「カンファレンス」意味は?どう使う?ミーティングとの違いも解説!

「カンファレンス」という言葉は、主に社会に出てから耳にするようになるため、あまり馴染みがないかもしれません。この記事では、カンファレンスという言葉が持つ意味や具体的な使用方法、そして類語との違いを見ていきます。

「カンファレンス」ってなに?

カンファレンスの意味

カンファレンスは「会議」や「協議」といった意味を持つ言葉です。医療分野やビジネス分野でよく用いられる言葉であり、何かしらの目的に沿った会議や協議のことを意味します。カンファレンスには他にも「同盟」や「連盟」といった意味もあり、こちらは主にスポーツの分野で用いられています。

英語では「conference」と書く

カンファレンスの英語の綴りは「conference」となり、直訳するとやはり「会議」「相談」「協議会」といったものになります。そのため、日本語と英語の間の意味の差異はあまりなく、どちらでも同じような形で用いることができるでしょう。

コンファレンス・カンファランスは同じ意味

また、カンファレンスは「コンファレンス」や「カンファランス」という風に言われることもあります。これはただ発音が違うだけになるため、基本的にはカンファレンスと同じ意味と捉えて良いでしょう。

カンファレンスが使われる場面

ビジネスシーン

ビジネスシーンで使用される際の意味は「会議」や「協議」となり、「経営カンファレンス」「ITカンファレンス」のような使い方があります。いずれも「経営のための会議」や「ITのための協議」というものになり、イメージを大きく外す使い方ではありません。

医療関係(看護、介護、病院)

また、医療関係でもカンファレンスという言葉は頻繁に用いられます。「ケアカンファレンス」「(病院の)運営カンファレンス」というものがあり、前者は「患者に対してより良い医療サービスを提供するための会議」。後者は「(病院を)より効率的に運営するための協議」というものになるでしょう。

スポーツ業界でも使う

スポーツ業界でもカンファレンスという言葉が用いられる場合があります。この場合の意味は「連盟」「同盟」というものになり、「イースタンカンファレンス」や「ウェスタンカンファレンス」のような使い方がなされます。

テーマを決めて取り組むもの

ビジネスや医療分野におけるカンファレンスは通常何かしらのテーマを決めて取り組むものになります。先程ご紹介した「ケアカンファレンス」は「より良い医療サービスの提供」というテーマに基づいて行われるものであり、テーマに関しての何かしらの解決や新しい展望を臨むものになるでしょう。

カンファレンスの使い方

「ITカンファレンスに参加する」

「ITカンファレンスに参加する」とは、文字通り「ITカンファレンス(という催し)に参加する」という意味になります。ビジネスの分野では大小問わず様々なカンファレンスが開催されているため、自身に適したカンファレンスに参加することでスキルアップ等を図ることができるのではないでしょうか。

「ケアカンファレンスが開かれる」

こちらもビジネスでの使われ方同様「会議」や「協議」という意味で使用されます。そのため、「ケアカンファレンスが開かれる」とは「より良い医療サービスを提供することを目的とした会議(協議)が開かれる」という意味になるでしょう。こちらはビジネス系カンファレンスに比べると規模が小さいことが想定され、職場内で情報共有のために行われるようなものが多い印象です。

「テレカン」は電話会議の略語

「テレカン」とは「テレフォンカンファレンス」を略した言葉であり、電話を使い遠隔地にいる人同士で行うカンファレンスのことを指します。テレフォンカンファレンスを行うことで、皆が一同に介する必要がなく、また場所を用意する必要もないためコストの削減を図ることが可能です。

カンファレンスとミーティングの違いは?

ミーティングの意味

カンファレンスとよく似た言葉に「ミーティング」というものがあります。英語で書くと「meeting」ですが、こちらも直訳すると「会議」という意味になるため、カンファレンスとどのように違うのかを大まかに掴んでおきましょう。よく似た意味にはなりますが、誤用してしまうと混乱が生じる可能性があるため注意が必要です。

ズバリ、違いは「規模」!

ミーティングとカンファレンスの違いは、ズバリその規模です。カンファレンスに比べるとミーティングは比較的規模が小さく、主に数人から数十人といったものになるでしょう。対してカンファレンスは数人で行うものもありますが、規模の大きいものは数百人や数千人、時には数万人といったものが存在するイメージです。

まとめ

カンファレンスは規模ジャンル問わず多種様々なものが開催されています。自分に適したカンファレンスに参加することで知識やスキルの幅を広げることもできますし、時には趣味のためのカンファレンスに参加するのもまた貴重な体験です。興味のあるカンファレンスには積極的に参加してみるといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る