スーパーバイザーの意味は?コールセンターや福祉現場での役割を紹介

スーパーバイザーとはどんな意味なのでしょうか。コンビニなどの小売店の場合や福祉現場など、それぞれの分野におけるスーパーバイザーの役割、スーパーバイザーになるために必要な資格やスキル、年収など詳しく解説します。

スーパーバイザーの意味は?


求人情報などで見かける「スーパーバイザー」という言葉。この「スーパーバイザー」とはどんな意味があり、どんな職種なのでしょうか。ここでは、3つの異なる業種における「スーパーバイザー」の役割について詳しく見ていきます。

コンビニ・アパレルのエリアマネージャー

コンビニ・アパレルなど小売業では、複数店舗を管理するエリアマネージャーとしての役目があります。店舗ごとの売上状況を把握し、店長と共に売上戦略や陳列の仕方を考えたり、新人教育や本部からの申し送りを行ったりなど仕事の内容は多岐に渡ります。

コールセンターでのスタッフの統括

コールセンターの場合、スタッフを管理・統括する仕事がメインとなります。それぞれのスタッフの能力を見極めながら指導をし、新人スタッフのフォローなども行います。スタッフの統括という大変ですがやりがいのある仕事です。

福祉現場の視察指導員

認定社会福祉士制度でのスーパーバイザーは、福祉現場の視察指導員として、高齢者福祉だけでなく医療など幅広い知識と経験が求められています。他の職種間の連携や介護などのコーディネーターとして、職員等への指導的な役割も担う重要な仕事です。

役職ではなく役割のこと

「スーパーバイザー」は役職というより、小売業、コールセンター、福祉現場など、それぞれの分野における監督者、管理者、指導者の役割のことをいいます。企業によってその役割に違いがあります。

英語ではSuperVisor

英語では「SuperVisor」と記します。意味としては、日本語とほぼ同じで監督者、管理者です。

もっとも、日本語でも業種によって異なる意味合いで使用されており、例えば生命保険用語では営業所長補佐、係長など役職を意味する言葉として使われています。また教育の現場では、指導主事、指導教官という意味もあります。

スーパーバイザーの役割とは?


スーパーバイザーの役割を具体的に見ていきます。特に飲食店や小売店など複数店舗をもつ企業で活躍しているスーパーバイザーは、店舗ごとにアドバイスを行うため高いコミュニケーション能力が必要とされます。

エリアを統括し売上を上げる仕事

定められたエリア内の複数店舗を受け持ちます。そのエリアの環境に合わせた店舗経営についてアドバイスをしたり、品揃えを考えたり、売上を上げるため店舗ごとの情報を分析し解決策を模索したりします。より具体的な結果を求められるため、責任が重い分やりがいと満足感が得られる仕事です。

エリアと本社の意思疎通をすること

エリア内の店舗から上がってくる質問や問題点などを本社に伝えたり、本社の会議での決定事項やキャンペーンなどの方針を担当している店舗に伝える役割があります。本社と店舗の意思疎通をスムーズにするという役目を果たしています。

スーパーバイザーになるには?


スーパーバイザーになるにはどのような資格やスキルが必要なのでしょうか。福祉の分野の場合や、実績を積んで昇格する場合など、スーパーバイザーになるための情報をまとめました。

福祉の場合は資格が必要

認定上級社会福祉士もしくは認定社会福祉士更新者等の資格があること、そして高齢者福祉や障害者福祉、医療など幅広い分野での知識があることが必要です。現場の様々なニーズに対する的確な対応や、指導的な立場での活躍が求められます。

現場から昇格するか求人に応募する

主に小売業などのスーパーバイザーでは、仕事の内容をきちんと把握した上で指導的な立場となるため、まず現場で働くことから始めて、昇格しスーパーバイザーになるケースが多いです。中途採用の場合は、現場経験のある人向けの求人として募集されています。

スーパーバイザーに必要なスキル

現場の指導者的な立場となりますので、コミュニケーション能力の高さは必須です。オーナーとの信頼関係を築き、売上目標を達成するためにアドバイスをし、具体的な解決策を考えるスキルが必要です。トラブルがあった場合の迅速な対応など問題解決の能力もスーパーバイザーにとって大切になります。

スーパーバイザーの年収は400万前後

スーパーバイザーといっても会社員の肩書の一つのため、平均的な年収となります。しかし、資格や経験値、会社への貢献度など、能力次第で+αの手当が見込めるため、会社員の平均よりも高めの年収となるケースが多いです。

まとめ

「スーパーバイザー」と一口にいっても、福祉の分野、小売業・サービス業の分野など、働くフィールドが違うと、その仕事の内容も変わってきます。現場の状況をきちんと把握して、よりよい方向に導くことができる仕事なので、自分の能力を存分に発揮して、やりがいを持ちながら働くことができる仕事です。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る