モットーとはどんな意味?モットーの類語や例文もまとめて紹介

ビジネスだけではなく、日常でも見聞きする言葉にモットーという言葉があります。実際のところモットーとは、どんな意味かご存知でしょうか。モットーの意味や類語、例文もまとめて紹介します。

「モットー」とは


ビジネス用語で用いられているカタカナ語は英語を由来するものが多いです。しかしモットーは英語から生まれている言葉ではありません。モットーの語源や本来の意味合いについて紹介します。

イタリア語の「motto:言葉」が語源

ビジネス用語のモットーはイタリア語を由来とする言葉です。イタリア語ではmottoと綴り、「言葉」という意味になります。元々は騎士の座右の銘や信条、信念などを盾や紋章に書いて、自身を奮い起こす言葉でした。

自分の人生の中での指針のこと

日本でのカタカナ用語として、モットーは「自分の人生の中での指針」を表現する言葉になります。指針とは夢や目標といった言葉に置き換えることが可能です。前向きなことを表現する場合に、モットーという言葉が使われることが多いと言えるでしょう。

「モットー」の使い方・例文


モットーは生活やビジネスシーンで、将来に対するビジョンを表現する時に用いる言葉です。実際にはモットーをどう使うと良いかご存知でしょうか。自己紹介の時など役立つモットーの使い方や例文について紹介します。

あなたのモットーは?

面接などの際に「あなたのモットーは?」と尋ねられることがあります。どういうことに頑張れるのか、目標を持っている相手なのかを知りたい時に使われますが、この場合は企業が求めている人材であることをアピールすると良いでしょう。
 

私のモットーは〇〇です。

例えば、自分自身を理解してもらうために「私のモットーは何事も最後までやり遂げることです」と自己紹介することで、何事にも目標持ち努力できる人間であるということを相手に伝えられるでしょう。自分らしさを表現でき、共感を得やすいモットーを考えておくと良いです。

モットーの類語


ビジネス用語としての「モットー」は、多くのニュアンスとして捉えることが可能です。言い換えることができるモットーの類語について紹介します。

標語

モットーの類語として、標語という言葉があります。標語とは「主義・主張」を示す言葉で、短いフレーズで分かりやすく伝える目的があります。例えば「心にもしっかり締めよう安全ベルト」など、耳に入ってきやすい声掛け的なものが多いでしょう。

座右の銘

座右の銘は、自分自身を戒めることや励ますことを目的とする言葉です。日頃から心の中で意識しながら行動するルールのような格言として用いることが一般的です。

例えば、プロ野球のイチロー選手の「キライなことを やれと言われてやれる能力は、 後でかならず生きてきます」など、いろいろな経験をして反省や分析から生まれる言葉などが挙げられます。
 

スローガン

スローガンとは、個人というより団体の主義や主張を短い言葉で表しているものが一般的です。モットーは個人や団体の区別なく用いることが可能ですが、スローガンは個人で用いると違和感を覚える方も少なくないでしょう。
 

キャッチワード

キャッチワードとは、政治運動などにおける標語やスローガン。また商品の宣伝文句という意味合いもあり、お客の関心を喚起するために、広告や商品のキャッチコピーなどに使われる短い文章などをいいます。

信条

信条とは固く信じていることがらを示す言葉で、宗教や思想を意図する言葉になるでしょう。またキリスト教では「神に対する自己の信仰を明白な言葉で言い表す」ことでもあり、使徒信条・ニカヤ信条・アタナシウス信条などがあります。

企業のモットー例


多くの企業がモットーを掲げて、自社の商品やサービスをアピールすることが少なくありません。代表的な企業は、キャッチフレーズとモットーを統一してイメージしやすくしています。企業のモットー例について紹介します。

日立:Inspire the Next

「Inspire the Next」というキャッチコピーがあります。次の世代にも良い影響を与えるものを作り続けようという日立のモットーを分かりやすく表現したものと言えます。

SUNTORY:水とともに生きる

SUNTORYは環境を大事に、製品作りをしようというモットーを「水とともに生きる」というフレーズに込めています。お酒や水などの代表的な飲料メーカーとして多くの人がイメージしやすい指針と言えるでしょう。

ツムラ:自然と健康を科学する

漢方薬や入浴剤など、体に良いものや健康作りを応援するツムラのモットーとして、「自然と健康を科学する」というスローガンがあります。自然を大事にする科学的な取り組みで、お客様にむけた製品を作っているというメッセージにもとらえることが可能です。

自分のモットーの考え方


モットーは自分のビジョンや頑張りをアピールできる用語と言えるでしょう。

自分は何がしたいのかを掘り下げる

自分のモットーを考えるうえで、大きなポイントは「自分は何がしたいのか」を掘り下げることにつきます。動機を明確にすることで、具体的なビジョンが生まれます。

有名人のモットーを参考にする

考えても明確な考え方が定まらないということも珍しくありません。そういう時は有名人のモットーを参考にすることも良いでしょう。他人のモットーを参考にすることで見えていなかった気づきや考え方にたどり着く可能性も期待できます。

まとめ

今回は使用頻度が高いビジネス用語、モットーについて意味や類語について紹介しました。モットーは生活やビジネスの中での大きな目標を示す言葉と言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る