「つきましては」の意味と正しい使い方!間違う前に例文で理解!

「つきましては」という言葉は、ビジネス文書や会話で度々使われています。本来の意味や使い方のポイントについて、例文を交えながら解説します。さらに類語にはどのようなものがあるかについてご説明します。

「つきましては」の意味は?


ビジネス文書などで目にする「つきましては」ですが、本来の意味はどのようなものなのでしょうか。意味を知らずに何となく使ってしまったばっかりに、恥をかくこともあります。本来の意味をきちんと把握して使うことが大切です。

「したがいまして」「そういうわけで」

「〇〇について」や「〇〇については」の丁寧語で、話題の対象となる言葉を指す場合に使用します。ビジネス文書やスピーチなどに使用されることが多く、「つきましては」の後に続く文章も「~でございます」のように丁寧語を使用します。

「〇〇に関しては」

例文1 その件に関しては、
例文2 その件につきましては、

例文1も例文2も同様の意味で使われています。例文1については、「〇〇に関しましては」という言い方もできます。「つきましては」の方が「関しまして」よりもさらに丁寧な印象になります。

文頭につける時は接続詞的な意味

「そこで、そのため」といった接続詞的な意味で使われることがあります。「つきましては」の後の文章で何かをお願いするような状況の時に使用することが多いです。

「つきましては」の使い方・例文


「つきましては」は、接続詞的な表現として使われる場合と、話題を指示する言葉の丁寧語として使われる場合の2つの意味を持つことがわかりました。では、具体的にどのように使用するのか例文を見ていきます。

「つきましては是非〜いただきたく」

例文 このような状況が続いており、つきましてはぜひご協力いただきたくお願い申し上げます。

接続詞的な表現です。なにかの状況を説明するような文章が「つきましては」の前にくることになります。「つきましては」の後の文では、協力して欲しいといった依頼やお願いをする文が来ることになります。

「その件につきましては~」

例文 その件につきましては検討中でございます。

話題を指示する言葉の丁寧語です。「つきましては~」は、「~について」「~については」「~関しては」に置き換えることができます。例文のように、「つきましては」を使った場合、語尾は「ございます」と丁寧語で書くことが多いです。

「つきましては」の使い方ポイント


「つきましては」の使い方のポイントについて見ていきます。丁寧語であることはわかりましたが、目上の方にも使える言葉なのかどうか、文章中に使用する場合の書き方の注意点など詳しく説明します。

漢字で書くと「就きましては」

「つきましては」を漢字で書くと「就きましては」と書きます。「就いては」の丁寧語に助動詞「ます」の丁寧語をプラスした言葉です。一般的には漢字ではなく平仮名で「つきましては」と書きます。

目上の人に対しても使える

丁寧語のため、上司やお客様など目上の人に対して使える言葉です。接続詞としてだけでなく、事柄を指示する言葉として通ことができます。

文書の場合改行してから書く方が良い

「つきましては、日頃の感謝の気持ちをこめまして~」のように接続詞として使用する「つきましては」の場合は、文頭で使うことになります。文書の場合は改行してから書くほうが見やすくわかりやすいです。

つきましてはの類語は?


つきましてはの類語について見ていきます。類語とはいっても、同様の意味ではありますが、使い方が違っているものもありますので、注意が必要です。ビジネス文書でも度々目にする「したがいまして」、「おかれましては」、「関しましては」について解説します。

「したがいましては」

「従って」の丁寧語として、漢字で「従いましては」と書くことが多く、「つきましては」よりもフォーマルな場合に使用される言葉です。

例文 このような結果が出ております。従いましては、部署の統合という結論に至り、来月月初より実行することに致しました。

例文のように、前に書かれた文章に対して結論を述べる場合に使用されます。「従いましては」の後の文は確定的な結論や、従って欲しいという強い意味がこめられることがあります。

「おかれましては」

「つきましては」は話題の前後で使われていますが、「おかれましては」は場所や会社名、人名に続けて使用します。

例文1 貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
例文2 皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

例文1はビジネス文書でよく使われる言葉として、例文2はお客様や個人宛の手紙等で使われることも多いです。敬意を表す丁寧なあいさつ文として覚えておくといいでしょう。

「関しましては」

意味は「つきましては」と同様に、「おいては」、「際しては」という意味で使用します。

例文 予算に関しましては、後日詳しい資料を配布いたします。

例文のように、何かの事について指し示す場合に使われます。「したがいましては」や「際しては」よりもカジュアルな印象です。口頭でもよく使われます。

まとめ

何気なく使っている「つきましては」という言葉ですが、接続詞として使われる場合と、話題を指し示す場合に使う場合の2つのパターンがあります。使い方のポイントや類語の意味・使い方を押さえてビジネス文書や会話で使用するようにしましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る