バイアスとは?ビジネスや教養として覚えておきたい用語も解説

皆さんは「バイアス」という言葉をご存知でしょうか?「ジェンダーバイアス」や「認知バイアス」のように、複合語としても使われることが多く、ビジネスシーンでも耳にする機会が増えてきました。この記事では「バイアス」という言葉の意味や使い方について詳しく解説していきます。

バイアスとは


それではまず、「バイアス」という言葉の意味についてご紹介します。

英語では「偏り」を意味する

「バイアス」は英単語の「bias」から来ているカタカナ語です。「bias」の意味としては、傾向・先入観・偏見などが挙げられます。

日本でカタカナ語として使われる場合もそのまま「先入観、偏見」を意味することが多いですが、「斜めに切った布地」や「トランジスタなどにあらかじめ電流を流しておくこと」などといった意味もあります。

日常生活では心理的な意味で使われる

前述した意味のうち、多くの場合は「先入観、偏見」の意味合いで使われます。「彼の意見にはバイアスがかかっている」と言った場合は、偏見や先入観が混じった意見であるということを指しています。

ビジネスでバイアスがかかるとどうなる?


次に、様々なケースにおける「バイアス」のご紹介をしていきます。ビジネスシーンでは常に客観的な意見が求められることが多いですが、意外とバイアスがかかっているものも存在します。

採用面接での不公平さ

採用面接などでは、できるだけ客観的な評価が必要とされますが、評価対象に性格や意識などの要素が含まれるため、採用担当者のバイアスがかかっていることもあります。例えば、採用担当者がスポーツを好む性格の場合、スキルは全く同一の応募者を比較し「体育会系の方がコミュニケーション能力に優れている」と判断することがあるかもしれません。

これらは「類似性効果」や「同族嫌悪」といい、心理学でバイアスの一種として扱われるものです。本来は「体育会系=コミュニケーション能力が高い」とは限らないものの、自分と近しいタイプの人間を好んでしまうバイアスがかかり、不公平な判断をしてしまうことがあります。

都合のいい統計を信じてしまう

アンケート結果などの統計情報やデータを見る際に、バイアスがかかってしまうこともあります。上記でも記載した「類似性効果」などが、統計情報やデータに対して影響を及ぼしていることもあります。

例えば、新商品の企画を考える際にユーザーの意識調査を行った場合、自分と近しい属性のユーザーから得られた意見を過大評価してしまうことなどが挙げられます。また、「若い女性はピンクなどの可愛い色を好む」という先入観から、十分なリサーチをせずに製品のカラーを決定することなど、様々なバイアスがかかっているケースが存在します。

心理学用語としてのバイアスと種類


上記のように、様々な場面でバイアスがかかっていることがありますが、心理学ではこれらのパターンを分類して定義付けています。それらをいくつかご紹介していきます。

認知バイアス

代表的なものとして「認知バイアス」が挙げられます。認知バイアスは、思い込みや先入観によってものごとの受け取り方や判断に差異が発生することを指します。上記で挙げた例の「採用面接での不公平」「都合の良い統計を信じてしまう」などは認知バイアスの一例です。

認知バイアスの中にも様々な種類のバイアスが存在し、下記で詳しく解説しますが「確証バイアス」「後知恵バイアス」なども認知バイアスの一つです。他にも、特徴的な一面に影響され他の特徴の評価が歪められる「ハロー効果」や、意見や判断が多数派に流れてしまう「バンドワゴン効果」なども挙げられます。

確証バイアス

上記の通り、確証バイアスは認知バイアスの一種で、自身に都合の良い情報だけを切り取ってしまうことです。議論で自分の意見に反論された際に、自分の意見を支持するような情報ばかり集めてしまうことが代表例です。

例えば、血液型と性格の関係性においては確証バイアスが働いています。実際にはA型でも性格は様々ですが、几帳面な部分のみに注目して「やっぱりA型だから几帳面だ」と判断し、「A型=几帳面」という認識を強めてしまうことがあります。

研究者などでもこのようなバイアスが働いてしまうことがあるため、研究者は確証バイアスを避けるために自分の意見とは反対のものを集めることがあります。

後知恵バイアス

ある事象が発生したときに、それが事前に予測可能だったと考えてしまうことを「後知恵バイアス」と呼びます。投資を行う際に、株価が下がった後で「やっぱり下がると思った」のようにバイアスが働いてしまうことがあります。

本来は、その事象が発生する前の段階では今後の展開が予測できていなかったのに、結果が分かると「やっぱりね」と思ってしまう経験は身近にあるかと思います。結果論でものごとを捉えてしまわないように、後知恵バイアスの概念を理解し「自分はバイアスがかかってしまっているな」と気づけるようになると良いでしょう。

バイアスを使った様々な言葉


これまで「バイアス」の様々な種類について紹介してきました。次に、「バイアス」の複合語について説明していきます。

メディアバイアス

新聞やテレビなどのマスコミや各種メディアが情報を伝える際に、同じ事柄でもメディアによって論調が異なる場合があります。得られた情報ソースに対して、どの部分をどのように伝えるかによって偏りが生まれます。これを「メディアバイアス」と呼びます。

例えば、あるスポーツ選手が引退を発表したことに対して、「もう限界だった」「まだまだ活躍できた」など論調がメディアによって異なることがあります。情報の発信側でバイアスがかかっていることを理解し、受け手側もそれに引きずられてしまわないよう注意が必要です。

ジェンダーバイアス

男女の性別において、固定観念を元に役割などを定めてしまうことを指します。「男性は外で働き、女性は家事・育児をやるべき」といったものがジェンダーバイアスの代表例として挙げられます。また、「力仕事・危険な仕事は男性がやるべき」「女性は常に化粧をすべき」など、いわゆる「男らしさ」「女らしさ」といった概念もジェンダーバイアスに該当します。

無意識(アンコンシャス)バイアス

上記のようなバイアスは、ビジネスシーンにおいて組織の課題として問題視されています。特にジェンダーバイアスにおいては、日本の文化や風土に根付いていたものなので、現代でも無意識のうちにバイアスが働いているケースがあります。これを「無意識(アンコンシャス)バイアス」と呼びます。

無意識のうちに働いているバイアスは、本人が良かれと思ってやっている場合もあり、問題視されずに放置してしまうこともあります。まずは「バイアスがかかっている」ということを認識し、「解決しないといけないものだ」という意識を持つことが重要です。

まとめ

「バイアス」という言葉の意味や様々な種類について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。自分では「当たり前」と思って判断していたことも、実はバイアスが働いていたかもしれません。常に冷静な判断を下せるように、この記事でバイアスに関する知識を深めてもらえれば幸いです。

関連記事

ページ上部へ戻る