ばかりといったパターンもあるため注意が必要です。

教育制度が整っているか、スタートがテスト作業でも後々プログラミングをやらせてもらえそうなところを選びましょう。

高校生や大学生歓迎の求人も存在する

探せば高校生や大学生歓迎の求人も存在するため、求人サイト等で探してみましょう。一般的な考えとしては、若ければ若いほど頭も柔軟で物事を吸収しやすいと考えられており、若いことは必ずしもマイナスポイントにはなりません。

最低限どのようなスキルが必要か

上述した通り、採用されるためには最低でも何らかのプログラミング言語に触れた経験が求められるでしょう。何一つプログラミングしたことがないのに採用されるということはまずないため、まずは自分の興味のある言語をある程度学び、基礎を身につけておくことが大切です。

プログラミング初心者向けの勉強方法
初心者がプログラミングを学ぶには簡単な言語で基礎を学ぶことが大事です。また途中で挫折しないためにもゴールを設定するようにしましょう。学校に通ったり、ネットの学習サイトを使用したり、本を読んだりと学習方法は様々です。ここではプログラミング初心者に向けて学習方法について解説します。

プログラミングバイトに向かない人

プログラミングのスキルは短期間で習得できるものではありません。スキルを身につけるのに最低でも半年からそれ以上かかります。どのようにプログラミングのコードを書くかを考える必要があり、且つプグラミングコードを書くのに正しい方法が一つとは限りません。いくつも方法があるので自主的に試していくことが求められます。受動的で勉強が嫌いな人、地道にコツコツと作業ができない人は向かないでしょう。

プログラマーは現場での経験が大事

現場での経験がスキルアップの近道

プログラマーは勿論独学で様々な知識を得ることも大切ですが、技術の向上のためには現場での経験に勝るものはありません。実際に現場で働くことにより自身に足りないスキルが明確になるため、それを埋めることによって更なるスキルアップを図ることができます。

プログラマーとしてやっていけるか確認できる

将来プログラマーを目指している人にとっては、現場を体験できるというのはまたとない機会です。実際に就職して初めて現場の空気を味わい、実務をこなしたものの、どうも自分には向いていないように感じることもあるでしょう。就職してからそう感じるよりは、先にアルバイトとして感じておいた方が後々のキャリア形成に役立ちます。

アルバイトから昇格できる可能性もある

アルバイトでしっかりと能力を認められた場合、そのまま社員や契約社員、あるいはその他の現場を紹介してもらえる可能性もあります。

アルバイト中に覚えておくべきポイント

社員のプログラマーがどのようなプログラムを書いているか、自分とはどう違うのかを見ておくと良いでしょう。良いプログラムとはメンテナンス性や汎用性、効率性に優れたプログラムを作ることでもあります。

また本当に問題がないかテストを行います。もし、十分なテストをしないで納品後に問題が発生してしまうと信頼を損ねてしまいます。そういった点でもテスト工程というのは重要です。テストの項目やテスト方法も様々ですので、アルバイト中に学んでおくと良いでしょう。

まとめ

プログラミングのアルバイトは、将来プログラマーを目指す人にとっては学びながらお金を稼げるという素晴らしい環境といえます。もしプログラマーという職種に適性がなかったとしても、アルバイトの段階で早めに気づくことにより、その後のキャリア形成に役立つでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る