「是非」の2つの意味・使い方とは?類語「可否」との違いは?

「是非○○ください」「是非○○します」「○○についての是非を問う」など、ビジネスの場だけでなく、日常生活でもよく使われる「是非」という言葉。何気なく使っている言葉ですが、「是非」という言葉の本当の意味を答えられますか?また、正しく使えているでしょうか。類義語などもあわせて、言葉の本来の意味と、正しい使い方をご紹介します。

「是非」とは?「可否」とは違う?

「是非」は「是が非とも」の略

「是非」の「是」は良いこと・正しいことという意味です。反対に、「非」は悪いことを意味し、「是非」とは、“物事の良し悪しを判断する”という名詞として使われるのが、本来の意味となります。

また「是非」は、“必ず、きっと”など、ある行動を強く勧める気持ちを表す、副詞としても用いられており、一般的にはこちらの方がより多く使われている印象です。

強調の意味で用いられる場合は、「是非」という言葉の後ろには、「とも(共)」が付いた「是非とも(是非共)」という言葉が本来の語形となります。つまり「是非」は、「良くても悪くても=是が非とも」の略語です。

「可否」との違いは「同意」

「是非」によく似た言葉で、「可否(かひ)」があります。「是非」も「可否」も、正しいか正しくないか、物事の良し悪しを問う意味に違いはありません。

ただし「可否」には「上司の可否を問う」などのように、「可=同意する・許される」「否=同意しない・許されない」という意味も含まれています。

「是非」は2つの使い方がある?

「良し悪し」を表す名詞として使う

「是=正しいこと」「非=正しくないこと」の意味から、「○○の是非を問う」などのように、善悪や、物事の良し悪しを判断する言葉として用いることができます。この場合、「ぜひ」と平仮名で書くことはあまりありません。

「強い願い」を表す副詞として使う

「ぜひ○○ください」のように、“何としても、きっと”という、実現・実行への強い願いや希望を表す言葉として用います。この場合、言い方や使い方によっては、相手に対し、半ば強制的に実行を勧めていると捉えられてしまうことがあります。少々乱暴な印象を与えてしまうことがあるため、上司に使う時などは注意するようにしましょう。

「是非」を使った例文は?

「是非を問う」

物事や事象に対し、良いか悪いか・正しいか正しくないか・賛成か反対かなどを、相手に問いかける表現です。ビジネスシーンで使われることが多く、物事に対して、真摯に、誠実さをもって対応しなければならないシーンで使われる表現です。

例)「この問題の是非を問う」

「是非とも」

元々の、“良いこと・悪いこと”という意味から、良くても悪くても・どうであろうとも、といった“必ず”“どうしても”という強い意志や希望を表す表現です。「とも」を付けることで、より強調して勧める力を持ちます。

例)「ご検討いただけますよう是非ともよろしくお願いいたします。」

「是非お願いします」

強い意志や希望を表し、心を込めて強く願う意味では「是非とも」と同じですが、「是非とも」に比べて、比較的軽いニュアンスでの表現になります。この場合、「ぜひ」と平仮名書きにすることも多く、漢字書きよりも自然です。

例)「明日までにお返事をいただけますよう、ぜひお願いいたします。」

「是非是非」

「是非」を重ねて、強調していう言葉で、必ず・どうしても、といった意味になります。こちらも、「ぜひぜひ」と平仮名書きも多く見受けられます。

例)「ぜひぜひよろしくお願いします。」

英語や韓国語での表現は?

英語での表現例

名詞としての「是非」を英語で表現する場合、“question the conduct of(~の是非を問う)”などを用います。

例)We will question the conduct of that support.(私たちはその賛成の是非を問う)

副詞としての「是非」については、英語圏では存在しません。そのため、シーンによって使い分ける必要があります。

例)Thank you for considering.(ぜひご検討をお願いします)
例)Please come to Japan.(ぜひ日本にお越しください)

韓国語での表現例

名詞としての「是非」を韓国語で表現する場合、잘하다(良し)と잘못(悪し)の合成語である“잘잘못”を用います。

例)잘잘못을 따지다(良し悪しを判断する、是非を問う)

副詞としての「是非」は“꼭”で表すことが出来ます。

例)꼭 다시 와주세요.(ぜひもう一度来てください)

「是非」の類語は?

「有無」

「是非」と似た言葉で、「有無(うむ)」があります。「是非」が「正しいか、正しくないか」という意味なのに対し、「有無」は、「有るか、無いか」という意味で、存在するか存在しないかを表す熟語です。

「賛成反対」

「是非」は「是=肯定」、「非=否定」という意味のため、物事の良し悪しを議論し判断するという点では、「賛成反対」と、名詞としての「是非」はよく似ています。ただし、「是非」のほうが、「賛成反対」に比べるとよりフォーマルな表現です。「きちんと判断する」「ハッキリ決断する」などといった、より強いイメージで使われることが多いといえます。

「如何」

「如何(いかが)いたしましょうか」などの文章に用いられる「如何」は、状態・意見などについてたずねるさまを意味します。名詞としての「是非」ほど硬い印象ではありませんが、比較的改まった表現となります。

まとめ

「是非」という言葉は、あらゆるところで使われていますが、本来の意味を聞かれてすぐに答えられる人は少ないでしょう。名詞や副詞としての異なる意味や、正しい使い方をきちんとマスターすることで、表現の幅が広がります。使い方によっては強い力を持つ言葉のため、状況や相手をよく見極めて、ぜひビジネスに活かしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る