クラウドソーシングで副業しやすい仕事は?税金から副業がばれる?

副業で得た収入に対する税金の仕組みや、副業しやすいクラウドソーシング案件を見ていきたいと思います。副業を行う際の選択肢の一つとしてクラウドソーシングサイトが挙げられます。クラウドソーシングサイトには多種多少な業務が募集されていて、特別なスキルが必要とされないものであれば誰でも受注することが可能です。

クラウドソーシングでの副業の税金

給与以外の所得が20万円を超えたら申告

1箇所から給与を貰っているサラリーマンの場合、給与所得及び退職所得以外で年間20万円を超える所得を得た場合は確定申告を行う必要があります。20万円を超えなければ確定申告の必要は生じないため、副業を行う場合は自身の都合に合わせて収入を調整しましょう。

所得は収入から必要経費を引いたもの

所得とは、収入から必要経費を引いて算出されたものです。そのため、副業の売上が25万円あっても必要経費が6万円かかっていれば、25万-6万=19万となり申告は不要です。そのため、収入を得るために要した費用はしっかりと経費として算入しましょう。

副業は通常雑所得で確定申告

給与所得をメインで得ているサラリーマンの場合、副業は通常雑所得で確定申告を行います。雑所得とは、給与所得や事業所得等定められている区分に該当しない所得をまとめた所得のことを指します。そして、一箇所から給与所得を得ており、それ以外の所得がない場合、雑所得が年間20万円以下であれば確定申告を行う必要はありません。

副業が会社にバレることはある?

住民税の特別徴収でバレることも

副業が公認されていない会社で副業を行っていることを知られてしまうのは後々のためにも避けたいところですが、住民税の関係で発覚してしまう可能性があります。住民税の徴収方法には特別徴収と普通徴収というものがあり、特別徴収は給与から天引される方式です。その場合、会社側に住民税額が通知されてしまうため、そこから副業が発覚してしまうリスクが生じます。

副業の住民税は普通徴収を選択

副業を行う場合は住民税の徴収方法を普通徴収に切り替えておくことをお薦めします。普通徴収であれば給与から天引ではなく自分で納付書等を使用し納税する形になるため、会社側に税額が通知されることはありません。

しかし、どのような手段を用いても副業が発覚してしまうリスクはゼロにはならないため、会社で副業が禁止されているかどうかを事前に確認しておいた方が良いでしょう。

副業しやすいクラウドソーシングの仕事

WEBライティング

副業を行う際には、クラウドソーシングサイトが有力な選択肢の一つになるでしょう。その中でも比較的募集が多く、誰でも始めやすいものの一つとしてWEBライティング業務が挙げられます。

WEBライティングとは、クライアントの要望に基づいた様々なジャンルの記事を作成する仕事です。そのため、執筆するテーマに対する興味や知識等が必要とされるものの、基本的にはインターネットでしっかりと調べて記事を作成すれば問題ないでしょう。

テープ起こし

テープ起こしも人気のあるクラウドソーシングの一つです。テープ起こしは、クライアントから手渡される音声データの内容をテキストに書き起こすといった作業です。

テープ起こしには様々な方法があり、収録されている音声をそのまま全て文字に起こす方法や、ケバ取りと呼ばれる情報に不要な部分はカットして起こす方法等があります。また、膨大な音声データを手渡されることもあるため、タイピングスピードを鍛えておく必要があるでしょう。

翻訳

翻訳業務は少々専門的なスキルが必要とされるため、英語等語学の知識を有している方にお薦めです。インターネット上の記事を日本語に訳すというものが多い印象ですが、日本語→英語のような翻訳業務も存在します。

翻訳案件を受注したい場合は、まず自身の語学力がどの程度あるのかをアピールするために何らかの資格をとった方が良いかもしれません。例えば、英語であればTOEICや英語検定が挙げられるでしょう。

翻訳家の仕事とは
翻訳家はそもそも社員等の求人が少なくフリーランスとして活動する人が多くいます。フリーランスの場合、依頼元の企業等と「業務委託契約」を結んだり、クラウドソーシングで仕事を探したりするのが一般的です。翻訳といっても、海外のWEBサイトやアプリの翻訳、ビジネスにおける契約書等の業務上の書類の翻訳、書籍の出版翻訳、など仕事は多岐に渡り、さらにそれぞれ必要とするスキルが異なります。ここでは、フリーランスの翻訳家とは具体的にどのような仕事なのか、働き方や年収とあわせて解説します。

ロゴデザイン

ロゴデザインはイラストレーターとしてのスキルを有している方にお薦めの副業です。多くはコンペと呼ばれる形式で募集されており、採用されれば報酬が支払われるといった形になります。せっかく気合を入れて作ってもそれが採用されなければ無報酬になってしまう可能性があるため、どのコンペに応募するかは慎重に検討した方が良いでしょう。

業務委託デザイナーの仕事内容や契約の流れ
働き方企業と雇用契約を結ばずに業務委託契約を結んでデザイナーとして働く人もいます。業務委託のメリットとデメリットはどんなところにあるのでしょうか?また求人の探し方や契約の結び方の流れと契約上トラブルが起きやすい注意点などを説明します。またデザイナーと言ってもWEBデザイナー、アパレルデザイナーと仕事の内容も様々です。デザイナーの仕事内容の違いについても簡単に解説していきます。

データ入力

データ入力はクライアントから渡された資料をひたすらPC等に入力していく作業です。データ入力業務の敷居はそれほど高くはないものの、単価が比較的低めに設定されているため、根気とタイピングスピードが求められるでしょう。

クラウドソーシング・エージェントサイトおすすめ
フリーランスで活動している方の中には、クラウドソーシング・エージェントサイトに登録して仕事をしている人も多くいます。エンジニア、ライター、デザイナーなど、様々な職種の案件が掲載されています。ただサイトごとに職種や仕事内容、サービスの特性が異なります。自分に合ったサービスが、提供されているサイトへ登録をすることをおすすめします。
こちらの記事ではサイトや案件選びのコツを紹介します。

まとめ

クラウドソーシングサイトでの副業には上記以外にも様々な種類があり、それぞれに求められるスキルや特性も異なります。そのため、自分に適した業務やクライアントを見つけることができれば安定して収入を得ることができるでしょう。その際、会社の副業規定をしっかりとチェックしておくことをお薦めします。

関連記事

ページ上部へ戻る