オポチュニティの意味とは?チャンスとの違いや例文、使い方を解説!

ビジネスシーンで「オポチュニティ」という言葉を耳にしたことがある人も多いはずです。英語では「好機」「機会」という意味ですが、チャンスとの違いや詳しい使い方について、しっかりと把握できているでしょうか?この記事では例文を交えて、「オポチュニティ」という言葉の意味や使い方を解説していきます。

オポチュニティの意味は?


まずは一般的な「オポチュニティ」の意味について説明します。「オポチュニティ」は英語で「機会、好機」といった意味で、新聞や論文などの書き言葉でよく使われます。口語表現(話し言葉)で使われることは、あまり多くはありません。

オポチュニティーと記す場合もある

日本でカタカナ語として使われる場合は、「オポチュニティ」または「オポチュニティー」と記されますが、表す意味は同じです。また、どちらが正しくてどちらが誤りというものでもありません。特に意識して使い分ける必要はないでしょう。

英語では「opportunity」

英単語としてのスペルは「opportunity」です。意味はカタカナ語で使われる場合と同じく、「機会、チャンス」といった意味合いになります。ただし、日本語の「オポチュニティ」を読み上げるような発音だと伝わらない可能性があります。

「opportunity」は発音記号で表すと、[ὰpətjúːnəti]です。まず、最初の[ὰ]という記号ですが、これは「オ」に若干「ア」を混ぜたような発音を示しています。

次に[tjuː]の発音は「チュ」ではなく「テュ」または「トュ」という感じです。このように、カタカナ語で慣れている単語を英語でそのまま発音しても、伝わらないケースがありますので注意してください。

意味は努力で得た「機会」「好機」

「オポチュニティ」はよく「チャンス」と混同されがちですが、実は若干ニュアンスが異なります。「チャンス」には「偶然得た機会、幸運」なども意味として含まれますが、「オポチュニティ」は「努力により生まれた機会」というニュアンスです。

ビジネス用語では「営業の提案機会」

ビジネスシーンで使用される場合は、「営業での提案機会」などを表すことが多いです。商談によって顧客から得た要望や条件など、今後取引に発展していきそうな機会を指します。

似た意味を持つチャンスの違いは?


上記でも軽く触れましたが、次は類義語としてよく使われる「チャンス」との違いを解説していきます。

チャンス(Chance)の意味

「チャンス」も「オポチュニティ」と同じく「機会、好機」といった意味ですが、ニュアンスとしては「(幸運にも与えられた)機会」のように「運」の要素がやや強いです。よって、自分でも思いもよらなかった機会・好機に対しては「チャンス」を使います。また、天候や自然災害のような「不確かなもの」についてもチャンスが使われる場合があります。

オポチュニティーとチャンスの違い

それに対して、「オポチュニティ」は運のような偶然性を含まないニュアンスで使われます。ある目的や願望に対して、それを達成するのに都合の良い機会という意味を含みます。

例えば、契約件数を上げるためにある会社に提案をしたいと思っている状況だと、地道にアプローチして商談の機会をもらえた場合は「オポチュニティ」です。自分が何もしていなくても相手から取引の要望をもらえた場合などは「チャンス」が意味として近くなります。

オポチュニティーの例文や使い方は?


次に、「オポチュニティ」の使い方について例文を交えてご紹介していきます。

オポチュニティコスト

オポチュニティコストとは、何かを選択する場面で、結果として得られなかった利益のことを指します。例えば、10万円を銀行に預けた場合、銀行での利子が1万円得られたが投資に回せば利益が5万円得られたとすると、4万円の差分がオポチュニティコストに該当します。

例文「投資を始めたら10万円のオポチュニティコストが発生した」

オポチュニティレポート

オポチュニティレポートは営業機会をまとめて報告する資料のことです。顧客との商談の結果やもらった要望をまとめることで、A社から得た話をヒントにB社に提案するなどのように、提案機会や商品開発を進めることができます。

例文「オポチュニティレポートを元に、画期的な新商品を開発した」

オポチュニティシーカー

英語圏のビジネス用語として使われる言葉で、「opportunity」+「seek(探す)er(人)」という複数の単語から成り立っています。意味としてはそのままで「ビジネス機会を探している人」です。投資やネットワークビジネスの業者が活動する市場を指して「オポチュニティシーカー・マーケット」と呼ぶこともあります。

例文「彼は会社を辞め、オポチュニティシーカーとして活動している」

オポチュニティアセスメント

ビジネス機会を分析することを「オポチュニティアセスメント」と呼びます。新商品を開発する際などに、市場機会を分析し自社の経営資源がマッチするかどうかを調査することを指します。

例文「新サービスを展開するにあたり、オポチュニティアセスメントを実施する」

グローバルオポチュニティ

金融や投資関連で主に使われる言葉で、「国際的な市場機会」といった意味になります。外国為替や海外の株式投資などを始める際は「グローバルオポチュニティ」を求めたものと考えることができます。

例文「グローバルオポチュニティを求めて海外支店の進出を始める」

キャリアオポチュニティ

人事制度などで使われ、「仕事で経験を積む機会」を意味しています。キャリアオポチュニティを創出することが人材育成に必要なことと考えられています。

例文「OJT制度はたくさんのキャリアオポチュニティを生むことができる」

まとめ

日常会話で使うことはあまりありませんが、ビジネスシーンでは「オポチュニティ」という言葉が使われることが増えています。「チャンス」とは「偶然性があるかないか」で使い分けることや、「オポチュニティコスト」「オポチュニティレポート」などの言葉の意味をしっかりと把握し、自信を持って使いこなせるようにしておきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る