Macはプログラミング入門に最適?環境構築やおすすめ理由を紹介

プログラミングをする時にOSを気にしたことはあるでしょうか。特に普及しているのはWindowsですが、Macでプログラミングをしている人も多くいます。ここではプログラミング入門にはMacが良いのかについて考えていきましょう。

Mac等のOSの特徴とは?

Macの特徴

Macは、プログラミングを行うにあたってiOS公式のIDEである「Xcode」を使うことが可能で、無料でiOSアプリの実行、実機へのインストールを行えます。開発したiOSアプリをiTunesにてリリースするのも容易です。

また、RubyやPythonといった言語にはUNIX系のツールが豊富に用意されており、仮想環境を構築して動作させる必要がありません。この他、本体デザインがスマートであることも魅力です。

Windowsの特徴

Windowsでは、長期にわたってユーザーが多く、ExcelやWordなどの自社ソフトウェアのほか、他者が開発したソフトウェアも豊富です。これらの相互性も高く、プログラミングをサポートしてくれるソフトウェアが多いほど、開発の難易度は緩和されるため、ツール自体の知識を深めるためにも役立ちます。また、Macとは違いパソコン自体のカスタマイズ性が高く、資金をかけることができればパソコンのスペックで悩むと行ったことはほぼ無くなるといったメリットがあります。

Linuxの特徴

Linuxは、オープンソースのOSです。オープンソースとは、無料で多様な改変が可能なプログラムのことです。その構造のおかげで、世界中の人がボランティアのように制作し、OSの中身が分かる状態で提供されています。

オープンソースのため、OSのインストールが無料であるほか、その他のソフトウェアもほぼ無料なので、プログラミングをするための環境を構築するのも簡単です。しかし、iTunesやMicrosoft Office、Adobe Photoshopといったオープンソースでないアプリケーションはサポートされていないことを多いので、注意が必要です。

なぜ開発者はMacユーザーが多い?

iPhoneネイティブアプリには必須

iPhone・iPad・Apple Watchといった端末用のネイティブアプリには必ずMacが必要です。アプリの開発にはApple社がApp Storeにて無料で提供している開発環境である「Xcode」を使用します。「Xcode」のインストールはMacから行う必要があるため、ネイティブアプリを開発するためにはMacbookの購入が必須になります。

Swiftが使いやすい

iPhoneネイティブアプリを開発する際に扱う「Xcode」で利用できる開発言語は、Objective-CとSwiftがありますが、特に「Xcode」ではSwift言語がとても扱いやすいです。Swift言語は、2014年に登場し、2015年にはオープンソース化されLinux上でも使うことが可能になりました。

しかし、「Xcode」のような便利な開発環境はMacのみでしか用意されていないという点があります。また、「Xcode」ではSwiftプログラミングをする際にコード入力の補助やシミュレータが一体化されているといった開発環境の良さがあるため、開発者にMacユーザーが多い要因になっています。

WindowsOSも使える

MacにはAppleが提供するBoot Campというドライバをはじめとした、MacでWindowsOSを仮想環境としてインストールできる機能があります。1つのパソコンに2つのOSを導入するためそれ相応のスペックは必要ですが、その分1台で同時に扱うことができるというメリットは大きいです。

その逆で、「WindowsにMacOSを導入することはできないのか?」という疑問がありますが、MacOSはデバイスと一体型であるためWindowsのパソコンにMacを入れることはできません。そのため、開発者にはMacユーザーが多いといった点があります。

おすすめのMacはどれ?

