「いただけます」と「いただきます」の違いは?敬語としての使い方

丁寧な言葉で相手に伝える状況にあるとき、「〇〇いただけます」なのか、「〇〇いただきます」なのかちょっとした言葉のニュアンスの違いですが、どう使い分けたらいいのでしょうか。敬語としての使い方を含め、具体的な例文と共に解説します。

「いただけます/いただきます」の違い


「いただけます」と「いただきます」とは、一文字違いの言葉なのですが、本来の意味や使い方には違いがあるのでしょうか。いざ使うという場面で迷わないように、正しい意味をきちんと知っておくことが大切です。

いただきます(頂きます)の意味

「いただきます」は、「もらう」の謙譲語+ますとなり、「もらいます」を丁寧な敬語表現にしたものです。「〇〇いただきますようお願いいたします」のように使用し、へりくだってお願いするような場面で使われます。「〇〇して欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。

いただけます(頂けます)の意味

「いただけます」は、「いただけ/ます」と分割することができます。上記と同様に「もらう」の謙譲語「いただく」と、可能形「〜できる」の「〜ける・れる」が付いた形で「いただけ」となり、さらにプラスして「ます」という文になります。「〇〇いただけますか?」のように使用し、「〇〇できるならして欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。

「いただけます」がより丁寧

それぞれの意味からもわかるように、どちらも丁寧な表現であり、お客様や目上の方に向けた言葉として適切です。微妙なニュアンスの違いですが、「いただけます」の方が「可能ならばお願いしたい」という意味のため、「いただきます」よりも、よりへりくだった表現であるといえます。

「いただけます/いただきます」の例文


「いただけます」と「いただきます」の例文について見ていきます。日常的に使用されている言葉ですが、ちょっとしたニュアンスの違いによって、受け取る側の印象が変わってくることもありますので、気を付けて使用するようにしましょう。

「メールをご確認いただけますか」

「メールを確認して頂くことは可能ですか」というお願いしたい時に使われる表現です。ここでは「いただけます」を使っていますが、「いただきます」を使った場合は、「メールを確認していただきますようお願い致します」のように使用し、「いただきますよう~」という表現を使うことが多いです。

「お水を一杯いただけますか」

「お水を一杯もらうことは可能ですか」という意味で、上記の例文同様お願いしたい時に、より丁寧に柔らかい印象を与える表現です。「いただきます」を使う場合、問いかけの文となりますので、「お水を一杯いただきたいのですが、よろしいですか?」のように使用します。

「書類の内容をご確認いただけますか」

「書類の内容を確認してもらうことは可能ですか」という意味で使われています。「出来たらお願いしたい」という気持ちが表現されていて、とても柔らかで丁寧な文です。「いただきます」を使った場合「書類の内容をご確認していただきますようお願いいたします」のようになります。

間違った使い方


接客や電話応対などで、よく耳にする言葉でも、敬語の使い方として間違っている場合があります。間違っているのに使ってしまいがちな言葉の例文と、間違いの理由、言い換えについて例文を交えて見ていきます。

「〜いただけますでしょうか」

「いただく」と「でしょうか」に分解できます。「いただく」は「もらう」の謙譲語です。「〜でしょうか」は「です」の疑問形です。謙譲語+丁寧語の組み合わせは二重敬語と呼ばれており、日本語としては誤りです。周りくどい表現のためできるだけ避けるのが無難です。

「〜いただけますかが正しい」

上記の「~いただけますでしょうか」を正しい文に言い換えると「~いただけますか」となります。例文として「ご確認していただけますか」、「〇〇を一ついただけますか」のように「もらう」の謙譲語「いただく」を使い、語尾を「~ますか」にして疑問文にしています。

いただけますかの類義語


「いただけますか」の類義語にはどのようなものがあるでしょうか。ここでは特に使用頻度の高い「くださいます」と「よろしかったでしょうか」について解説します。なんとなく敬語を使うのではなく、意味や正しい使い方知っておくことが大切です。

「くださいます」

「くださる」は「与える」の尊敬語で、語尾を変化させて「くださいます」となります。目上の方がしたことについて敬語で表現するときに使います。「部長が〇〇をくださいました」「部長が〇〇をくださった」のように使います。

「よろしかったでしょうか」

「よろしいでしょうか」の方が正しい言い方であるとされていますが、過去にあった事柄について再確認する場合に使う言葉として誤りではありません。レストランなどで、注文したメニューを再確認するような際には、現在の事実についての再確認となりますので「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」を使います。

まとめ

「いただけます」、「いただきます」について詳しく見てきました。ちょっとしたニュアンスの違いで相手に与える印象が変わってくるということを認識することが大切です。相手を敬う気持ちが強すぎて二重敬語になってしまわないように、敬語の意味と使い方を意識して使うようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る