エンジニアにもポートフォリオが必要?サンプル提供サービスを紹介

デザイナーやイラストレーターが就職や転職活動を行う際には必ずといって良いほどポートフォリオが必要です。そしてプログラマー等のエンジニアも就職や転職の際にはポートフォリオを作成しておいた方が有利になるでしょう。この記事ではポートフォリオについて詳しく見ていきたいと思います。

ポートフォリオとは?

ポートフォリオの概要について

ポートフォリオの元々の意味は「書類ばさみ」や「書類入れ」というものですが、現在では自分の作ったデザイン等を見やすく、ひとまとめにしたアルバムのようなものといえるでしょう。ポートフォリオは自分のスキルや実績を対外的にアピールするものであり、閲覧した人に一目で自分のデザイン実績や得意分野等を伝えることができます。

エンジニアもポートフォリオが必要?

就職、転職活動に有利

デザイナーだけではなく、エンジニアもポートフォリオを作ったほうが良いのでしょうか?プログラマー等が現在就職や転職の場でポートフォリオの提出を求められることはほとんどありません。しかし自身の実績や経験プロジェクト、そして実際に作ったプロダクトを公開することは選考において有利に働きます。

他のエンジニアと差をつける

ポートフォリオを作っておくことで他の応募者と差をつけることができるかもしれません。面接の場で上手く話すことができないといった方も多いかもしれませんが、そのような場合でもポートフォリオが自分の代わりに雄弁に語ってくれることでしょう。ポートフォリオによって、自身の実績や経験プロジェクト等を効果的に見せることが可能です。

ポートフォリオの作り方について

自己紹介の作成

ポートフォリオを作成するにあたっては、まず自己紹介を記載しましょう。経験したプロジェクトや実績、業務内容等を分かりやすく記載し、得意分野や得意な言語、技術者としての心構え等もあると良いかもしれません。基本的には技術力で評価されるエンジニアですが、どのような未来を描いているかによっても成長速度は異なるため、特に若い内は期待値をアピールしておいた方が良いでしょう。

経歴、作品の紹介

そして、経歴や実際に開発した作品を紹介することも大切です。成果物に関しては守秘義務により一般公開できないものもあるかもしれませんが、その場合はどのようなプログラムを作ったのかを公開できる範囲で紹介しましょう。もしプライベートで作成したプロダクトがあれば、その中でも自信のあるものを掲載することをお薦めします。

ポートフォリオサイトの作成

ポートフォリオは基本的にオンラインで公開するものになるため、Webサイト形式で作ることになります。その際に気をつけたいのは、相手側がどのようなデバイスで閲覧するかが分からないためレスポンシブなデザインにすること。そしてオンライン上に公開されるため、基本的には個人を特定されるような情報は控えた方が良いでしょう。

紙媒体で作成

また紙媒体でもポートフォリオを作成しておいた方が良いかもしれません。もし面接会場にネット環境がない場合でも、紙媒体のポートフォリオがあれば直接面接官等に見せることができ、実績をアピールすることができるでしょう。

ポートフォリオ作成の参考サイト

S5-Style

S5-Styleは、田淵将吾さんのお洒落なポートフォリオサイトです。サイト内には音楽が流れ、動きのある演出で閲覧者の目を引きつけることでしょう。

ここまでのものを作るのは少々難しいかもしれませんが、何かしら見栄えの良い演出を加えることは視野に入れても良いかもしれません。そうすることで、実際の経歴や手がけたプロダクトの実績がより一層相手に伝わる可能性があります。

ポートフォリオ作成サービスの紹介

PORTFOLIOBOX

PORTFOLIOBOXは世界50万人以上のユーザーが利用しているポートフォリオ作成サービスです。無料かつ簡単な操作でポートフォリオサイトを作成することができるのに加え、ECサイトやマーケティング機能も付随しています。

JAYPEG

JAYPEGもPORTFOLIOBOXと同様、簡単な操作でポートフォリオサイトを作成することができるサービスです。それに加え、JAYPEGはオンライン上で他のデザイナーと交流することもできるため、ポートフォリオ作成+コミュニケーションといった使い方が可能です。なお、JAYPEGはイラストの投稿が多いため、主にデザイナーやイラストレーター向けのサービスといえるでしょう。

Strikingly

Strikinglyの特徴は、直感的に操作できる簡単なエディタと、ポートフォリオサイトがレスポンシブデザインに対応しているといった点です。わざわざ自分でレスポンシブなデザインを作らなくても、Strikinglyを利用することで様々なデバイスに適応したポートフォリオサイトを作成することができるでしょう。

まとめ

エンジニアは絶対にポートフォリオサイトが必要というわけではありませんが、もし面接等で自分の実績を上手にアピールする自信がない場合は作っておいて損はありません。ポートフォリオサイトは就職や転職の面接時だけではなく、もしかしたら仕事外での案件の獲得にも繋がる可能性があります。

関連記事

ページ上部へ戻る