FYIの意味って?正しい使い方や他の略語を紹介!

FYIという言葉を見たり聞いたりした経験はあるでしょうか。ビジネスシーンでは時折見かける略語ですが、知らない人も少なくないと見込まれるため、使う相手や場面に注意が必要です。ここでFYIの意味と使い方、他の略語を学び、正しく活用していきましょう。

FYIの意味って?


FYIとはいったい、どのような意味でしょうか。

「参考までに」という意味

FYIとはメールやチャットなどの書き言葉を中心に「参考までに」といった意味で活用されます。仕事や主題そのものに直接関係しないものの、役に立つ情報の共有を考えるときによく使われます。知っておくと役に立つ情報・少し気になる情報知らせたいときや、相手の対応を求めないときなどに使うとよいでしょう。

For Your Informationの略

FYIは「参考までに」という意味であり、「For Your Information」という英語の略語です。「あなたの情報のために」が直訳となります。

相手にとって知っておいたほうがよいのではという情報を共有したいときに使いましょう。緊急性はそれほど高いものではなく、参考程度といったニュアンスを含みます。

読み方は「エフワイアイ」

FYIとだけ書いてあると、どう読めばよいのかと戸惑うこともあるのではないでしょうか。よみあげるとすれば「エフワイアイ」と、ローマ字をそのまま読み上げることになります。

しかし基本、FYIは口頭で使われることはあまりありません。また、読みやすくするために、文字の一部だけをとって「フワイ」と読むこともあります。

FYIの使い方・気をつけることは?

基本的にメールで使う

FYIは基本、メールで使う略語とされます。メールの件名に[FYI]とつけるのもよく見られる用法の1つです。こうすれば受信する側にもその内容や優先順位が伝わりやすくなるため、処理の効率が上がる効果も期待できるでしょう。

あるいはメールの末尾にFYIを使い、情報を伝えるやり方もあります。相手が知っておいたほうが望ましいと考えてはいるが、情報を使うかどうかの判断は受信者に任せるといった意図も含まれます。

返信不要というニュアンスがある

FYIには、返信不要というニュアンスが含まれています。もし興味があれば、もし時間があれば見てほしいという程度で、情報共有を促すのに便利な表現です。「相手に返信・対応する手間をとらせたくない」「忙しければ読み飛ばしてもらっても構わない」という配慮を伝えることができます。

社外の人・上司には避けたほうが無難

FYIはもともと略語であり、カジュアルな印象を与えやすいとされます。従って、社外の取引先や上司に対しては避けた方が無難でしょう。

また、相手がFYIを知っているとは限りません。ちょっとした情報を伝えようという気持ちで送ったメールに対し、調べるのに相手の貴重な時間を費やさせてしまうといったことにもなりかねません。相手を選んで使いましょう。

他のビジネスメール略語は?


FYIと同様、よく使われる略語が他にもあります。ここでは便利なビジネスでの略語について見て行きましょう。

ASAP

ASAPはメールでよく見られます。英語の「As Soon As Possible」の略語で、「可及的速やかに」、つまり「大至急」「最優先」といった意図を伝えたいときに便利です。

大至急連絡を取りたいとき、返事が欲しいとき、今すぐ対応してほしいときに使います。頼まれる側には負担が生じるため、むやみに使用せず、どうしても必要なときだけにしましょう。

NR

NRは英語で「No Return」、つまり「帰社しません(直帰)」を意味します。営業や打ち合わせなどで自社から外出し、そのまま帰宅する予定を他のメンバーに伝えるために活用できる表現です。

共有カレンダーや社員予定表などに「NR」と記入している会社もよく見られます。なお、自宅から会社へ寄らずに目的地に直行するときの略語としてはGS「Go Straight」、GD「Go Direct」などがあります。

TNT

TNTは「Till Next Time」の略語で「また会いましょう」といった形で用いられます。同じ意味の略語としてTTYL「Talk To You Later」といったものもあります。どちらもメールの文末などによく用いられる表現です。カジュアルな略語なので、略語を使える関係の同僚などに使うのかおすすめです。

OTOH

OTOHは英語で「On The Other Hand」の略語となります。「一方では」「これに反して」「他方では」などの意味があります。

ある事柄に対して複数の視点を示したいとき、比較をしたいときなどに使うのが一般的です。英文メールやチャットでは入力の手間を省くため、よく使われる略語とされます。

まとめ

FYIは「参考までに」という意味をもち、情報共有をしたいときに使われます。相手に対する配慮も含まれる一方、相手を選ばないと却って迷惑をかけることも、くだけすぎる印象を与えることもあります。相手を選んで慎重に活用しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る