億劫(おっくう)とは?意味・使い方やめんどくさいとの違いは?

皆さんは「億劫(おっくう)」という言葉を使ったことがありますか?日常生活ではあまり使うことが多くない言葉かもしれませんが、「家から職場が遠いため、仕事に行くのが億劫だ」のように使われます。この記事では、「億劫」という言葉の意味や使い方について詳しく解説していきます。

億劫という漢字の読み方や意味とは?


まず、「億劫」という漢字の読み方や意味についてご紹介します。

億劫の一般的な読み方は「おっくう」

「億劫」は「おっくう」と読みます。それぞれの漢字の音読みとしては「おく」と「こう」なのですが、「おくこう」だと発音しづらいため「おっこう」となり更に「おっくう」に変化したと考えられます。ただし、「おっこう」と呼ぶ場合は仏教用語を指していることもあります。

億劫の語源と由来は仏教語のおっこう

仏教用語で「おっこう」と呼ぶ場合は、計り知れないほど長い時間のことを意味しています。「劫(こう)」とは仏教で使う単位を指しており、途方もない時間の長さを意味し、それを1億倍したものが「億劫(おっこう)」になります。ここから転じて、現在使われているような意味になったと考えられています。

億劫の簡単な意味は「めんどくさい」

元々は仏教用語でしたが、現在では「面倒で気が進まない」という状態を指して使われます。「雨が降っているので外出するのが億劫だ」のように「気が乗らない、やる気が出ない」と言い換えることもできます。

「めんどくさい」との違い

上記の通り、「億劫」は「面倒なので気が乗らない様」を指していますので、正確に言えば「面倒だ、めんどくさい」といった言葉とは意味が異なります。例えば、「受験勉強は面倒だ」であれば「手間がかかる」ということを意味しますが、「受験勉強が億劫だ」であれば「手間がかかるので気乗りしない」という意味になります。

つまり、単に面倒というだけではなく「面倒+気乗りしない」という表現が正確な意味です。「今の仕事は面倒だがやりがいがある」という使い方は可能ですが、「今の仕事は億劫だがやりがいがある」という使い方は間違いになります。

億劫の同義語や類義語は?


次に、「億劫」という言葉の同義語や類義語についてご紹介していきます。

「面倒」

「面倒」は「手間がかかる、解決が容易でないためわずらわしい」ということを意味しています。上記でも述べましたが、「面倒」は「手間がかかる」ということのみを指しており、「億劫」は「気乗りしない」という心情を指してしますので、注意が必要です。

「大儀」

時代劇などで耳にすることが多い、「大儀であった」という言葉のように使われます。元々は朝廷の儀式などで重要なものを指していましたが、それらは手間がかかるものなので、転じて「面倒なこと」という意味で使われるようになりました。

使い方としては「面倒」とほぼ同じですが、「大儀であった」のように相手の苦労をねぎらう場合は、目上の人が部下などに使う言い回しなので注意してください。また、現代で使われることはあまりありませんので、ビジネスシーンで使うことも避けたほうがいいでしょう。

億劫の対義語や反対語は?


同義語や類義語をご紹介したところで、対義語や反対語についても見ていきましょう。

「刹那」

「刹那(せつな)」は仏教用語としての「億劫」の対義語に当たります。億劫は「途方もない時間の長さ」を意味しておりましたので、刹那は時間の最小単位で「極めて短い時間のこと、瞬間」を指します。

また仏教では「弾指(たんじ)」と呼ばれる指を弾いて音を出す行為があり、これを時間の単位として使用することもあります。約12,000弾指(たんじ)で一昼夜を指すと言われており、1弾指は65刹那に換算されます。弾指でも「短い時間のこと」を意味しますが、刹那はそれよりも更に瞬間的な時間の短さを指しています。

億劫を意味する英語やその例文は?


次に「億劫」を英語で表現する場合の単語と例文についてご紹介していきます。

「troublesome」

「めんどうな、やっかいな、わずらわしい」といった意味です。カタカナ語としてもよく使われている「trouble(トラブル)」の形容詞形で、名詞を修飾する形で使われます。

「This problem is very troublesome.(この問題はとてもやっかいだ)」
「I hate troublesome work.(私は面倒な仕事が嫌いだ)」

「bothersome」

意味としては”troublesome”とほぼ同じで「うるさい、めんどうな」という形容詞です。

「a bothersome person(わずらわしい人、うるさい人)」
「You have a bothersome character.(君はやっかいな性格をしている)」

「tiresome」

こちらの意味も上記の2つとほぼ同じですが、ややくだけた口語的な表現として使われます。また、「うんざりする、あきあきする」という意味を指す場合もあります。

「tiresome task(やっかいな依頼)」
「a tiresome talk(あくびの出る話)

億劫の使い方は地域によって違う?


「億劫だ、面倒だ」という意味で使われる方言も存在します。

大分県や宮崎県の方言で「よだきい」

大分県や宮崎県などで使われる方言で「よだきい」というものがあります。「面倒くさい、億劫だ」という意味で、「今日の仕事、よだきいなぁ」というように使われます。語源としては古語の「弥猛し(よだけし)」から来ていると言われ、意味もそのまま使われています。

この「よだきい」ですが、鳥取県の方言では「最低だ、強欲だ、不快だ」のように相手を罵倒する際に使われることもあります。地域によって同じ言葉でも違った意味を持つ方言として使われる場合がありますので、注意が必要です。

まとめ

「億劫」という言葉の意味や使い方について説明してきました。漢字にされると意外と読めなかったり、類義語や対義語と言われても思い浮かばなかったりするかもしれません。この記事を参考にしてしっかりと把握しておきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る