スペックで比較

Macには色々な種類があります。そこでMacを購入する基準として、スペックで比較をしてみましょう。使用用途別にMacのそれぞれのスペックを紹介します。

初心者向け:Macbook Air

-主なスペック-
CPU:Intel Core i5 1.8GHz/2コア
メモリ容量:8GB
液晶サイズ:11インチ/13インチ
ストレージ:128GB,256GB,512GB SSD

パソコン自体の重量がとても軽く、女性でも持ち運びがしやすいモデルです。性能自体は高くはありませんが、値段もお手ごろでこれからMacを始める方には購入しやすいスペックになっています。画面サイズに関して、11インチはかなり画面が小さく、プログラミングを行うには見づらいため13インチをおすすめします。

移動に便利:Macbook

-主なスペック-
CPU:1.2GHzデュアルコアIntel Core m3,1.3GHzデュアルコアIntel Core i5または1.4GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ
メモリ容量:8GB/16GB
液晶サイズ:12インチ
ストレージ:256GB,512GB SSD

Macbook Airよりさらに軽いモデルです。11インチと13インチの間を取った12インチのため、11インチより文字などが見やすいです。また、Macbook AirよりメモリやCPUが優れており早い処理速度を持っています。

しかし値段は少しMacbook Airより高くなっています。他のモデルと比較して一番軽いため、持ち運びでの移動が多く早い処理を必要としている方におすすめです。

プログラマー向け:Macbook Pro

-主なスペック-
CPU:2.2GHz,2.5GHz,2.8GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
メモリ容量:16GB
液晶サイズ:13インチ/15インチ
ストレージ:256GB,512GB,1TB SSD

デスクトップのパソコンと負けず劣らずの性能のモデルです。基本スペックがかなり高いため、プログラミングを本格的に行う方でも特にmetalなどを使ったシェーダープログラミングなど大きな処理をする方におすすめのモデルになっています。

その分持ち運びやすさなどはMacbookなどに劣りますが、ちょうど良いサイズで開発のための作業をスムーズに行いやすいです。Macbook Proを選ぶなら、高性能で処理速度に困らない15インチモデルをおすすめします。

高スペック:iMac

-主なスペック-
CPU:3.4GHz,3.5GHz,3.8GHzクアッドコアIntel Core i5,4.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
メモリ容量:8GB/16GB/32GB/64GB
液晶サイズ:21.5インチ/27インチ
ストレージ:1TB,2TB,3TB

デスクトップモデルで画面一体型のMacです。画面が大きく、性能もデスクトップモデル相応のスペックになっています。

ノートパソコンではなくデスクトップで本格的にじっくりとプログラミングを行いたい方におすすめです。しかし、マウスやトラックパッドなどがBluetooth式になっており充電が必要になってくるので注意が必要です。

プログラミング環境構築手順は?


それではMacを購入しプログラミングを始めるまでの手順を簡潔に解説します。今回はiOSのアプリを開発するために必要な手順と環境を紹介します。

エディタ「Xcode」を入れる

まず、プログラミングを行うための開発環境である「Xcode」をインストールします。Macには最初から「Xcode」はインストールされていないため、App Storeから自分でインストールすることが必要です。

App StoreのアイコンをクリックしてApp Storeを開きます。その後検索フォームに「Xcode」と入力して出てきたものをインストールしましょう。

インストールが完了すると「Xcode」のアイコンの色が変化します。それでは、アイコンをクリックして「Xcode」を起動してからの手順を紹介しましょう。

Playgroundで動作確認

初めて「Xcode」を使う際には「Get Started with a Playground」から始めてみましょう。ここでは、Playgroundから開発言語を使ってSwiftの動作確認をすることができます。Playgroundを開くと、2つの画面に別れており左側に編集画面、右側に結果画面が表示され、すでにコードが編集画面に書かれています。

この編集画面のコードの結果が結果画面にて表示されている「”Hello, playground”」です。このように、左の編集画面に書いたコードが右の結果画面にすぐに表示されるため、コードの確認をしながら勉強できるのがPlaygroundの特徴です。

Apple Developer Programに参加する

自分の作ったアプリをApp Storeに公開するには、Apple Developer Programへの登録が必要です。このサービスは年間11,800円の費用が必要になります。

また、一度アプリの公開をしてしまえば、iPhoneやiPadなどの実機へのアプリの転送など、やれることが増えます。iOSアプリの開発を積極的に行いたい場合は、ぜひ登録しましょう。

まとめ

今回はなぜアプリ開発者はMacユーザーが多いのか、おすすめのMacや環境構築方法、アプリ開発の方法を解説しました。特に最近の言語を学びたい、分かりやすい学習がしたいといったことを考えている方はぜひMacを試してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る