「お悔やみ申し上げます」はどんな時に使う?マナーや例文を解説!

ある日突然のご不幸。社会人として避けては通れない弔事。上司や同僚、友人、様々な立場の人たちとのお付き合いの中で、どのような言葉がけがふさわしいか、ここでは「お悔やみ申し上げます」をテーマにマナーや例文を解説していきます。

「お悔やみ申し上げます」ってなに?

「お悔やみ申し上げます」の意味

広辞苑によると「悔やみ」とは人の死を弔うこと。また、弔うことば。と表記されています。「人の死を悲しみ、弔う」「亡くなったことが残念でならない」「故人の死を悼む」といった意味が込められています。デリケートな場面なだけに、ストレートに悲しみを表現するより少しオブラートに包む形で表現できる言葉でもあります。

弔事の際や残された家族や親近者に対して慰めの気持ちを伝えるとき、「お悔やみ申し上げます」と言うのが一般的です。接頭語として「お」をつけることと、「申し上げます」で締めくくることで、相手に対してより丁寧さと敬意を表現しています。

英語での表現

大切な人を失った人への弔いの言葉がけとして多くの表現がありますが、ここでは2つ例を挙げます。

  • I’m sorry for your loss.

この場合のsorry は、謝るだけでなく、同情や、気の毒に思う気持ちを表現しています。直訳すれば、「失った人がいるあなたに対して気の毒に思います。」となるでしょう。

  • I don’t know what to say…

「何といったらいいか…」「言うべき言葉が見つからない…」それほど悲しいことだと表現しています。

「お悔やみ申し上げます」の使い方は?

「お悔やみ申し上げます」は気持ちを伝える言葉

目の前にいる相手が、身内や親しい誰かを亡くされたことを知ったら、まずはその場で「お悔やみ申し上げます」と言葉をかけましょう。亡くなった理由や状況などは詮索せずに、相手を気遣って弔う気持ちを表現することがまずは先決です。

また、お通夜やお葬式の場でも、親族はじめ受付の方にも「この度はお悔やみ申し上げます。」と言葉がけするのがマナーです。

ただし、お悔やみの気持ちを伝えたら、それ以外の余計な事は言わないようにしましょう。亡くなった原因や状況について尋ねるなども避けてください。遺族も心の整理がついていない場合もあるので、短くあいさつする程度にとどめておきます。

返事は「ありがとうございます」

自分がお悔やみの言葉を受ける立場になったら、返事は「ありがとうございます」と答えましょう。

つらく、悲しい渦中にいるため言葉を発することも難しいかもしれません。最低限のあいさつとしてせめて「ありがとうございます」と応じることができるよう、普段から心掛けておきましょう。

「ありがとうございます」以外にも、「恐れ入ります」や、「いたみ入ります」といった表現でも大丈夫です。

宗教によって使い分ける

「お悔やみ申し上げます」は、どの宗教でも使えそうな気がしますが、実はキリスト教の方には避けた方がよい表現です。

理由としては死生観があげられます。キリスト教では亡くなった後、天国に上り、神様の元で永遠の安らぎを得るという考え方があります。そのため故人の死を悼む、惜しむ表現である「お悔やみ申し上げます」という意味は、そぐわないのです。

相手がキリスト教徒であるとわかっている場合は、言葉がけに気をつける必要があります。

手紙やメール、電話でのマナーは?

手紙でのマナー

訃報を受け、すぐに弔問に伺えなかったり、お通夜やお葬式への参列ができなかったりする場合、お悔やみの気持ちを手紙で伝えることもあります。ただし本来直接伝えるのが「お悔やみの気持ち」であり、手紙は略式である事は忘れないで下さい。

そこを理解した上で、弔問に伺えない理由とともにお詫びも述べましょう。頭語や季節の挨拶など前置きは書かずに、すぐに本題に入ります。悲しみを強調するよりも、遺族を気遣う言葉を多く書くよう心掛けましょう。

メールやラインでのマナー

急な訃報を受けて、相手との関係がある程度親密な会社の同僚、友人など、場合によっては、上司や取引先の相手などに限り、メールやラインを通してお悔やみの気持ちを伝えることは可能です。

