「不躾」の意味とは?自分や相手への使い方や例文・類語を徹底解説!

ビジネスで使われる「不躾(ぶしつけ)」という言葉をご存知でしょうか。「不憫な質問」「不憫ではございますが」など、不躾は使い分けがポイントになる言葉です。不躾の使い方や例文について紹介します。

「不躾」の意味や読み方は?


不躾という言葉は、相手や自分の礼儀を表現する言葉として用いられています。マナーが良くないというニュアンスで用いる言葉ですが、状況によって相手に伝わる意味合いは同じではありません。不躾の意味や読み方について紹介します。

「不躾」は「礼をかいていること」

不躾という言葉の意味は、「無作法なこと」になります。相手に対して行うべき礼儀が欠けているときに不躾を用いることが一般的です。教育や一般常識を指し示す「躾」が、打消しの「不」を用いることで、礼儀が不足していることを強調していると言えるでしょう。

読み方は「ぶしつけ」

不躾の読み方は、「ぶしつけ」と読むのが正しい読み方です。読み方で別の漢字で表現すると、不仕付けと書くこともあります。ビジネス関連のメールなどでは、「不躾」の漢字を用いる方が一般的でしょう。

英語での表現

不躾という意味になる英単語は少なくありません。「ill-mannered」や「rude」、「rough」などの英単語が代表的ですが、それぞれのニュアンスが大きく異なるので注意が必要です。日本語よりストレートに「失礼だ」と相手にぶつけることになるので、慎重な用い方が求められます。

「不躾」の使い方は?


ビジネスシーンなどでは電話やメールで、不躾な○○ですがというフレーズを見聞きする方も多いでしょう。ビジネスシーンや目上の方などと対するときに知っておくべき不躾の使い方について紹介します。

自分や相手が「無礼」なときに使う

不躾という言葉は、相手に対しても、自分自身に対しても違和感なく使うことができます。自分や相手が「無礼」なときに使うことで、たしなめる効果を期待することが一般的です。相手から不躾だと指摘されている状態は、お世辞にも自分の態度が良くないと言えます。

手紙やメールでも使ってOK

不躾という言葉は、手紙やメールでも使ってOKな表現になります。ビジネス用語には口頭のみ、文章のみといった使い方を限定するものが少なくありません。不躾は両方に使える表現のため、区別は必要ありません。

ビジネスシーンでも使う

ビジネスシーンでも、不躾という言葉の頻度は低くありません。しかしビジネスで相手が礼を欠いているといった批評ではなく、相手をたてるための恐縮の表現として用います。礼儀知らずで申し訳ありませんとへりくだることで、相手への尊重を強調することが可能です。

例文:自分に対して使う「不躾」


不躾という言葉は、シンプルで短い表現です。いろいろなフレーズに加えて用いることが難しくありません。自分自身に対して使う不躾のある例文について紹介します。相手に失礼のないことを意思表示することが多いです。

「不躾ですが」

「不躾ですが、お名前を教えていただけませんか。」といった例文のように、不躾ですが、で始まる表現は、唐突に何かを質問したり、行動したりするときに用います。前触れもなく申し訳ありませんというニュアンスがあります。

「不躾なお願いでございますが」

不躾なお願いでございますがという例文は、商売をしている方が顧客や目上にあたる方に、なんらかのリクエストをする時に用います。メールや電話、直接相手に述べることができる表現になります。

「不躾で大変恐縮ですが」

不躾なお願いでございますがと同じく、顧客や目上の方に使うことが多い表現です。前者は相手に行動を依頼する時に用いますが、後者である「不躾で大変恐縮ですが」は異なります。こちらが何かをすることを、予告・強調する場合が多いです。

「不躾な質問ですが」

「不躾な質問ですが」は、相手に前触れなく何かを聞き出すときに使用します。「いきなりこんなことを聞いて申し訳ないのですが」といった意味になります。謙譲の敬語として、相手に気分を害さないでくださいという意味合いをこめることが一般的です。

例文:相手に対して使う「不躾」


不躾という言葉は、自分の行動に対して用いるだけではありません。相手の行動やマナーに対しても、不躾という言葉を使うことも多いです。相手に対して使う不躾のある例文について紹介します。

「不躾な人/態度」

日常生活やビジネスシーンで言われたくない表現が、「不躾な人」「不躾な態度をしている」という言葉です。相手を不快にさせるほど、礼儀を欠いているということだからです。万が一、耳にしたとしたら即座に行動や態度を改めるべきでしょう。

「不躾な言い方」

相手の気持ちを考慮せずに、唐突な質問や言動をすることを「不躾な言い方」と表現することがあります。不躾がましい言い方というフレーズもありますが、実際には不躾がましいという言葉は存在しておらず、造語の一種ととらえるべきでしょう。

「不躾」の類語は?


不躾という言葉は、使う相手によって意味を変えることができる便利なビジネス用語です。不躾という言葉以外にも、類語はあるのでしょうか。知っておくと困らない、不躾の類語について紹介します。

「非礼」

非礼という言葉は、不躾という言葉よりも悪い状態に用いられる言葉です。礼に非ざるという否定を受けている言葉ですので、礼儀が足りないどころか、礼儀ではないと判断されています。相手に用いるときにも、慎重に行うべきでしょう。

「失礼」

失礼という言葉は、不躾や無礼、比例などの表現と比べると、礼儀が足りていないと軽い意味として用いることが可能です。少し強めのニュアンスで男性が用いることが多い、失敬という言葉もあります。比較的、使う場所や相手に困らない表現です。

まとめ

今回はビジネス用語の一つ、不躾について紹介しました。不躾は使う対象によってニュアンスが変化する言葉です。例文や使い分けをチェックして、お客様や目上の方の失礼に当たらない用法をマスターしていきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る