「ちなみに」の意味は?ビジネスでの使い方や言い換えた言葉も紹介

「ちなみに」という言葉は、ビジネスシーンだけでなく、普段の会話のなかでもよく登場する言葉です。よく耳にするだけに、あまり深く考えず気軽に使ってしまいがちですが、実は、意外と間違った使い方をしている人も多い言葉です。改めて、意味が似ている言葉や敬語など、正しい使い方を確認しましょう。

「ちなみに」の意味

「ちなみに」は補足に使う言葉

「ちなみに」を漢字で書くと「因みに」という表記になります。もとの語源は、「因む」で、“何かと関係すること”という意味です。「ちなみに」とは、前に述べたことに関連して、あとから補足するときに使う接続詞であり、“ついでに言うとすると”“付け足して言うと”という意味になります。

「ちなみに」を英語にすると

「ちなみに」を英語訳した場合、もっとも一般的な表現は、「by the way」です。他にも、

oh, and (ああそうだ、そういえば~)
in passing (ついでに、ちなみに~)
for your information (ご参考までに〜)

などがあります。「ちなみに」は、様々な英訳が可能な言葉です。文脈や、使う相手によっても変わりますので、上記を参考にしてみてください。

「ちなみに」の使い方は?

「ちなみに」は丁寧語・敬語ではない

「ちなみに」は、結婚式のスピーチなどのフォーマルな場所でも使用することができます。しかし、あくまでも「だから」「つまり」などの接続詞や、「すぐに」「しっかりと」などの副詞と同じであり、丁寧語や敬語ではありません。

ビジネスでも使える

日常会話はもちろん、取引先や上司など、ビジネスシーンで使っても問題はありません。うまく使うことで、文章や会話のテンポもよくなります。

ただしビジネスで使う場合には、「ちなみに」だけでは少し軽い表現に聞こえてしまうため、「ちなみに申しますと」など、謙譲語や敬語と合わせて使うことで、より丁寧な表現にすることができます。

使いすぎると読みにくい

「ちなみに」とは、あとから補足する事項があるという場合に使う言葉です。便利な言葉ですが、何度も「ちなみに」を使ってしまうと、あとから追加する事項がたくさんあるということになってしまいます。使いすぎると、文章としては分かりづらく、読みにくいものとなってしまいますので注意しましょう。

「ちなみに」を使った例文は?

「ちなみに、〇〇はありますよ。」

相手の期待していたものが用意できていなかった場合に、代替可能そうなものをおすすめする時に使えます。

「本日特売の果物ですが、おかげさまでほとんど完売してしまいました。ちなみに、リンゴはありますよ。」
「資料は配布しきってしまいました。ちなみに、原本でしたらありますよ。」

「ちなみに、〇〇しておきました。」

何かしらの連絡をし、少し情報を付け足すときに使います。

「午後の会議ですが、開始時間が早まりました。ちなみに、書類は印刷しておきましたのでご確認ください。」
「新商品のチラシが出来上がりました。ちなみに、アルバイトの方達には展開してあります。」

「ちなみに申し上げますと」

「ちなみに、〇〇しておきました。」と似たような使い方をします。何か情報提供をした後に、さらにお得な情報を追加したり、特別な情報を紹介するときに使うことが多いです。

「来週から当店ではセールを行います。ちなみに申し上げますと、セール期間中はすべて30%オフにてご提供させていただきます。」
「ちなみに申し上げますと、ポイントカードをお作りいただければさらに割引になりますが、いかがいたしましょうか?」

類語や言い換えた言い方は?

「ついでながら」

「ちなみに」はビジネスシーンでも使えると説明しましたが、より丁寧な表現に、「ついでながら」があります。「ついでながら」も敬語ではありませんが、恐縮のニュアンスが含まれていますので、取引先や目上の方には「ついでながら」と言い換えることで、印象が良くなるでしょう。

「付け加えますと」

「ついでながら」と同様、「ちなみに」は「付け加えますと」という言葉に言い換えられます。「ちなみに」と同じく、前の文章について補足を述べる時に使う言葉です。より丁寧な印象を与えることができますので、シーンや相手によって、使い分けましょう。

「ところで」との違いは?

「ところで」は話題を変える言葉

「ちなみに」に似た接続詞で、「ところで」があります。こちらは、一度言葉を切って、話題を変える時に使う言葉です。「ちなみに」が、前の文章に関連した情報を付け加えるのに対して、「ところで」は、別の話題を出す際の、切り替えに使う言葉ですので、混同しないように注意しましょう。

間違った使い方

「ちなみに」とは、前の文章の補足として使うのが正しい使い方ですが、話の転換など、別の用法に使われる誤用が目立ちます。

誤用例)今日は良い天気ですね。ちなみに、昨日なくした家の鍵はまだ見つかりません。

家の鍵が見つからないことは、前の文の天気と関連した話題ではありませんので、誤った使い方です。また、後から質問文が続く場合にも、使わないようにします。

誤用例)素敵なワンピースですね。ちなみに、どこで買ったの?

上記のどちらも、「ところで」などを用いるのが適切です。

まとめ

「ちなみに」という表現はとても便利で、ビジネスシーンでもかなり活躍します。しかし、何度も繰り返し使用するなど使い方を誤ると、わかりづらくなるばかりか、自分や会社の印象までも下がってしまう恐れがあります。情報を補足することで、会話をより広げることもできますので、言い換え表現を身につけて、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る