アサインとは?ビジネスシーンで耳にする言葉を詳しく解説!

アサインという言葉は様々なシーンで頻繁に使用されています。人によっては仕事上でよく使うかもしれませんが、分野が異なればまた違う意味になってしまうのでしょうか。この記事では、「アサイン」という言葉の意味や使用例等を見ていきたいと思います。

「アサイン」とは

英語の「assign」の意味

アサイン(assign)という言葉は元々英語であり、本来の意味は「割り当てる」「あてがう」「与える」といったものになります。ビジネスシーンで使用される場合もその本来の意味をベースにした使い方が多いでしょう。

ビジネス用語の「アサイン」

ビジネス用語として「アサイン」という言葉が用いられる場合、多くは「割り当て」という意味になります。例えば誰かがAというプロジェクトのメンバーになった時に「プロジェクトAにアサインされる」という風な使われ方がされます。

ホテルや航空会社での「アサイン」

ホテルや航空会社等でも「アサイン」という言葉が使われます。この場合のアサインは「(部屋や座席の)割り当て」という意味になるため、「102号室をアサインする」「窓際の席をアサインする」という使い方になるでしょう。

コンピューター用語の「アサイン」

コンピューター用語にも「アサイン」という言葉が存在します。PCの何かしらのキーを特定の処理に割り当てることをアサインと呼び、それによって処理の効率化を図ります。

フィギアスケートの「アサイン」

フィギュアスケートの世界にも「アサイン」という言葉があり、どの選手がどの大会に出るのかという割り当てのことを意味します。こちらも本来の意味である「割り当て」がベースになっているといえるでしょう。

「アサイン」のつく言葉

アサインメント

先程から「アサイン」という言葉を多用していますが、本来は「アサインメント」という言葉を略して「アサイン」と使っていることが多い傾向にあります。

「assign」は元々動詞であるため、「アサインする」という表現では不自然です。しかし、「アサインメント」は「割り当て」という意味を持つため、「アサインする」と表現しても何らおかしくはないでしょう。

キーアサイン

キーアサインはPC等のキーボードの任意のキーに特定のショートカットを割り当てることを指す言葉です。上述したコンピューター用語でのアサインとほぼ同じ意味になるでしょう。

シートアサイン

シートアサインとは、航空会社等が顧客に座席を割り当てることを意味する言葉です。先程ご紹介したホテル・航空会社でのアサインと同じ意味になり、シートアサインを略してアサインと呼んでいます。

ルームアサイン

こちらも「部屋割り」という意味になり、先程ご紹介したホテル・航空会社でのアサインと同じ意味になります。厳密に定義すれば「ルームアサイン」と呼ぶべきなのでしょうが、基本的には略してアサインと使用しても問題ないでしょう。

ハイフロアアサイン

ハイフロアアサインとは、ホテルに泊まる際等に空いている中でより良い部屋を割り当てることを指す言葉です。宿泊予約の際に「ハイフロアアサイン希望」と伝えると、通常よりも良い部屋が割り当てられる可能性もありますが、どこでも通用するわけではないことを理解しておきましょう。

アサインバック

アサインバックとは、商標をまず先行権者に登録してもらい、その後その商標を自分に譲ってもらう行為のことを指す言葉です。先行の商標と類似であると判断された場合は高い確率で商標登録が不可となってしまうため、時にはアサインバックを行うことも大切になるでしょう。

「アサイン」の正しい使い方と例文

プロジェクトにアサインされた

「プロジェクトにアサインされた」というのは「プロジェクトのメンバー割り当てられた」という意味になります。「あのプロジェクトにアサインされました」等の使い方が考えられるでしょう。プロジェクトという大きな単位ではなくとも、「今日の開発部のミーティングにアサインされた」という使い方もできます。

ホテルの最上階の部屋をアサインする

こちらも「割り当て」という意味になるため、「ホテルの最上階の部屋を割り当てる」という意味になります。アサインは基本的には「割り当て」という意味で使われることが多いため、意味が分からない場合はそれをベースに考えると良いでしょう。

飛行機は窓側の席をアサインして

こちらは「飛行機は窓革の席を割り当てて」という意味になります。飛行機は長時間乗る乗り物でもあり、窓側か通路側かにこだわりのある方も多いでしょう。そのため、ビジネスシーンで「飛行機は〇〇をアサイン」するという注文を受けることがあるかもしれません。

F3キーには印刷がアサインされている

「F3キーには印刷機能が割り当てられている」という意味になります。似たような意味の言葉で、キーバインド、キーカスタマイズというものがあります。

「アサイン」の類語

割り当て・割り振り

「割り当て」というのはアサインが持つ意味そのものであり、ほぼ同じような用途で使われます。一方で「割り振り」という言葉もありますが、こちらはただ単に分けるだけというイメージです。対して「割り当て」という言葉には「相手にタスクや役割を与える」という意味が暗に含まれています。

任命する

「任命する」も「アサインする」と同じような意味になりますが、こちらはより重い意図を込めて使われる場合が多いでしょう。「◯◯に任命する」というと、ただ単に仕事を割り当てられただけではなく、特別に重要な役割を与えているというイメージがあるのではないでしょうか。

「アサイン」の反対語


基本的に「アサイン」という言葉の反対語は存在しません。あえていうのであれば「リリース」がそれに近いニュアンスを持っていますが、元々の英語の「assign」にも反対語や対義語は存在しないため、明確な反対言葉はないと考えて良いでしょう。

なお、「任命する」という言葉に関しては「解任する」という対義語が存在します。こちらは「リリース」という言葉とイメージが近いのではないでしょうか。

まとめ

アサインという言葉は、ビジネスシーンやプライベートでもよく使われる言葉ですが、基本的に意味は一つしかないため「割り当て」というものさえ覚えておけば良いでしょう。知らない使われ方をしていたとしても、「割り当て」をベースに考えることで意味を掴むことができるのではないでしょうか。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る