また、相手から訃報の連絡をメールやラインで受けた場合には、お悔やみの気持ちを返信してあげた方が相手を気遣うことにもなります。仮にも訃報に対するお悔やみの気持ちを伝えることが重要なため、いくら親しくても丁寧な言葉遣いと、悲しみに対する気遣いを忘れないようにしましょう。

電話でのマナー

訃報の知らせを電話で受けたとき、まずは「お悔やみ申し上げます」と、相手を気遣いましょう。直接親族から電話を受ける場合はかなり親しい関係です。その後の式の流れ等やんわりと尋ねるか、又は相手の要望を聞くことに徹しましょう。

職場の家族がなくなった場合は、会社としての手続きの都合があります。相手をいたわりつつも、必要な情報を聞かなくてはなりません。別ルートで知らせが入ってきたとき、よほど親しくても職場等の都合がない限り、当家には決して直接電話はしない事。後日世話をする人又は新聞等で詳しい式の日程を確認するようにしましょう。

「重ね言葉」はNGワード

繰り返すことを連想する「重ね言葉」は使ってはいけません。手紙やメール等では、普段よりも表現には気遣いが必要です。文面が相手に届いたとき、悲しみに沈む気持ちを察した表現になるよう心掛けましょう。

「重ね言葉」NGワード例
重ね重ね/まだまだ/つくづく/いよいよ 等

「繰り返しを連想する言葉」NGワード例
続く/この先も/これからも/追って 等

相手別の例文

下記は一例ですが、相手の立場に合わせた表現ができるとよいでしょう。

会社の上司への例文

例文:「ご尊父(ご母堂)様のご逝去に際し、心からお悔み申し上げます。」
注意点:上司の父、母が亡くなられた場合は、やや改まって、「ご尊父」「ご母堂」と表現します。

会社の同僚への例文

例文:「この度は逝去の報に接し、心からお悔み申し上げます。」
注意点:声をかけてあげることが何よりかと思います。普段よりは敬意を払った表現にしましょう。

親しい友達への例文

例文:「お父(お母)様のご逝去、心よりお悔み申し上げます。」
注意点:親しき中にも礼儀ありと申しますが、弔事の際は普段よりも敬意を払った表現を心掛けましょう。

「お悔やみ申し上げます」の類語

「ご愁傷様です」

相手を気の毒・残念に思う、といった意味があります。お通夜やお葬式の際、遺族との会話で使います。「お悔やみ申し上げます」と似た意味ではありますが、場合によってはからかう意味で使われることもあるので、違和感を覚える人もいるようです。

「心中お察しします」

親族が悲しみのあまり言葉に窮してしまうことがあります。そんな時、言葉を待ってしまうと、かえって相手にプレッシャーを与えてしまうので「心中お察しします」と伝えてあげましょう。

「お悔やみ申し上げます」は自分の気持ちを表現しますが、こちらは相手の立場を気遣うことばです。相手の悲しみ、苦しみを到底理解はできなくとも、「察しているからいいのですよ」と、せめてもの心遣いになります。多用するとかえって失礼になるので気をつけましょう。

「ご冥福をお祈りします」

お通夜、お葬式において使うことができます。ただし、キリスト教や浄土真宗では使えない表現なので気をつけましょう。

多くの仏教では冥途=極楽浄土を意味します。四十九日の供養までに功徳を積み、成仏して冥途へ渡るとされています。無事に冥途へ渡れるようにという思いを込めて「ご冥福」を祈るのです。

これに対し、キリスト教は神のご加護で天国へ、浄土真宗は阿弥陀如来の導きによって極楽浄土へ(即身成仏)、という考えがあります。そのため目的地にたどり着くことに不安はないので「ご冥福」を祈るのは失礼に当たります。「お悔やみ申し上げます」よりも明確な祈りを表現したことばになります。

まとめ

急な訃報、お通夜やお葬式に対する心積りは、非日常の出来事とはいえ、とても大切なことです。どのような言葉がけをしたらよいのか、立ち居振る舞いも含めて社会の中で恥ずかしくないよう備えておくことは肝要です。会社の組織、宗教的なことも含め文化を意識して、とっさの時に対応できるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る