尽力の意味とは?相手への使い方と自分への使い方を例文とともに解説

尽力という言葉を使ってみたことはあるでしょうか。お礼の意思や前向きな姿勢などを示すのに便利なため、ビジネスでも目にする機会が多い用語の1つかもしれません。ここでは尽力の意味や使い方を、例文も交えて解説します。

尽力の読み方は?意味は?

じんりょく

「尽力」の読みは「じんりょく」です。辞書的な意味を調べてみると

「[名](スル)ある目的の実現のために、力を尽くすこと。」「町の復興に尽力する」
(デジタル大辞泉(小学館)より引用)

とあります。辞書の例文にもある通り、「じんりょく」という名詞のあとに「する」などの動詞をつけて、一語のようにして使うこともよく見られます。

力を尽くす

既に漢字に現れているように「力を尽くす」「全力で努力する」「精いっぱい対応する」といった姿勢を伝える表現です。相手に対する尊敬や感謝の意も込めてよく用いられています。尽力という単語そのものに「尽くす」という意味が既に含まれているため、「尽力を尽くします」などの二重表現にしないように気をつけましょう。

目上の人に感謝の気持ちを込めて使う

尽力は自分に対しても目上の人に対しても使うことができる言い回しです。目上の人に対しては、たとえば自分の身内に対して何か努力をしてくれた、力になってくれた折などに尊敬と感謝の気持ちを込めて使いましょう。目上の人に対するお礼を伝えたいときに便利なために、幅広く使われているようです。

自分に対しては全力で頑張る気持ち

自分に対して使う場合は「努力する」といった意味合いとなり、ビジネスシーンでは「尽力」を用いるほうが一般的とされます。精いっぱい全力で頑張る気持ちや姿勢を伝えることができる表現です。目上の人が力を貸してくれたことに対するお礼とセットで使われることも多く見られます。先方に対して今後の決意表明をすることもできるでしょう。

尽力の使い方・例文


ここでは、尽力の使い方を例文も交えてみていきます。

ご尽力いただきありがとうございます

尽力の上に「ご」がつくと尊敬語となるため、自分に対して用いることはできません。主にビジネスシーンで、目上の相手が自分を助けてくれた、協力・努力してくれたなどの折に幅広く活用されている例文となります。

相手に対して感謝とお礼を丁寧に伝えたいときに使いましょう。相手が複数いるときには、「皆さまにご尽力いただき、心より感謝申し上げます。」といった形で使うこともできます。

尽力させていただく所存です

こちらは自分に関する言い回しで、今後も精いっぱい努力しようという意思を伝えたいときに適している例文です。自分のことになるため、まずは「ご」を取り外しましょう。

その上で「させていただく」「所存」といった言葉を加え、自分がへりくだる謙譲表現として使います。謙虚さと丁寧さも伝わりやすい表現といえるでしょう。

尽力を惜しまない

相手に対して、精いっぱいお力になりたいといった意思を伝えるときに使うことができます。目上の人から協力を依頼されたときなどに活用するとよいでしょう。

さらに「微力ながら」などの枕詞を冒頭につけることも多く見られます。あまり大きな力にはなれないが、ぜひ頑張らせて頂きたいという謙虚な姿勢も伝わりやすくなります。

尽力の類語・言い換え


尽力と似た形でよく使われるのが「努力」「お力添え」「ご協力」「ご支援」です。ニュアンスの違いを知って正しく使い分けましょう。

努力

大半の「尽力」は「努力」という単語に置き換えることができます。シチュエーションによってどちらを使うのか区別します。ビジネスでは「尽力」がよく使用される傾向にあるようです。「尽力」を「努力」に言い換えた文章で印象を比較すると、以下のようになります。

「本プロジェクトが成功するよう尽力して参ります。」
「本プロジェクトが成功するよう努力して参ります。」

前者の方がビジネスの場にふさわしい印象を受けるのではないでしょうか。後者も意味としては同じですが、若干幼いイメージもついてまわります。

お力添え

尽力とよく似た形で使われるのが「お力添え」です。目上の人に対する表現である点は共通しますが、「お力添え」の場合は努力を伴わない点が異なります。目上の人に対してお礼を伝えたいときにはどちらでも問題ありませんが、自分に対しては「尽力」を使いましょう。

また、目上の人に対してお願いごとをしたいときには、努力を相手に要求するのは違和感があるため「お力添え」が一般的とされます。少しでも協力をお願いしたい、といった切実さを伝えたいときに使いましょう。使用例は下記の通りです。

「お忙しい中恐縮ではありますが、ぜひお力添え願います。」
「この度はお力添えありがとうございました。」

ご協力

尽力とご協力は、ほぼ同じような形で使うことができます。尽力は目上の人に対する言い回しである一方で、協力は頭に「ご」をつけることによって丁寧さを増すことができるため、ビジネスでも広く使われています。よく使われる一方、少し軽めな印象も与える可能性があります。相手にあわせて「尽力」と使い分けるとよいでしょう。具体的な使用例をもとに比較してみましょう。

「サービス向上にご尽力いただき誠にありがとうございました。」
「サービス向上にご協力いただき誠にありがとうございました。」

尽力の方が丁寧で特別な印象を受けるのではないでしょうか。後者の場合、アンケートの回答など些細な協力に対しても使うため、軽めな印象になりがちです。してもらった内容に合わせて、適切な方を選択しましょう。

ご支援

ご支援もご協力と同様、シーンを問わずに使える表現となります。ビジネスで使いたいときには頭に「ご」をつけて、「ご支援をお願いできないでしょうか?」などといった形で活用しましょう。わかりやすく使いやすいからこそ、少しカジュアルな表現ともいえます。取引先や明らかな目上の人に対しては「尽力」が無難とされます。

まとめ

尽力とは目上の人に対して使い勝手が良い用語の1つです。相手に尊敬と感謝の意をこめてお礼を伝えながら、こちらの今後の真摯な姿勢も併せて伝えられる便利な言い回しでもあります。類語と使い分けながら、ビジネスに上手く役立ててください。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る