インタラクティブの意味とは?英語表記や使用例、対義語など徹底解説

何となく分かっているつもりで使っているけど、その意味を聞かれると正確に答えられないカタカナ英語は良くあります。インタラクティブもその一つではないでしょうか。IT用語のような言葉ですがビジネスの場面でも登場することがあります。できるビジネスパーソンとして間違った使い方や理解をしないように、インタラクティブの本来の意味やその使い方についてご紹介します。

インタラクティブとは?

英語表記は「interactive」

インタラクティブとは何を意味するのかについてまずご説明します。インタラクティブは英語では“Interactive”と表記します。「相互に作用する」「相互作用の」という意味の形容詞です。

意味は「双方向」「対話型」「相互的」

前述した通り、インタラクティブとは、「相互に作用する」「相互作用の」という意味です。情報処理や通信の分野では「双方向の」「対話型の」という意味で使われます。

IT分野では、ユーザーが画面やキーボードを操作したことに対して即座に反応する対話的なソフトウェアやシステムの操作形式を意味します。また、情報提供者と利用者間で双方なやり取りが発生するようなサービスのことを指すこともあります。

ビジネスやマーケティング用語として使われる際には、一方通行の情報発信ではなく「双方向のコミュニケーション」という意味で使われます。つまり、情報発信者が発信した情報に対して、情報の受け手側が何かしらのフィードバックをすることが出来る状態をインタラクティブと言います。簡単にいうと、一方向ではなく双方に「情報がやり取りできる」という意味と考えると適切でしょう。

インタラクティブのつく言葉は?


皆さんもインタラクティブがつく言葉を沢山目にしたことがあると思います。ここではいくつか代表的なものをご紹介しながらインタラクティブという言葉の理解をさらに深めましょう。

インタラクティブシステム

意訳すると「双方向にやり取りができるシステム」ととらえることができます。スマホやPCもその一つで、利用者が画面を見ながら対話するような形で操作するシステム形態のことを言います。対話型処理システムということもあります。

インタラクティブテレビ

意訳すると「双方向にやり取りできるテレビ」と考えることができます。デジタル放送を使ってデータを送信する機能と、テレビ側の情報入通信機能を使ってユーザーがテレビ放送に対してアクションをすることが出来るサービスのことを指します。

BSデジタル放送で本格的に導入されました。番組を見ながらアンケートに答えたり、クイズ番組に参加したりすることが出来ます。また、最近ではテレビだけではなく、スマートフォンとの連動によりインタラクティブテレビを実現するような例も出て来ています。

インタラクティブメディア

インタラクティブメディアも意訳してみますと「双方向にやり取りするメディア(媒体)」という意味になります。かなり広義な意味で、Webページやスマートフォンのアプリやゲームもインタラクティブメディアの一種です。その他にショッピングモールなどにおかれているタッチパネル型の店舗案内の画面などもインタラクティブメディアと呼ぶことが出来ます。

インタラクティブコミュニケーション

この言葉を意訳すると「双方向にやり取りするコミュニケーション」という意味になります。インタラクティブコミュニケーションはマーケティング用語です。

従来放送や雑誌新聞などの広告は一方向の情報発信で直接その効果について分析することが出来ませんでした。いわば“一方向のコミュニケーション”と言えます。

それに対してインターネットを使ったマーケティングコミュニケーションは顧客との関係をダイレクトに構築することが出来るだけではなく、顧客の動向や反応も掴むことが出来ます。こちらは“双方向のコミュニケーション”ということができ、相互作用が働いたコミュニケーションと言えます。このようなマーケティング手法をインタラクティブコミュニケーションと呼びます。

インタラクティブプロジェクター

インタラクティブが双方向にやり取りできるという意味ですので、このプロジェクターは「双方向にやり取りするプロジェクター」だという意味です。一般的なプロジェクターはパソコンやビデオにある映像をスクリーンに映し出せるものですが、そこに情報を書き込んだりすることはできません。

