自分にあった転職のベストタイミングを見極める方法とは?

  • 2017-8-30

転職を考えている方が気にすることといえば、現在の仕事を辞めるタイミングや、転職に有利な時期などだと思います。 さまざまな要因から転職を考えると思いますので、ひとえにこの時期が転職に適しているといえる方はいないでしょう。 今回はさまざまなタイミングからの転職について紹介します。

タイミングを見極めて転職しよう


転職にはさまざまな要因があることから、その要因に適したタイミングがありますが、その見極めはどのようにするべきなのでしょうか。
よく言われているタイミングには以下のものがあります。

一定の年齢を迎える前

企業は若ければ若いほど受け入れやすい傾向があります。
そのため一定の年齢を迎えると、転職のハードルが上がってしまいます。
例えば25歳は第二新卒でなくなることから企業の受け入れが悪くなることがあります。
その5年先の30歳では企業から求められるスキルが大幅に高くなることから転職のハードルが上がると言われています。
さらに5年先の35歳では転職の限界年齢説が噂されるほどハードルは上がってしまいます。
このことから転職は若ければ若いほど良いタイミングといえます。
また上記の年齢が近づいている方は早急な転職をおすすめします。

ボーナスを貰えるタイミング

現在の職場でボーナスがある方はボーナス支給月の退職をおすすめします。
今までしっかりと働いてきた分の見返りなので、貰うことが悪いと思う必要はありません。
しかし、いつも通りに働いてボーナスを貰った後すぐにやめると、職場に迷惑がかかる可能性があります。
しっかりと後任へ引継ぎをして、職場に迷惑がかからないような準備をしておきましょう。
また早急な転職をすることで、転職先で次回のボーナスがもらえることがあるので、現在の職場はボーナスを貰った後、すぐに辞められるように引継ぎなどの準備しておきましょう。

繁忙期を避ける

繁忙期での転職は引継ぎがうまくいかない場合や、転職に伴う送迎会などを開いてもらう場合お世話になった方へ迷惑が掛かってしまう恐れがありますので、タイミングとしては避けるべきです。

その他にもさまざまなタイミングを聞くことがありますが、ご自身に合ったタイミングをしっかりと見据えることが必要です。

現職から考える転職のタイミング

万年筆,ノート,kuguru,クグル,くぐる
さまざまな要因がある中で、現職から転職のタイミングを考える場合どのような要因があるのでしょうか。
職種によって違いはあると思いますが、以下のような要因が考えられます。

勤続年数

昔から言われていることの一つで、「3年は我慢しろ」なんて言われることがあります。
企業では短期での転職を繰り返していると、受け入れを拒否される可能性が上がってしまう恐れがあります。
そのため3年とは言わずとも、2年間の在職経験があると企業側の印象が変わることでしょう。
また同業種などへの転職を希望している場合は、即戦力として期待してもらえることもあります。

昇格や移動、資格取得がある場合

昇格が決まっている方はそのまま昇格後、すぐに辞めてしまうと会社に迷惑が掛かってしまう恐れがあるので、もう一度ご自身が管理職に就きたいのか、現場で働きたいのか考え直してみましょう。
もし現場で働くことを選ぶのであれば、辞めることを伝え、昇格の話を無くしてもらい転職することをおすすめします。
移動が決まっている方は移動後、すぐの退職は昇格同様会社に迷惑が掛かる恐れがあります。
そのためこちらも退職の意思を伝え、移動の話を無くしてもらいましょう。
転職先に資格取得がある場合は、現職で取っておくことをおすすめします。
もし退職後、資格取得に力を入れ、取得したとしてもその期間がブランクと判断され、転職が不利になってしまうことがあります。
また転職までの生活費が入らないことも不安要素として残ります。
取得までの時間はかかってしまいますが、後々を考えると取得後の転職が最善だといえます。

給料面から考える

転職を考える要因として多いものです。
正当な評価がもらえないままでは、キャリアアップをする気力もだんだん失われてしまいます。
ご自身の将来のためにも正当な評価がもらえないときは転職のタイミングといえます。
しかし、転職したことにより給料がさらに低くなることがありますので、転職先の選択も重要になります。
いつまでも評価されない会社にいるよりも一度リセットするつもりで転職を考えることも重要です。
またいわゆるブラック企業にいる方はどんなに努力しても給料が上がることはほとんどないと考えていいでしょう。
仕事量と給料とのバランスが合わないと思った場合は、転職のタイミングです。

私生活から考える転職のタイミング


では私生活から考える転職のタイミングはどういったものがあるのでしょうか。
私生活はその人その人で、大きく違うので、さまざまな要因が考えられます。
今回は一般的な私生活で起こる転職の要因を紹介します。

住宅ローンを組んだとき

もし転職後に住宅ローンを組もうとすると、勤続年数が浅いことから銀行の審査が通らず、住宅ローンが組めないことがあります。
また求職中もローンを組むことができません。
現職で住宅ローンを組み退職する場合は1つ注意しなければならないことがあります。
それは会社から住宅資金の融資を受けている場合です。
もし住宅資金の融資を受けた状態で退職してしまうと、まとめて返済しなければいけないので注意しましょう。

出産をしたとき

出産をした場合、男性は会社に育児休暇を申請すると思いますが、転職後1年以内は申請できない恐れがあるので、出産後すぐに転職するのはおすすめできません。
女性の出産休暇にはそのようなことがないので、出産後すぐに転職しても、転職後出産しても問題はありません。
しかし、出産を転職後にするか前にするかでそれぞれメリット、デメリットがあります。
転職前の出産によるメリットはすぐに出産できることです。
また勤続年数が長ければ長いほど、出産休暇や育児休暇が取得しやすいこともメリットといえます。
デメリットとしては、乳幼児がいる状態での転職活動は難しいことと、転職先が見つかりにくいことです。
転職後の出産によるメリットは出産後の職場復帰がスムーズなことや、出産休暇や育休が取りやすい職場を選ぶことができるなどです。
デメリットとしては育児休暇が1年取得できないため、すぐに出産できないことや、周りの協力を得るために、良好な関係を作らなければいけないことです。

転職市場の状況を見極めて転職を


転職のタイミングとして最も重要なことは転職市場がどうなっているかの見極めです。
転職市場を知らずに転職をしようとしても転職先は見つからないことでしょう。
転職市場を見極めるためにも以下のことに注目しましょう。

求人が出やすい時期

一般的に中途採用の求人が出やすいといわれているのは、年度の切り替えである3、4月と9、10月です。
この時期を狙って転職するのも良い方法だと言われています。
なぜ求人が出やすくなるのかというと、退職者が出たり、新しい企画の立ち上げなどで会社が活発になることで人員が不足してしまうからです。
そのため求人が多くなると同時に採用倍率が高くなることも忘れないようにしましょう。

自分の売り時はいつなのか

ご自身の売り時についても考える必要があります。
絶好の売り時は企業が求めるスキルやキャリアが合ったときです。
そのためキャリアの低い20代が焦って転職するよりも、じっくりとキャリアを積んだ30代での転職がいいときもありますし、若い力が欲しい企業では、低年齢層が転職に有利のときもあります。
ご自身が目指す業種の事情に詳しい専門家や知り合いなどに相談して、絶好のタイミングを逃さないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
さまざまな要因で転職を考えている方が絶好のタイミングを逃さないように、ご自身のことをもう一度よく考えましょう。
思い付きや一時の気の迷いで、タイミングを見計らず転職してしまうと後々ご自身が苦労することになります。
しっかりとした選択をすることで、ご自身が満足できる転職のタイミングを見つけることができます。

ページ上部へ戻る