「ご指導ご鞭撻」とは?意味や適切な使い方、言い換え表現など徹底解説!

「ご指導ご鞭撻」というフレーズ、入社時や結婚式の挨拶で一度は聞いたことのある言葉だと思います。一つの定型文のように使っていますが、言葉の意味を正確に理解できていますか?何気なく使ってしまう言葉ですが、ビジネスの頻出ワードでもありますので、今一度、正確な意味を理解するようにしましょう。

ご指導ご鞭撻の意味・読み方とは?

相手の自分に対する指導を敬っていう表現

「ご指導ご鞭撻」を分解すると「ご指導」と「ご鞭撻」になります。「ご」は接頭辞であり、「指導」と「鞭撻」を敬語表現している言葉となります。「指導」とは、目的に向かって教え導くという意味であり、「鞭撻」は強い励ましを込めて厳しく指導するという意味があります。ですので「ご指導ご鞭撻」は相手に対し、謙虚な姿勢で指導・教育を請う表現として使われています。

引き続き変わらないお付き合いを望む時の文言

指導・教育を請う意味を持っていますが、一方で今後の付き合いを依頼する挨拶的な意味合いで使用される言葉でもあります。「今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます」と言った際は具体的な事柄を指導して欲しいという意味ではなく、「今度ともお世話になります。宜しくお願いします」といった意味合いで使用されているのです。

ご指導ご鞭撻の使い方・例文


それでは、具体的な例文を見ていきましょう。

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します

入社の挨拶に良く使われる言葉です。

「本日より皆様と一緒に働くこととなりました○○です。至らぬ点もあるかと思いますが、少しでも早く皆様のお力になれるよう精進してまいります。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」

ご指導ご鞭撻を賜りますよう

取引先などへの挨拶としても良く使用されます。

「自分のこれまでの経験を活かし、売り上げに貢献できるよう尽力してまいります。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。」

「平素はご愛顧頂きまして誠に有難う御座います。これからもお客様にご満足いただけるよう精進してまいる所存でございます。今後とも倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」

ご指導ご鞭撻の類語・言い換えは?


「ご指導ご鞭撻」の類語について例文を含めながら、説明していきます。

ご指導(ご指南)ください

「ご指導ください」は「ご指導ご鞭撻」よりもやわらかい表現になります。よく使用される場面は、取引先の方に部下をお願いする際などが挙げられます。
例:

「○○がご迷惑をお掛けするかと思いますが、どうぞご指導くださいようお願い申し上げます。」

「○○の件、何卒ご指南のほど宜しくお願い致します。」

といった表現で使用することができます。

お導きのほど

「導く」の意味は、「案内すること」や「指導すること」です。ですので「お導きのほど」は、相手に対して導きをお願いしている表現となります。相手を尊重する度合が強く、より形式的な意味合いが強い言葉ですので、信仰の対象に対してや年賀状などの挨拶状に使用されることが多い表現です。
例:

「今後とも何卒一層のお導きを賜りますよう、心からお願い申し上げます」

「本年もよろしくお導きのほど、お願い申し上げます」

ご支援くださいますよう

「ご支援ください」は支援要請の意味合いで使われる一方、ビジネス文書の形式的な挨拶としても良く使用されます。「ご指導ご鞭撻」よりはやわらかい印象を与えますが、取引先や目上の方にも使用できますので使い勝手のいい表現です。
例:

「これからも変わらぬご支援を何卒お願い申し上げます」

「○○に向け、精進してまいる所存でございます。今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます」

ご教授、ご教示

「ご教授、ご教示」はどちらも「教えてください」という意味になります。形式的な挨拶というよりは具体的に教えて欲しい内容がある場合に使用されることが多い表現です。取引先や目上の人に対しては、「教えてください」ではなく「ご教授」や「ご教示」を使うようにしましょう。
例:

「大変恐縮ですが、○○の件についてご教示頂けますか?」

「先日は○○の件について、ご教示頂きまして誠に有難う御座います」

「○○についてご教授頂きたいのですが、どなたにご連絡すれば宜しいでしょうか?」

結婚式・年賀状での使い方


ビジネスシーン以外でも使われる場面があり、その代表格が結婚式と年賀状です。具体的な例文を見ながら、使用方法を確認していきましょう。

新郎、新郎新婦の親のスピーチに

「まだまだ若輩者の二人ではありますが、ご指導ご鞭撻を賜わりますよう、心よりお願い申し上げます。」

「なにぶん若輩者の二人でございます。今後とも皆様にはご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます」

社外、取引先、お客様への年賀状に

「あけましておめでとうございます。今年も一層のご指導ご鞭撻を賜りたくお願い申し上げます。」

「本年も変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします。」

「旧年中は大変お世話になりました。本年もより一層成果を上げられるよう社員一丸となって努力する所存です。何卒ご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます」

まとめ

いかがでしたか?「ご指導ご鞭撻」の意味が正しく理解できると、これまで以上に気持ちのこもった挨拶ができるのではないでしょうか。取引先への連絡や大切なシーンでの挨拶に是非気持ちを込めて使ってくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る