フェーズとは?似ているようで異なる言葉も紹介!

ビジネスシーンで何か大きなプロジェクトなどに参画していると、「フェーズ」という言葉を耳にすることがあります。なんとなく使えてしまいそうな言葉ではありますが、正しい意味や使い方は知っていますか?本記事では、「フェーズ」の意味や似た言葉、「フェーズ」を使った言葉などをご紹介します。

「フェーズ(phase)」とは

英語を直訳すると「段階」や「局面」の意味

日本語の中でもよく耳にする「フェーズ」という言葉ですが、元は「phase」という英単語です。「phase」は品詞としては名詞に分類され、物事の変化や発達の「段階」や「時期」、あるいは物事の「局面」、「相」などの意味を持ちます。日本語の文脈で使われる際にも、この大元の言葉に準じた意味で使われています。

単位がない変化・発達・成長段階の意味

「フェーズ」は、単位のない「変化」や「発達」、「成長段階」を表す言葉です。売上など数値で表現されるものとは異なり、プロジェクトの進捗状況などのように、変化や発達、進み具合の段階を数値で表すことのできないものも存在します。単位で表されることなく変化していくものを、期間や規模で区切って一つの「フェーズ」とし、発達段階や変化段階を表現します。

IT業界では工程の意味

IT業界においては、プロジェクトのマネジメントに「フェーズ」という言葉が使われます。「フェーズ」が表す意味は「工程」です。特にシステム開発の際にはプロジェクトを組んで進めることが多く、プロジェクトを進める上での「工程」や「段階」のことを「フェーズ」と呼び、過程の一区切りを表す言葉として使われます。

「フェーズ」に似た意味の言葉

ステップは工程の大きさが異なる

物事の段階を表す言葉として「フェーズ」の他に「ステップ」という言葉が挙げられますが、この二つの言葉の意味には差異があります。物事の段階を大工程、または中工程に分けた場合の一つの工程を「フェーズ」とすると、「ステップ」はその「フェーズ」を構成するさらに小さな工程の一つを表す言葉です。イメージとしては、一つの「フェーズ」が複数の「ステップ」によって構成されている、ということになります。

プロジェクトは大規模な計画と実行のこと

「プロジェクト」とは、独自の製品やサービスなどを想像するために実施される、機嫌が定められた大規模な計画を指します。「プロジェクト」を実行する際に、期間や規模によって「プロジェクト」全体を区切った単位として用いられるのが「フェーズ」です。「プロジェクト」を複数の「フェーズ」に分けて進行する、ということになります。

タスクはやるべきことのこと

「タスク」とは、英語では「task」と表記し、直訳すると「作業」「課題」「仕事」という意味の言葉です。ビジネスで使われる「タスク」という言葉は「すぐに取り掛かることができる、最小単位の課題や作業」を指します。「フェーズ」や「ステップ」などの期間や規模によって区切られた「工程」とは違い、その「工程」を構成する「作業」が「タスク」です。

プロセスは物事を進める手順

英単語の「process」は、「物事を進める手順」「物事が進む過程」を意味する言葉です。ビジネスにおける「プロセス」という言葉は、「工程の一つ一つの進め方」を指します。一定の期間や規模ごとに区切られた工程を指す「フェーズ」や「ステップ」、一つ一つの作業や課題を指す「タスク」とは異なり、あくまでそれらの「進め方」を表すのが「プロセス」という言葉です。

フェーズのつく言葉

フェーズ1(、2、3…)

一つのプロジェクトなどの大きな物事を、時間や作業の規模によっていくつかの「フェーズ」に分けた際に、各「フェーズ」を「フェーズ1(、2、3)」というように番号をつけて呼ぶことがあります。実際にマネージメントする場面でわかりやすいよう、それぞれの「フェーズ」に取り掛かる順番通りの番号を割り当てた呼び方です。

フェーズゲート

「フェーズゲート」とは、「フェーズ」の終局の呼称であり、プロジェクトなどの進行状況における「関所」のような存在です。各フェーズの終わりである「フェーズゲート」では、そこまでの作業で所定の条件を満たしていなければ、その次の「フェーズ」に進むことができません。プロジェクト全体を進める中での要所となるため、それまでの作業を再評価し、プロジェクトの変更や中止を検討するタイミングでもあります。

フェーズドアレイレーダー

「フェーズドアレイレーダー」とは、複数のアンテナ素子を規則的に縦横に並べた「フェーズドアレイアンテナ」を採用したレーダーを指します。よく名前を耳にする「パラボラアンテナ」に比べて、アンテナを回転させることなく、広い範囲で沢山の目標物を発見することができるレーダーです。艦船や航空機、気象レーダーなど、軍事や気象観測の分野で活用されています。

まとめ

「フェーズ」は、プロジェクトの管理をする側でも末端の作業を行う側でも、いずれの場合も耳にし、実際に使うこともある言葉です。意味をしっかり押さえておくことで、プロジェクトの進み具合や進め方の理解に役立ちます。また、「ステップ」や「タスク」、「プロセス」などの言葉との違いも抑えておくことで、プロジェクトの進め方がよりスムーズに理解できるでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る