インタラクティブプロジェクターは映し出された画面に情報を書き込んだり、書き込んだ情報をPCに保存したりするインタラクティブ機能が備わったプロジェクターです。主に教育現場などで導入が進んでいるようです。

インタラクティブホワイトボード

インタラクティブプロジェクター同様にこのホワイトボードは「双方向にやり取りするホワイトボード」だということが分かります。オフィスなどにある一般的なホワイトボードはペンで字を書くことが出来ますが、それをPCなどに電子的に保存しておくことはできません。

インタラクティブホワイトボードは電子白板(黒板)的なイメージでパソコンの資料を映し出せるタッチセンサー搭載型の大型ディスプレイのことです。パソコンを画面に映し出しそこにタッチペンなどで情報を書き込むことや書き込んだ情報を保存するインタラクティブ機能が搭載されています。利用用途はインタラクティブプロジェクターとほぼ同じですが、画像の投影方法が壁に投影するか、ディスプレイに投影するかに違いがあります。

インタラクティブデザイン

インタラクティブデザインは「双方向のやり取りをデザインする」という意味です。これはもともとWebやグラフィックデザインのことを指していましたが、今では画像やテキストを扱うだけではなくなってきています。

例えばスマートフォンの操作にあるようなスワイプやタップなどで画面を切り替えたり、情報を選択したりするような動作についてもデザインする必要性が出て来ています。そのようなユーザー体験そのものをデザインするようなこともインタラクティブデザインに含まれて来ています。

インタラクティブアート

「双方向にやり取りするアート(芸術)」と意訳することができますがどのような芸術なのでしょうか。インタラクティブアートは、何らかの方向で観客を参加させる芸術の一形態です。センサーやコンピュータを使いユーザーの動きに反応するような作品もあるようです。観客と作品の間に相互作用をもたらすようなアートのことを意味します。

インタラクティブコンテンツ

インタラクティブコンテンツとは、ある情報を含むコンテンツを一方的に送りつけるのではなくそれを利用するユーザーからの反応に応じて適宜内容を変えて提供するような利用者との相互作用によって成り立つコンテンツを意味します。

インタラクティブマーケティング

企業と消費者との双方向の情報のやり取りがあるマーケティングのことをインタラクティブマーケティングと言います。特にインターネットを使ったマーケティングを指すことが多いようです。

インタラクティブサイネージ

サイネージとは電子看板の意味です。街中にある動画や映像を映し出すディスプレイを使った電子看板です。そのサイネージに双方向性を持たせたものがインタラクティブサイネージと考えて頂くと分かりやすいと思います。

インタラクティブサイネージにはセンサーを使って利用者の性別や年齢を推測してその人の属性に合わせた広告を表示するものもあります。そのようなインタラクティブ性を持たせることで一方的に画像を表示しているものよりも注目を集めることができ広告効果が上がると考えられています。

インタラクティブの対義語は?


インタラクティブ=「双方向の」の対義語にはどのような物が有るのでしょうか。

one-way

one-wayは、「一方向の」「片道の」という意味の英語です。この言葉はインタラクティブの対義語の1つと考えることができます。しかし、one-wayは交通に用いることが多いので、後述するunilateralの方が対義語としては適切かもしれません。

unilateral

Unilateralは「一方的な」や「相互的でない」とい意味の英語です。特に当事者の気持ちや意見などに関係なく決断や契約などを単独で行う場合に使います。「一方的な」というと何かネガティブなイメージがあるかもしれませんが、面接やコンテスト、懸賞など初めから一方的なことが認められている場合にも使いますのでUnilateral自体にはネガティブな意味合いはありません。

まとめ

これまで繰り返し述べてきましたがインタラクティブは「双方向にやり取りできる、する」という意味で使われる言葉です。一方的に情報を伝えるだけではなく、フィードバックを得たいような場合に通常のビジネスシーンにおいても“インタラクティブ”という言葉を使う場合があります。例えば“今日はインタラクティブな会議にしたい”というような言い回しがそれにあたり、そのような場合は「双方向にやり取りしながら会議を進めたい」という意味になります。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る