デザイナーにおすすめのマウス5選!ペンタブと比べたメリットは?

デザイナーの方は入力デバイスにペンタブレットを使用している場合も多いのではないかと思います。一般的なPCの入力デバイスはマウスになりますが、ペンタブレットとマウスは一体どのような点が異なるのでしょうか。

ペンタブレットと比べたメリットは?

操作ミスの可能性が下がる

ペンタブレットと比べると、マウスでの操作は操作ミスの可能性が下がるというメリットがあります。ペンタブレットは実際の描画領域とPCの画面領域がリンクしているため、描画領域の大きさによっては、少し移動させただけで画面上は大きく移動してしまうといったことが生じます。

メンテナンスが少なく済む

まマウスはペンタブレットに比べるとメンテナンスの必要が少ないため、余計な面倒がありません。ペンタブレットの場合、ペンで描画領域をなぞって作業することになるため、ペン部分の芯がどんどん摩耗していきます。そのため、摩耗しきった芯は変える必要があるのですが、マウスは特に消耗部品はないため、故障さえしなければ長期間メンテナンスいらずで使用できるでしょう。

人によって疲労感が減る

ペンタブレットの代わりにマウスを使うことで、人によっては疲労感が減少するといったメリットもあります。慣れという部分も勿論ありますが、前述した通りペンタブレットの描画領域の大きさによってはかなり精密な作業を要求されるため、慣れない場合は疲労感を感じることでしょう。

マウス選びの観点は?

手首が疲れにくいか

マウス選びに大切なのは、長時間使用していても手首が疲れにくいかどうかという点です。PCでの作業はどうしても長時間に及ぶことが多いため、いかに疲労感を減少させるかが重要なポイントになるでしょう。マウス作業を行って腱鞘炎になるといった例もあるため、自分に合った使いやすいものを選ぶことが大切です。

Bluetoothペアリングか有線か

マウスは有線のものと無線のものが存在します。基本的には無線のもので問題ないかと思いますが、有線のものはケーブルを通してPCの電気で動くので、電池切れの心配がないというメリットがあります。また、無線でもBluetooth規格のものであればUSBポートを占拠することもなく、接続も簡単なのでお薦めです。

PCがMicrosoftかMacか

PCのOSがMicrosoftのWindowsかAppleのMacかによっても若干対応機種が異なってきます。大半のマウスはWindowsとMacの両方に対応していますが、例えばMicrosoft製のマウスをMacOSで使用すると少し挙動が異なったりする可能性があるため注意が必要です。

レビューで好評か

また、購入しようとしている製品のレビューをチェックするのも忘れないようにしましょう。その商品を実際に使用しているユーザーのレビューは何よりの参考になります。

おすすめのデザイナーマウス

Designer Bluetooth® Mouse

MicrosoftからリリースされているDesigner Bluetooth® MouseはBluetoothで様々なデバイスと接続することができ、使い勝手の良いマウスです。Windows、Mac、Androidに対応していますが、iOSは非対応になるため注意が必要です。

Apple Magic Mouse

こちらはApple社からリリースされているApple Magic Mouseです。Apple純正の商品になるためMacOSとの相性が良くいです。また、Apple Magic Mouseの特徴として表面がMulti-Touch対応しています。クリックやスクロールだけではなく、トラックパッドのような自由な操作がマウス上で行えます。

Logitech ロジクール MX Master

マウス等でお馴染みのLogitechがリリースしている商品です。ロジクール MX Masterの特徴は精細なポインティングデバイスであり、特にスクロールホイールの快適さに特徴があります。長時間の作業も快適に行うことができるでしょう。また、最大3台のデバイスに繋げることができます。

Logicool 充電式ゲーミングマウス G700s

こちらはオンラインゲーマーのために開発されたゲーミングマウスですが、デザイナーの使用にも適しています。通常の右クリックや左クリックの他に11種ものボタンが搭載されており、それぞれに好みのショートカットやプログラムを割り当てることが可能です。

Genius Tablette graphique mouse pen

こちらは少々変わり種の商品であり、ペンの形をしたマウスになります。使い方も少々特殊になりますが、使いこなすことができれば作業をスムーズに行うことが可能でしょう。アメリカで在庫管理がされているため、受け取るのに時間がかかるというデメリットがあります。

マウスを使わない方法はある?

ペンタブで全てを賄う

デザイナーの方はマウスを使わず、ペンタブレットで全ての操作を行っている方も多いのではないかと思います。マウスを使う利点は上述した通りですが、ペンタブレットで操作する際の利点としては下記のようなものが挙げられるでしょう。

  • 腱鞘炎予防になる
  • ボタンにショートカットを割り当てることができるため、作業が早い

ペンタブの方が疲労感がある方もいれば、マウスの方が疲労感のある方もいます。どちらかに集約したい場合は、ある程度の期間両方を試してから決めることをおすすめします。

トラックパッドで操作する

また、マウスを使わずにトラックパッドで全ての操作を行うといった方法もあります。特にMacで行うトラックパッド操作は各機能の使いやすさに定評があるため、慣れれば作業を効率化することができるでしょう。

まとめ

PC作業における入力デバイスはマウス、ペンタブレット、トラックパッド等多岐に渡りますが、それぞれ異なるメリットとデメリットを有しています。また機種によっても様々な違いがあるため、自分に合った入力デバイスを見つけることが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る