アライアンスとは?の英語とビジネス上での意味や使用例など徹底解説

ビジネスの環境の変化によりこれまでの垣根を越えた企業間の提携や合併のニュースが増えています。企業間の提携や合併が行われた際にアライアンスという言葉を目にすることがあると思います。アライアンスのビジネスでの意味や使い方などを徹底解説します。

アライアンスとは?

英語表記は「alliance」

アライアンスは英語で「alliance」と表記し英単語の意味としては「同盟・提携・連合」の意味です。

ビジネスでの意味は「提携」「協業」

ビジネス用語では企業間の提携、協業又はそのグループを指す時に使われ、複数の企業が相互の利益のために協力して事業を進める経営スタイルのことを意味しています。通常の取引ではなく、企業間でお互いに経営資源を活用し良好な関係を構築し相乗効果を出すことを期待して結ばれることが多いです。アライアンスは様々な形態の提携関係に使われます。ですから資本関係の有無や提携する業務の種アライアンスという言葉だけでその提携の資本関係や種類などを表現することはできません。

アライアンスの使用例や使い方は?


アライアンスという言葉はどのような場合に使うのでしょうか。ここではアライアンスという言葉の使い方と使用例をご紹介します。

アライアンスを組む、または結ぶ

相手企業と提携を結ぶ場合、“アライアンスを組む”または“アライアンスを結ぶ”というようにアライアンスを使います。アライアンスは基本的に対等な立場にある企業との業務提携を行うことを意味しており、上下関係が存在するような業務提携にはあまり適さない言葉です。

またアライアンスと言っても、個々の契約ごとの具体的な内容によって様々な形態があります。ですから“アライアンスを結ぶ”“アライアンスを組む”という表現だけでその契約の形態までは表現することはできません。

アライアンス企業

アライアンス企業は直訳すると「提携企業」ということになります。単に取引をしている相手という意味ではなく、同一の目的を持って協力して事業を進めている相手企業のことを指して使います。

アライアンス契約書

アライアンス契約書は業務提携に関わる契約書のことです。日本語で言うと業務提携契約書になります。企業間が協力することで相互に弱いところを補ったり、強みを組み合わせることで競争力を高めたりする目的で結ばれる契約書です。

アライアンスはお互いのリソースを活かして相乗効果を狙って結ぶものです。ですから相互にどのようなリソースがあるのか、またどういう目的で業務提携するのかの意識をきちんと合わせておくことが重要です。また相互に信頼関係が成り立っていませんと本来の目的や狙っていたメリットを生み出すことが出来ません。アライアンス契約は提携関係を始める前にお互いの理解や認識に違いが無いかを確認する意味においても重要な契約書になります。

一般的には提携の目的や役割分担、業務提携の範囲や期間、秘密保持や成果物の取扱いについて記載されます。

アライアンス事業の立ち上げ

新規事業の立ち上げなど新しい分野に企業が出ていく際にすべてのリソースがそろっていることは意外と少ないものです。そのような際に他社との提携を通じて足りないリソースを補い新規事業を立ち上げることが多くあります。そのような事業を“アライアンス事業”と呼び、“アライアンス事業”の立ち上げというように使います。

アライアンスのつく言葉は?


ビジネス用語でアライアンスがつく言葉がいくつかありますのでご紹介します。

ミスアライアンス

アライアンスに失敗すること、すなわち提携の失敗のことをミスアライアンス(misalliance)と言います。アライアンスを組んだにも関わらず、その結果が出なかったことも“ミスアライアンス”と呼ぶことがあります。

アライアンスパートナー

アライアンスパートナーとはアライアンスを組んでいるすなわち業務提携している相手企業のことを指します。別な表現では“提携先企業”や“協業パートナー”という言い方もできます。

ストラテジックアライアンス

ストラテジックアライアンスは英語ではStrategic Allianceと表記します。Strategicは戦略的なという意味ですから、Strategic Allianceは「戦略的な提携」の意味です。

それぞれの企業が持つリソースをお互いに共有、利用することで一社だけで得られたメリットよりも多くのメリットを得るような戦略的な業務提携をする場合に使います。

まとめ

グロール化やネットワーク化により競争が激しくなっているビジネス環境においてはこれまで考えられなかったような組み合わせの業務提携=アライアンスが組まれています。また新規事業を起こすような場合においても有効な手段として“アライアンス”を結ぶことが多くあります。

ビジネスで用いるアライアンスはお互いの強みを活かしたり弱みを相互に補ったりすることで相乗効果を出すことを目的として協力する関係のことを指し、簡単にいうと企業間の業務提携や協業を指す言葉だということはご理解いただけたのではないでしょうか。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る