UUの意味とは?PVやAUの違いもあわせて解説

皆さんは「UU」という言葉をご存知でしょうか?WEBマーケティング用語として使われ、サイトやホームページのSEO対策をする際やサイトそのものの価値を判断する指標となるものです。この記事では「UU」という言葉の意味と、似たような場面で使われる「PV」や「AU」といった言葉との違いを解説していきます。

UUの意味とは?


まずは、「UU」の意味からご紹介していきます。

ユニークユーザーの略

「UU」は「ユニークユーザー」という単語を略して表記したものです。ユニークユーザーは英語表記だと「Unique Users」と表記されるため、頭文字を取って「UU」と記載されたり呼ばれたりしています。

ユニークユーザー(UU)の言葉の意味ですが、簡単に言うと「特定の期間内にサイトやホームページを訪問した人数」ということを意味します。「人数」でカウントする指標のため、1人が何回もアクセスしたり色々なページを回遊したりしても、「1」とカウントされます。

WEBマーケティング用語

UUは主にWEBマーケティングの業界で使われることが多いです。検索エンジンで表示される順位を上げるためのSEOやサイトに集客するための広告の効果を図る上で使われる指標です。

そのサイトに訪問したことがある人が多ければ人気のサイトとなるため、一般的にはUU数が多ければ「良いサイト」と判断することができます。また、通販サイトであれば何人が訪問して何人が商品を購入したかなどを計測する分母として使われることもあります。

デバイスの違いは考慮されていない

上記では「人数をカウントする」とご説明しましたが、正確にはカウントできていないケースがあります。UUはIPアドレスやCookieなどのデータを元に判別していますので、同一人物がPCとスマホで同じサイトにアクセスした場合は、「2」とカウントされてしまいます。

また、PCを2台持っていてそれぞれのPCで同じサイトにアクセスした場合も「2」とカウントされます。このように、実際は同一人物であっても重複してカウントされるケースが存在するため、注意が必要です。

PV・セッションとの違いは?


次に「UU」と似たようなシーンでよく使われる「PV」や「セッション」といった言葉との違いについて解説していきます。いずれもWEBマーケティング用語として使われるため混同しがちですが、違いを理解して正確に使えるようにしておきましょう。

ここからは具体的なケースを元に解説します。Aさんはあるサイトに訪れましたが目当ての情報がなかったためサイトから離脱しました。翌日、別の情報を探しているときに、昨日見たサイトを思い出し再度アクセスしました。

トップページにアクセスし、下部に目当ての情報が記載されていそうなリンクがあったため別のページに遷移しました。Aさんは目当ての情報が得られたため、サイトから離脱しました。

このような場合、「UU」「PV」「セッション」はそれぞれどのようにカウントされるでしょうか?以下で詳しく解説していきます。

UUは重複のないユーザーの人数

まず、「UU」についてですが前述の通り、人数をカウントする指標です。この具体例では、Aさんがサイトに複数回アクセスしていますが、同一人物のため「1」のカウントとなります。

セッションは訪れた回数

次に、「セッション」について解説します。セッションはユーザーがサイトに訪問した回数を示す言葉です。UUとの違いは重複をカウントするかしないかになります。

今回の具体例では、同一人物であるAさんが2回サイトを訪問しました。よって、UUの場合は「1」とカウントされますが、セッションは「2」とカウントされます。

PVは見られたページの数

最後に「PV」についてです。PVは「Page View」の頭文字を取ったもので、サイトの中の各ページに対して閲覧された回数を指します。1ユーザーが1回の訪問で様々なページを見た場合でも、PVは複数回カウントされます。同一ユーザーかどうかや、訪問した回数とは関係なく、単純に「ページが見られた回数」を示しています。

この具体例では、まずAさんが1回目に訪れ何らかのページを閲覧したので「1」カウントされます。次にAさんが2回目に訪れた際もカウントされ、合計で「2」となります。また、Aさんはトップページから別のページに遷移しましたので、最終的な合計は「3」となります。

このように、「UU」や「セッション」、「PV」ではカウントする回数の定義が異なるため、ユーザーの同じ行動に対してそれぞれ違う数値がカウントされます。どの数値に対して、どのような回数であれば良いのか判断するためにも、それぞれの定義について理解しておきましょう。

UUはどのように使うの?


それでは実際に「PV」や「UU」などの数値を見て、何に役立てていくのかを解説していきます。

PV/UUで1人が何ページ見たか計測

前述の通り、「PV」はそのページが何回見られたかを指し、「UU」はサイトやページに訪れたユーザーの数を指します。これらを使ってサイトの質を上げるための仮設を立てていきます。

例えば、「PV/UU」という指標を使えば、サイトに訪問したユーザーが1人あたり何回ページを見たのか測ることができます。サイト全体の月間PV数が100万回でUU数は10万人だった場合、PV/UUは10となります。そして、翌月のUU数は変わっていないのに、PV数が減少していれば、ユーザーが色々なページを回遊してくれなくなったという想定ができます。

この場合は、新しいコンテンツを追加したり、新規のユーザーを誘導して回遊率を高めたりなどで対策を打ちます。WEBマーケティングの現場では、このように数値指標を元に分析を進め改善策を考えていきます。

特定のアクションをしたUUを計測

また、サイトに訪れた人数としてのUUだけでなく、様々なアクションに対してもUUを計測することがあります。アプリを提供している企業では、よく「1000万DL突破」などダウンロード数を宣伝したりしますが、インストールしたユーザーのUU数も計測しています。

アプリのダウンロードは1人が何回もできてしまうので、重複を排除してインストールされているユーザーのみをカウントしたものが「インストールUU」です。その他にも課金したユーザーの指標となる「課金UU」などもあり、「課金UU/インストールUU」で課金率を割り出して指標とすることもあります。

UUに代わるAUとは?


最後に、「AU」という言葉についてもご紹介していきます。

アクティブユーザーの略

「AU」とはアクティブユーザー(Active Users)の頭文字を取った略語です。ある期間内でサービスやアプリを使用したことがあるユーザーの数を指します。

アクティブなユーザーの数を測る

UUはサイト訪問やアプリのインストールなど特定のアクションをした人数を指していましたが、AUアプリやサービスを利用したことがあるかどうかで判別します。よって、サイトに訪れてもサービスを利用していないユーザーは、UUにカウントされてもAUにはカウントされません。

サイト訪問のUUやアプリをインストールしたUUは、全体的な人数を把握するために使われますが、実際にサービスやアプリを利用しているかの実態は掴めません。そのような場合は、AUを使って利用実態を把握していきます。

DAU・WAU・MAUのように使われる

AUを測る上で、対象期間によって呼び名が異なります。1日単位であれば「Daily Active Users」の頭文字を取って「DAU」、週単位であれば「Weekly Active Users」で「WAU」と呼ばれます。また、月単位であれば「Monthly Active Users」で「MAU」となります。

提供しているサービスやアプリの特性によって、DAUを見るべきかMAUを見るべきかなどは変わってきます。どの期間のAUを重視するのかを見極めて、改善に役立てていくことが重要です。

まとめ

WEBマーケティングで使われる用語は、英語を元に頭文字を取ったものが多く混同しがちです。また、似たような意味の言葉でも違う言い回しをすることがあるので、意味をしっかりと理解し適切に使えるようになることが大切です。ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る