クリティカルの英語表記や意味とは?単語のつく言葉や使い方を解説!

ビジネスシーンや日常会話で時々耳にする「クリティカル」という言葉。正確にはどのような意味で使われているのかご存知でしょうか。本記事ではその意味や「クリティカル」のつく用語、使い方や使用例などをご紹介します。

クリティカルとは?

英語表記は「critical」

「クリティカル」というカタカナでの表現で日本語の中にも浸透しつつある言葉ですが、英語では「critical」と表記されます。品詞としては形容詞に分類され、「危機」という意味を持つ名詞「crisis」、または批評家、評論家という意味の名詞「critic」の形容詞形です。

主な意味は重要な、重大な、批評的な

「critical」の意味は主に、「crisis」から派生する「危機的な」「致命的な」「重要な」「重大な」、また「critic」から派生する「批評的な」「批判的な」です。前述のように、「critical」という単語は名詞「crisis」「critic」の形容詞形とされており、意味もこの名詞の意味に由来しています。

ビジネス用語では主に危機的、致命的

ビジネスシーンで「クリティカル」という言葉が使われると、多くの場合は「危機的な」「致命的な」という意味で用いられます。よく耳にするのは「クリティカルな〇〇」という使い方で、後述する「クリティカルな問題」、「クリティカルな状況」などの表現が見られます。

対して、ビジネスや日常での会話での「クリティカルな〇〇」という表現において、「批評的な」「批判的な」という意味で「クリティカル」が用いられることはあまり多くないといえるでしょう。

ゲームではクリティカルヒットの略称

「クリティカルヒット」とは、テーブルトークRPGやコンピューターゲームの戦闘において、低確率で通常よりも大きなダメージ、あるいは即死ダメージを与える攻撃を指します。この攻撃を略して「クリティカル」と呼ぶことがあります。

例として、ドラゴンクエストシリーズでは「かいしんのいちげき」「つうこんのいちげき」、ポケットモンスターシリーズでは「急所に当たった!」と称される攻撃が、ゲームにおいての「クリティカル」です。

クリティカルのつく言葉

クリティカルシンキング

日本語では「批判的思考法」と訳されますが、ただ「物事を批判的に捉える」という思考法ではありません。ネガティブな「批判」をするのではなく、物事の前提や内容、判断が本当に正しいか、なぜそうなのかを多角的に検討し、客観的・論理的に思考する方法を「クリティカルシンキング」と呼びます。物事の孕む問題を特定して適切な分析を行うことで、問題の最適解にたどり着くための思考法といわれています。

クリティカルパス

「クリティカルパス」とは、「重大な経路」という意味の言葉です。英語では「critical path」と表記され、ビジネスシーンにおいてマネジメント用語として用いられます。

一つのプロジェクトが完了するまでに必要な最長の時間を計算した上で、その時間を必要とする一連の作業を示す言葉が「クリティカルパス」です。プロジェクトの進行状況をクリティカルパスと照合することで作業に遅れがあるかどうかを見極めることができ、効率的なマネジメントに役立てることができます。

また医療の分野において、診療計画表を「クリティカルパス」と称します。治療や看護を標準化し、質の高い医療を効率よく安全に提供し、コスト削減を実現するための診療計画表が医療分野における「クリティカルパス」です。

クリティカルエラー

「クリティカルエラー」とは、コンピューターのシステムに致命的なダメージを与えるエラー、またはコンピューターが正常に動作することを妨げるような致命的なエラーを指します。ハードウェアの故障やソフトウェアの誤作動もクリティカルエラーに含まれます。コンピューター自体の稼働が難しくなることもあり、根本的な問題の解決ができない限りクリティカルエラーの解決には繋がらない場合がほとんどです。

クリティカルケア

「クリティカルケア」とは、医療の現場において、生命の危機に瀕している重症患者に対して行われる、集中的な観察とケアを施す看護を指します。重篤な病気や外傷、大規模な手術によって呼吸や循環などに重大な障害がもたらされている患者に対するケアであり、主にICUやCCU、救命救急センターなどで行われています。

クリティカルリーディング

直訳すれば「批判的に読むこと」という意味になりますが、こちらも「クリティカルシンキング」と同様にネガティブな意味での「批判的」ではありません。対象の文献を精読して内容を正確に理解した上で、筆者の主張の根拠や内容の正否などを客観的に分析し、正当に評価する読み方が「クリティカルリーディング」です。

クリティカルの使い方や使用例は?

クリティカルな問題

「クリティカルな問題」と表現される場合には、「クリティカル」は「重大な」、あるいは「危機的な」という意味を表すことがほとんどです。「重大な問題」という意味で、下記のような例文で用いられます。

例文:どんなに些細な事柄でも、上層部への報告及び相談をせずに進めてしまうと、クリティカルな問題に発展しかねない。

クリティカルな状態

こちらもよく耳にする表現で、日本語に置き換えると「危機的な状態」という意味となり、「危機的な」、または「危険な」という意味で「クリティカル」という言葉が使われています。使い方としては、下記のような例文が挙げられます。

例文:現場の人手は限られているので、クリティカルな状態にある患者の治療を最優先とする。

クリティカルな状況

前述の「クリティカルな状態」と似た表現となりますが、こちらも「クリティカル」を日本語に置き換えると「危機的な状況」という意味となります。

例文:クリティカルな状況においても問題を一つ一つ分析し、まず何をすべきか冷静に考えて行動する。

まとめ

「クリティカル」という言葉は、使い方によって、「重大な」「危機的な」と、「批判的な」「批評的な」との二つの意味に大きく分けられます。日常やビジネスで使われているのを耳にした際には、まずはどちらの意味で用いられているのかを考えてみると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る