ITエンジニアの退職理由は?転職面接で「退職理由」を伝えるポイント

ITエンジニアが退職するときの退職理由や転職をするときの面接での上手な対応の仕方などについてご紹介します。職種や勤め先の環境によって退職理由もさまざまでしょう。ただし転職の際、退職理由を面接官にそのまま伝えてしまうと、あまりよくない印象を与えてしまうかもしれませんので、工夫して伝えてみましょう。

ITエンジニアに多い退職理由7つ


まず始めに、ITエンジニアに多い退職理由についていくつかご紹介します。

収入に不満がある

一般企業の退職理由でも多く挙げられる収入に対しての不満は、ITエンジニアを仕事としている人の退職理由としても多く挙げられています。自分のこなした仕事に対して、成功報酬やそれなりの手当がないと毎月仕事量は違うのに収入が同じではモチベーションを保つことが難しいでしょう。

労働条件が悪い

長時間勤務やサービス残業が頻繁にあるといった労働条件の悪さも退職理由として挙げられます。残業代や休日手当が支払われていたとしても、採用時に聞いていた労働条件と実際が異なっていれば、大きな不満になり得ます。

人間関係が悪い

ITエンジニアの仕事は数人のチームで各パートを担当し、1つの仕事を作り上げることがほとんどです。上司や先輩、同僚と人間関係がうまくいかなくなってしまうと出社するのが苦痛になり、退職してしまうというパターンも少なくありません。

会社の風土が合わない

ITエンジニアとしての仕事は問題ないものの、会社の風土を作るための活動が負担になることも多く、それが退職理由になる場合もあります。収入やチームの雰囲気への不満であれば、自分でアプローチして改善していくことも可能ですが、会社そのものの風土となると変えていくことが難しく、退職という選択肢に繋がりやすいと言えるでしょう。

転職でスキルアップを図りたい

入社した会社での仕事がいつも同じような内容であったり、誰にでもできそうな簡単な仕事だったりすると、成長実感のなさから退職に繋がることもあります。転職先の方が自分のキャリアに活きそうな仕事をさせてくれるのであれば、今の会社を続けるよりも転職をした方がメリットは大きく思えます。

IT業界以外に転職したい

ITエンジニアになりたいと入社したものの、実際仕事をしてみると自分には合っていないと感じて、それが退職理由になることもあります。特に最近は未経験者でもエンジニアとして雇用し、社内で教育をする会社も増えてきています。社内で学んでいくうちに自分に適性がないと気づくこともあるのです。

独立したい

ある程度会社で経験やスキルを身につけた人は、独立して自分で会社を立ち上げたいと考えたり、個人事業主やフリーランスとして活躍したいと考えたりします。特にITエンジニアは依頼が多い傾向にあるので、独立へのハードルが低いかもしれません。

客先常駐SEに多い退職理由5つ


続いて、ITエンジニアの中でも客先常駐SEの退職のときに多い理由をご紹介します。同じ勤務体制の人は、ぜひ参考にしてみてください。

スキルの向上やキャリアアップが困難

客先常駐SEなので、客先の正社員よりは重要な仕事を任される機会が少なくなりがちです。そのため、キャリアアップやスキルアップに対する危機感がおき、退職するという人が多いようです。

評価基準が曖昧

客先常駐SEは作業をする場所が客先なので、自分の会社の上司や先輩に接する機会がすくなく、仕事のフィードバックや評価をこまめにもらうことが難しくなります。自分の仕事に綿密なフィードバックをもらって成長したい人や、自分の成果をしっかり報酬に反映して欲しいと考える人は、客先常駐というかたちが不満になるかもしれません。

収入がアップしにくい

客先常駐SEでの仕事は、プロジェクトの現場での仕事や客先での長期的な常駐の仕事が多く、契約単価が決まっているので、始めに設定された給与以上にアップすることはあまりありません。そのため、成果をだしても評価されなかったり、給与のアップが期待できなかったりといったことが退職理由になることが多くあります。

また仕事現場のマネージメントがうまくいっていないために、長時間労働が発生しているとモチベーションが下がり、さらに収入の低さが辞める理由に拍車をかけてしまいます。

人間関係で気を使う

客先常駐だと、プロジェクトによって毎回一緒に仕事をするメンバーが変わります。仕事仲間が頻繁に変わることをストレスに感じる場合、それが退職を考える理由になることもあります。

休日を確保しにくい

客先に常駐していると、自分の会社で働いているときよりも休日を確保しにくい場合があります。自分の会社であれば、上司に掛け合って休みをとる流れになるでしょう。しかし、客先常駐SEの場合、自分の所属している会社と客先の関係性といった要素が入ってきて、休みをとるタイミングが難しくなる場合もあります。

転職の面接での退職理由の話し方


最後に、転職の際の面接で退職理由を聞かれたときの話し方のポイントをご紹介していきたいと思います。

ポジティブな理由に置き換えよう

面接官は、「会社に貢献してくれる人材か」「会社の仲間うまく付き合っていける人材か」「少し不満があっただけで会社を辞める責任感のない人材ではないか」というような点を面接で見極めています。退職理由を、ポジティブな言いまわしに変えて話せば、面接官からの印象も大きく変わります。

例えば、残業が多いという理由であれば、言い方に気を付けた方がよいでしょう。残業の感覚は企業によって認識の違いもあります。また残業への不満を述べると仕事への意欲が低いというように捉えられてしまうかもしれません。

「残業や休日出勤が多くて辛くて辞めました」

→「前職では、休日出勤が多くてスキルアップをはかる時間が確保できませんでした。御社の〇〇という仕事に魅力を感じ、〇〇など新しい技術を身に付けて成長をしたいと考えています。」

→「高い成果を上げるためには、効率的に仕事を進めることが大事だと考えています。さらに高い成果を目標として掲げているため、前職よりも業務にメリハリを持って取り組める環境で働きたいと思いました。」

人間関係を理由に辞めたとする場合も、周囲の人たちと気持ちよく働きたいという前向きな考えを面接官に伝えると、悪い印象を与えません。

「上司や社長がわがままで、考え方についていけなかったので退職しました」

→「以前勤めていた会社では、自分たち若手社員が自分の意見を発言できる風土がありませんでした。しかし、私はどの立場の人も自由に発言できる環境で働きたいと考えていたため、退職をしました。」

このように、自分本位な言い方ではなく、わかりやすくポジティブな言いまわしに変えて話すようにしていきましょう。

面接官に好印象を残す回答例について
転職の際に面接で聞かれる「転職理由」で、面接官に良い印象を持ってもらうにはどのような回答をすれば良いのでしょうか?前職の不満をそのまま伝えては、採用のチャンスを逃してしまうかもしれません。ここでは転職の理由によって伝えた方が良いことや、伝えない方が良いことを解説します。

まとめ

ここでは、ITエンジニアが退職する理由や転職の際に気を付けたい退職理由についてご紹介してきました。今、自分が勤めている会社を退職しようと考えている人や転職したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る