インスピレーションとは何?インスピレーションを得る方法を解説

直感的な行動をするときに、「インスピレーションに従って行動する」と言いますよね。アイデアが浮かんでくると使う言葉になっていますが、実は本来の意味は違います。またインスピレーションを得るためには、いかにして自分がリラックスできるかが重要になるのです。そこで今回は、インスピレーションという言葉について詳しく解説していきます。

インスピレーションの意味とは


インスピレーションという言葉は、ビジネスシーン以外でも使う機会があります。本来の意味を説明していきますので、しっかり理解していきましょう。

英語では「特別な創造的思考」のこと

一般的には「閃き」という意味で認知されている傾向がありますが、「特別な創造的思考」という意味もあります。ラテン語で「息を吹き込まれたもの」という意味で使われていた言葉が変化をして、閃きという意味になったとされているのです。

アイデアを閃くという意味の他にも、「霊感」の意味もあり自分の頭の中で独創的な考えが降りてくるときに使われる言葉になります。

類語「直観」との違い

インスピレーションの類義語で「直観」という言葉が存在します。頭の中でアイデアが閃くという点では似ていますが、直観は何もないところからアイデアが閃くのではなく、過去のデータに基づいてアイデアが浮かぶ解析結果となるのです。インスピレーションは本来天から導き出された独創的な考えとなるので、やや信仰心や宗教的な意味合いがあります。

インスピレーションの使い方

現代社会においては、アイデアが湧いてくるときに使われている言葉です。自分の意思とは関係なくアイデアが降りてくる言葉になるので、使うときは「インスピレーションを得た」「インスピレーションを感じた」と使うのが適切です。またインスピレーションがきっかけで行動に起こすときは、「インスピレーションに従う」と使います。

インスピレーションの例文


実際にビジネスシーンで使うためには、正しく使わないと誤解を招く恐れがあります。ここからは例文を交えてインスピレーションの使い方を学んでいきましょう。

インスピレーションが湧き上がる

本来の語源から考えるとあまり適切ではないのですが、例えば読書をしているときに、頭の中で何か影響を受けて「インスピレーションが湧き上がる」ことや、「あなたと話しているとインスピレーションが湧くよ」などという言い回しで使うこともあります。

インスピレーションを感じる

本来の意味は、アイデアが降りてくるという意味合いです。芸術作品に触れたときや、音楽を聴いたときに何か頭の中に浮かんだら、「インスピレーションを感じた」と使います。

インスピレーションを得る方法とは?


アイデアを考えていて浮かんできても、それはインスピレーションではありません。普段から様々なものに触れているからこそ浮かんでくるものです。ではインスピレーションを得るためには、具体的にどのようなことを意識すればいいのか、説明していきます。

自分のこだわりや先入観をなくしてみる

斬新なアイデアや独創的な考えは、先入観にとらわれていると浮かびにくいです。いったん常識から外れる必要があるため、「無」の状態を作り出しましょう。誰かからアドバイスをもらって考えると、インスピレーションから遠ざかってしまう恐れがあります。一度外を散歩したり、ジョギングをしたりなど自分の中から先入観をなくす状況を作り出すことが大切です。

異なる文化に触れてみる

料理人や芸術家などは、とくに独創的なデザインやアイデアが求められます。尊敬している人物の意見やアイデアを参考にするだけではインスピレーションを得ることは難しいでしょう。その場合は、まったくジャンルの違う文化やアイデアに触れてみるのが効果的です。

和食の中にフレンチの要素を加えるアイデアや、これまで誰も考えつかなかったアイデアが浮かぶには、既存のカテゴリにとらわれていてはいけません。

シャワーを浴びてみる

インスピレーションを得るための一つの例になりますが、シャワーに浴びると頭が瞑想中に近い精神状態になるという研究結果があります。入浴という行動は日々ルーチンとして行っていることであり、極限までリラックスできる状態なのです。そのため脳が活性化し、突然アイデアが閃く機会が多くなります。

ただし、シャワーを浴びれば常にインスピレーションを得られるとは限りませんので注意しましょう。自分がリラックスできる状態は人それぞれなので、日によって行動を変えてみることや、様々な手段を活用してリラックスできる状況を作り出すことが大事です。

まとめ

インスピレーションは、天からアイデアをいただくという表現が適切であり、自分で考えて閃いたアイデアとは違います。そのため無意識な状態を作り出すことが大事であり、いかにして常識にとらわれないかが重要です。ビジネスで良い閃きを得るためにも、常日頃から多くのジャンルに触れておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る