アントレプレナーの意味は?イントレプレナーとの違いや育成方法

フリーランスの仕事などで起業を志す方は、アントレプレナーという言葉をご存知でしょうか。ビジネス用語にはアントレプレナーという言葉があり、区別する言葉としてイントレプレナーがあります。起業を考える方が理解しておくべき、アントレプレナーという言葉の意味や育成方法について紹介します。

アントレプレナーの意味は?


起業に関連するビジネス用語として、アントレプレナーという言葉があります。アントレプレナーの言葉の意味や考え方について説明します。

起業家のこと

アントレプレナーという言葉は、起業家のことを示します。ベンチャービジネスのニュアンスが強いですが、新しく事業を起ち上げて経営に乗り出した人のことをアントレプレナーと呼称します。通常の起業とは異なり、独創的なビジネスを創始するケースで用いられることが多いです。

英語・他の呼び方

アントレプレナーという言葉のスペルは、「entrepreneur」になります。英語をカタカナにする時に複数のパターンができてしまうことがあるので、アントレプリナーと表記する人も珍しくありません。またフランス語を由来としている言葉という一面もあり、フランス語の発音である「アントルプルヌール」として用いる方もいます。ともに同義の言葉であるので、使い方に区別はありません。

アントレプレナーシップとは?


起業を志す人も少なくないので、企業をするための教育や育成というものにも目が向けられています。アントレプレナー育成に関する言葉「アントレプレナーシップ」について紹介します。

アントレプレナー精神のこと

アントレプレナーシップとは、アントレプレナー精神のことを言います。ネットや技術の発達により、これまで考えもしなかった仕事が生まれようとしています。国内外で新規ビジネス創出のニーズが高まり、日本でもアントレプレナーへの意識が強くなっていると言えるでしょう。

企業や学校におけるアントレプレナー育成に関するプログラムも取り入れる動きもあります。起業に対応できる考え方やスキル指導が必要となってきます。

土台となるスキルがある

アントレプレナーシップを身につけるためには、その土台となるスキルを習得しなければなりません。土台となるスキルには、事業を成功させるためのネットワークや市場を把握するマーケット感覚が重要になります。さらに、人的資源を活用するためのマネジメント力、コンプライアンス遵守のための誠実さなども挙げられます。

全ての社会人に求められる基礎力のようなスキルとは大きく違う点が、イノベーションを起こす活力と推進力です。能力、資源、情熱をあわせ持ち、今まで社会になかったものを作り上げるイノベーション力こそ、アントレプレナーシップの大きな土台であると言えるでしょう。

日本でのアントレプレナー育成は?


利益を生み出すだけではなく、仕事そのものを新しく生み出してくれるアントレプレナーは不況の時代にこそ求められます。日本でのアントレプレナー育成はどうなっているのでしょうか。日本でのアントレプレナー育成について紹介します。

東大などのアントレプレナー教育

起業についての教育をすることは、国内でも珍しいものではなくなりつつあります。東大などのアントレプレナー教育も、企業に関する知識やポイントを指導するものが多いです。しっかりとしたアントレプレナーを輩出することで、国内における就労や景気などに対しても良い結果を期待することが出来ます。

アントレプレナー オブ ザ イヤー

アントレプレナーによるメリットを期待する声は、国内だけではなく国際的なレベルになっています。アントレプレナー オブ ザ イヤーというイベントもあり、国際的に良い影響を与えているアントレプレナーを称えるイベントがあります。日本でも同イベントに参加できるアントレプレナーを育成しようという動きがあります。

アントレプレナーとイントレプレナー


起業を目指す方は、アントレプレナーという言葉以外にも、イントレプレナーという言葉に注目をした方が良いでしょう。ともに起業家を示す言葉ですが、起業の土台や詳細に違いがあります。アントレプレナーとイントレプレナーの違いについて紹介します。

イントレプレナーは社内起業家

イントレプレナーというビジネス用語は、社内起業家を示す言葉になります。社会で新規ビジネスを起ち上げるトップともいえるアントレプレナーに対し、イントレプレナーは企業内で新しいビジネスや部門を起ち上げるリーダーのような存在と言えるでしょう。

持てるリソースに違いがある

イントレプレナーは企業における人材育成や事業拡大を目指した取り組みの一環として生み出されることが多いです。ゼロから始めることが多いアントレプレナーと違い、企業内であるため、受けられるバックアップや持てるリソースが大きくなる傾向にあります。

自由度に違いがある

イントレプレナーは、企業の支援を受けることができるため、リスクのないイメージもあります。しかしアントレプレナーと比較すると、自由度に違いがあることは否めません。企業内での取り組みであるため、企業の意向によっては制限や打ち切りが起こり得ます。同じ起業家でもアントレプレナーとイントレプレナーの差は大きいということが言えます。

まとめ

今回は起業に関連する言葉であるアントレプレナーと、イントレプレナーについて紹介しました。ともに新規ビジネスを展開することを期待されている人材ですが、仕事の規模や方向性などで完全自立した起業家であるか否かが展開の大きなポイントになるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る