ベストプラクティスの意味とは?ベンチマーキングとの違いや例文紹介

ビジネス用語の一つにベストプラクティスという言葉があります。プラクティスという言葉で練習を想像する方も多いでしょう。ビジネスでは別の意味合いがあるベストプラクティスと、セットで覚えておきたいベンチマーキングについて紹介します。

ベストプラクティスとは?


ビジネスシーンで活動を続けると、ベストプラクティスという言葉を見聞きすることが多くなります。英語には一つの単語にも複数の意味があることが多いです。ビジネスシーンにおけるベストプラクティスの意味や使い方について紹介します。
 

英語ではbest practices

ベストプラクティスは、英語から生まれたビジネス用語です。英語でベストプラクティスをつづると、best practicesになります。最大限の練習や努力というニュアンスにもなりますが、英語のpracticeには別の意味もあることを忘れてはいけません。

効率的な実践方法・最善の事例

ベストプラクティスに用いられるpracticeには、「習慣や実践・経験」といった意味があります。ビジネス用語で用いられるベストプラクティスの意味は効率的な実践方法や最善の事例を示すことが一般的です。

ビジネスでは「最優良の成功事例」

最善に事例というニュアンスがあるため、ベストプラクティスというビジネス用語は主に最優良の成功事例を紹介するシーンで用いられています。結果や成果を表すことが多いビジネス用語と言えるでしょう。

日本語では「最善慣行・最良慣行」

ベストプラクティスは、日本では最善慣行、最良慣行と訳すことが多いです。主に商談やビジネスにおけるプレゼンなどで、クライアントに実績や成果をアピールする効果が狙えます。状況によってもニュアンスが変わる言葉なので、使い方にも注意が必要です。

日常的にはベタープラクティスを使う

ベストプラクティスは、これまでの成果や習慣に対する表現になります。現在行っていることや、改良の余地があるものに対してはふさわしくありません。日常的にはベタープラクティスという言葉を用いることが一般的です。

ベンチマーキングとの違いって何?


ベストプラクティスという言葉は、過去の成功事例や、経営やビジネスにおける慣行を示す言葉です。ベストプラクティスとは違う言葉で、ベンチマーキングがあることをご存知でしょうか。おさえておくと役立つベストプラクティスとベンチマーキングの違いについて紹介します。

ベンチマーキングの意味

ベンチマーキングは、企業のサービスや慣行を分析する活動を示すビジネス用語です。ビジネスを続けていく上では、同様のサービスを提供する競合会社や企業の存在は避けられません。ベストプラクティスを実現するために、分析のベンチマーキングはかかせないと言えるでしょう。

ベストプラクティスとの違い

ベンチマーキングとベストプラクティスの違いは、分析と行動の違いと言えます。他社のベストプラクティス(成功事例)を分析(ベンチマーキング)し、自社に役立つ情報を取り入れて、最良慣行(ベストプラクティス)という行動に流れることが理想なビジネス活動です。

ベストプラクティスの使い方と例文


ベストプラクティスというビジネス用語は、いくつものビジネスシーンで用いられています。状況別に用いられているベストプラクティスの使い方と例文について紹介します。

ベストプラクティスを導入

プロジェクト会議やプレゼンテーションなどで多い例文として、「ベストプラクティスを導入」というものがあります。これは、いままでの成功事例のベストプラクティス分析をして、今後のビジネスに慣行を取り入れるというニュアンスがあります。

例:「新規事業に、過去のベストプラクティスを導入する。」

ベストプラクティスを紹介

自社で提供するサービスの営業、クライアントへのアドバイザー業務などを行っている方が「ベストプラクティスを紹介します」というフレーズを使うことがあります。自社のサービスや製品による成功事例やベストプラクティス分析などを紹介する目的が多いです。

例:「本サービスをお使いいただくにあたり、同業他社のベストプラクティスを紹介いたします。」

ベストプラクティスを参考

同じチームや部署にいるメンバーへの指示として、「ベストプラクティスを参考に」という表現があります。仕事の進捗状況が思わしくない時に、過去の事例からベストプラクティス分析するようにというニュアンスが含まれています。

例:「前任の先輩のベストプラクティスを参考にして提案に行く。」

ベストプラクティスを共有

同じ仕事や成果を目的として相手に、「ベストプラクティスを共有しよう」という提案も一般的です。目的としている状況に近いベストプラクティス分析をして、取り入れられる可能性が高い情報や慣行を共有することで効率が高くなります。

例:「次月の営業部の成績を上げるため、メンバーが今月のベストプラクティスを共有する会を開こう。」

まとめ

今回は企業に用いられているビジネス用語、ベストプラクティスについて紹介しました。企業の行いや成果について表現するベストプラクティスは、分析を意味するベンチマーキングとセットで意識すると効率の良いビジネスにつなげることができます。日頃のビジネス活動に取り入れてみることをおすすめします。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る