「コミット」ってどういう意味?いつ・どんな時に使うのかを解説!

「コミット」という言葉を耳にしたことがある方は多いかもしれません。「結果にコミットする」というような使われ方をするのですが、主にビジネスシーンでよく使用されています。この記事では、コミットの意味や使い方、そしてコミットが付く他の言葉等も合わせてご紹介します。

そもそも「コミット」ってなに?

「コミットメント」の略

コミットメントとは、「関わり合うこと」「約束」「宣誓」といった意味を持つ言葉です。それを略したのがコミットという言葉であるため、コミットとコミットメントはほぼ同じ意味を持つことになります。

英語では「commit」

コミットの英語表記は「commit」になり、本来の意味は「委託する」「委ねる」「引き渡す」といった形で使用される言葉です。日本語のコミットとそれほど意味は変わらないといえるでしょう。

「コミット」ってどう使う?

ビジネス用語として使われる

コミットという言葉は最近ではビジネス用語としてよく使われるようになりました。「コミットする」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないかと思うのですが、「コミットする」とは「宣誓する」「約束する」といった意味になります。厳密に定義するのであれば、日本語でのコミットはもう少し重い意味を備えた「(責任をもって)約束する」というような形になるでしょう。

IT用語としての「コミット」

また、IT分野でもコミットという言葉は頻繁に使用されます。IT分野で使われる場合のコミットとは、データベース等に対するトランザクション処理が成功した際にその変更を確定させることを意味します。

処理が成功してもそれをデータベースに反映させるまでは実際に処理が行われたことにはなりません。そのため、処理が成功した際はしっかりと結果をコミットさせる必要があります。

「プロミス」との違い

同じく「約束する」という言葉にはプロミス(promise)というものがあります。コミットも「約束」という意味を持つ単語ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

プロミスは「言葉で約束をする」という比較的実体性を意識した言葉です。対して、コミットは「言葉にはしなくても気持ちの上で約束する」というものになるため、実体性よりは本質性を意識している言葉といえるでしょう。

「コミット」を使った例文

「結果にコミットする」

コミットの具体的な使い方としては、「結果にコミットすることが重要」というものがあります。意味としては「結果に対して責任を持って取り組むことが重要」というものになるでしょう。「結果にコミットする」というのは、少々重い意味で、「責任を持って参画する」という形で使われます。

「コミットできない/しない」

他にも、「結果にコミットできない人とは一緒に仕事ができない」「何故彼はコミットしないのか」という使い方も想定されます。前者は「結果に対して責任を持って取り組めない人とは一緒に仕事ができない」、後者は「何故彼は(仕事に対して)責任を持って取り組まないのか」という意味になるでしょう。両者とも、ビジネスシーンにおいて使用されることが想像できます。

「コミットメントを守る」

コミットメントもコミットとほぼ同様の意味で使われる言葉ですが、コミットメントは名詞であるため「約束」という意味になります。しかし、通常の約束ではなく、コミットと同等の熱量を持って使用される言葉になるため、「(ある程度の責任を伴った)約束」という形で使用されるでしょう。そのため「コミットメントを守る」とは、主に自分が表明したことを守るという意味で使われます。

「コミット」の付く言葉

「デコミット」

コミットの付く言葉に「デコミット」というものがあります。これは「コミットしたものを守れなかった」時に使われる言葉です。自分でそれなりの熱量を持って表明したことを守れないということは、周囲に対する信用や評判を落としてしまうことに繋がるため、なるべくデコミットはしないよう心掛けましょう。

「コミットチャージ」

コミットの付く言葉には「コミットチャージ」といったものも存在します。これは「コンピューター等で現在起動しているプログラムが必要としているメモリ量の合計」といった意味になります。同時に起動しているプログラムが多ければ多いほどコミットチャージも多くなるでしょう。

「コミットメントライン」

そしてコミットが付く言葉には「コミットメントライン」というものもあります。コミットメントラインとは、ある程度の範囲を予め設定しておき、その範囲内であればいつでも実行可能という契約における枠のことを指します。主に金融分野で使われる言葉であり、「融資可能枠」という言葉に置き換えることが可能です。

まとめ

コミットというのは、基本的に「責任を伴った表明」という意味になるため、しっかりと結果に責任を持つことができる場合に使用しましょう。口先だけで約束するのは誰でもできますが、実際に行動や結果を伴わせるためには相応の覚悟が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る