ソリューションとは?意味と使い方を解説

ソリューションとはビジネスやIT関連で使われることが多い言葉です。最近では多くのメディアで使われることも多く、時事用語の一つとも言えるでしょう。フリーランスなどネット業界に携わりたい方へ、覚えておくと役立つソリューションの意味と使い方について紹介します。

ソリューションとは


「ソリューション」とは多くの分野で用いられる用語です。英語から派生しているカタカナ用語になります。新聞やテレビなどで目にするばかりでなく、ビジネスの世界では専門用語として「ソリューション」が扱われることも少なくありません。ビジネス用語「ソリューション」が意味する内容について紹介します。

英語を直訳すると問題解決

ソリューションは英語で書くと、「solution」と綴ります。問題を解くという意味の「solve」の名詞形が「solution」です。英語を直訳すると「問題解決・解決方法」を意味します。

企業の抱える問題をITで解決する事

ビジネスにおける「ソリューション」の使い方として、「ITソリューション」が代表的です。「ITソリューション」とは、「企業の抱える問題をITで解決する事」を意味しています。IT業界の規模感が大きくなり、フリーランサーの数も増えてきている現在、「ITソリューション」の需要は大きくなっていると言えるでしょう。

ソリューションのつく言葉


「ソリューション」とは、顧客や企業が抱える問題解決についてのサービスなどを指します。「ソリューション」のつく言葉について紹介します。

ソリューションカンパニー

「ソリューションカンパニー」と呼ばれる企業があります。「ソリューションカンパニー」とは、顧客企業の抱えている問題に対して、「ソリューション(解決方法)」を提案する企業です。顧客企業のアドバイザーの役割をする企業と言い換えることもできます。

ソリューションプロバイダー

「ソリューションプロバイダー」という言葉もあります。「ソリューションプロバイダー」とは、マイクロソフトから認定を受けた、システム構築や運営のプロを指します。ITの力で企業を助ける専門家と言えるでしょう。

ソリューションの使い方・例文


「ソリューション」はIT業界で使うことが多い言葉です。IT業界で仕事を受けることを考えているフリーランスの方には、知っておいて損のない言葉と言えるでしょう。ビジネスで役立つ言葉「ソリューション」の使い方や例文について紹介します。

顧客にソリューションを提案する

ネットビジネスでは顧客に対して、顧客のお悩みに合わせた改善方法やITサービスを提案することが少なくないでしょう。ビジネスシーンでは、「顧客にソリューション(解決方法)を提案する。」という言い方をすることが多いです。

ソリューションを構築するSEを募集

ソリューションカンパニーから、「ソリューションを提供する○○を募集」と言った求人広告が出されることがあります。〇〇の部分には、営業、制作、開発(SE)などが入ります。

「ソリューションを提供する○○を募集」という文句があった場合、社内で支持されたタスクをこなすだけではなく、顧客の課題発見をし、問題解決方法を考え、それを実現するまでを担うという意味合いがあります。同じ意味合いを持たせる言葉として、「コンサルタント営業」といったものもあります。

ソリューションを提供するのはA社だ

特定の部門を担当し、課題発見と問題解決、保守までを請け負う時などに使います。例えば、複数の企業が関わるプロジェクトで、A社がインフラ開発を担当する場合、「本プロジェクトのインフラ開発に対してソリューション提供をするのはA社だ。」といった使い方です。

ソリューションの類語


「ソリューション」という言葉は、インターネットビジネスでは重要な用語と言えます。同じようなニュアンスで使用できる言葉をご存知でしょうか。「ソリューション」の類語について紹介します。

システムインテグレーション

「システムインテグレーション」とは、顧客のニーズに合わせて多様なネット機器やソフトなどを構築することを言います。「ソリューション」の一種であり、類語と言えるでしょう。同様の言葉として、「キャパシティプランニング」という言葉を用いることもあります。

まとめ

今回はビジネス用語として使われている、ソリューションという言葉について紹介しました。ソリューションはネット業界で問題解決をする意味合いで使われています。今後もIT用語でソリューションが使われる頻度は高くなると言えるでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る