個人事業主フリーランスに必要な印鑑は?角印で信用性上昇!

個人事業やフリーランスで仕事を行う際には印鑑を用意する必要があります。法人ではないため個人用の印鑑と兼用しても良いのですが、事業用の印鑑を揃えておくことによって様々なメリットがあるでしょう。この記事では、印鑑の種類やその効果、そして印鑑選びの注意点等を見ていきたいと思います。

印鑑はどんなときに必要?

契約書、請求書への捺印

個人事業主やフリーランスは契約書や請求書を交わすことが多いのではないかと思いますが、その際の捺印に印鑑が必要となります。その他、領収書や納品書等にも押印が求められる場合が多いです。

役所や法務局、銀行書類に

また開業届等、役所や法務局等に提出する書類にも印鑑が必要です。同様に、銀行関係の書類を記載する際にも捺印が求められます。

揃えれば揃えるほど信用性が増す

現在、印鑑は様々なところで売られており、そう珍しくない名前の場合は100均等で揃えることも可能でしょう。しかし、個人用の印鑑と事業用の印鑑を用意し分別して使用することで、「しっかりと事業を行っている」と思われやすくなるというメリットがあります。

個人名での仕事の場合必要な印鑑は?

仕事用の認印

認印は主に書類への捺印等に使われる印鑑であり、汎用性が高いものであると言えるでしょう。認印には三文判やシャチハタ等任意の印鑑を使用することができ、特に何処かに登録しないといけないということはありません。

仕事用の印鑑登録した実印

対して、実印は公的な書類や車、不動産等の契約時に使用する印鑑です。認印と比べると使用頻度はそれほど高くはありませんが、本人確認効力は認印より高く、実印が押印されていると「本人が自分の意思で同意した」と見なされやすくなります。実印は役所等への登録が必要であり、基本的には印鑑証明書とセットで使用されることが多いでしょう。

屋号名での仕事で必要な印鑑の種類

契約書,ビジネス,kuguru,クグル,くぐる

代表者名と屋号名の入った丸印

フリーランスや自営業で仕事を行っている際、屋号を用いている方も多いのではないかと思います。その際は代表者名と屋号名の入った丸印を用意しておくと仕事が捗るかもしれません。

企業と契約を交わす際、相手は立派な法人名の入った印鑑を使用しているにも関わらず、こちらが小さい個人名のみの印鑑を押印していると、少々書類の見栄えが悪くなってしまうでしょう。また、そのせいで相手から軽く見られてしまうといった可能性もあります。

代表者名の入った銀行印

屋号名及び代表者名の入った銀行印も場合によっては準備しておいた方が良いかもしれません。基本的に、法人ではない屋号名での銀行口座開設は難しいと言われていますが、ちゃんと実体が確認できしっかりと管理運営がされていると見なされればその限りではないでしょう。屋号名の口座で取引を行うことができれば、相手からの信用もアップするかもしれません。

ゴム印もあれば便利

ゴム印は絶対に必要というわけではありませんが、あれば事務手続きを効率的に進めることができるでしょう。ゴム印は事業の屋号や住所、電話番号といった個人性の高いものから、「請求書在中」や「納品書在中」等汎用性の高いものまで存在します。用意しておくことにより、書類の記入時間も短縮できます。

角印はあった方がよい?

特になくてもよい

印鑑の種類には丸印の他に角印というものも存在しますが、効力は丸印と変わらないため特に必要とされるわけではありません。実務的には上記でご紹介した丸印やゴム印等で事足りるでしょう。

信用性UPに貢献

しかし、角印を使用することによって信用性がアップする可能性もあります。フリーランスや自営業で事業を行う際には対外的な信用を獲得しづらいという面があるのですが、角印を利用することによってしっかりとした組織であることをアピールすることができます。

印鑑選びの注意点

安いものではなく丈夫なものを

印鑑選びの注意点とはしては、まず安いものではなく丈夫なものを選ぶよう心掛けましょう。安いものは確かに一時的な出費は押さえられますが、印鑑というのは頻繁に使用するためすぐに壊れてしまうかもしれません。

もし壊れてしまった際には一々買い直さなければならず、その度に印影が変化してしまうと何かと不都合が生じる可能性があります。事業用の印鑑は経費で購入することも可能なため、なるべく最初から丈夫なものを選択した方が良いでしょう。

手の大きさに合わせたサイズを選ぶ

また、自分の手の大きさに合わせたサイズのものを選ぶことも大切です。自分の手にフィットする印鑑であれば押印も楽に行うことができ、疲れにくくなるという効果が期待できます。

まとめ

日本では押印による本人確認という文化が主流なため、なるべく見た目の良い印鑑を用意しておくことによって対外的な信用を高められるという一面があります。ちゃんとした印鑑は安いものではありませんが、信用というのは時に金銭以上の価値を持つこともあるのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る