クリエイティビティとは?ビジネスでの意味や使い方・例文を紹介!

まだ市場にない新しいものを考えるときに用いられる「クリエイティビティ」という用語をご存知でしょうか。「クリエイティビティ」の意味や使い方、例文について紹介します。

クリエイティビティとは


クリエイティビティという言葉の正しい意味や、仕事上での「クリエイティビティ」に対する考え方について紹介します。

日本語で「新しいものを生む創造力」

「クリエイティビティ」という言葉は、想像力や行動力に対して用いることが多いです。組織の中で働いているとき、フリーランスとして個人で活動しているとき等、周りとは違う発想力が勝負の決め手になるときがあります。

例えば、従来とは異なるサービスを商談で提案するという状況、誰もが思いつかなった企画で新しい市場や状況を生み出すというケースがあるでしょう。そういう新しい状況を作り出せる人を、「クリエイティビティ」を備えた人材であるということができます。

英語ではcreativity

「クリエイティビティ」という言葉は、英語から来ています。英語で綴ると「creativity」となり、「創造」という意味になります。「作る・創造する」という動詞「create」が変化した名詞です。ビジネス用語で「クリエイティビティ」という言葉が用いられるときは、「創造性」という意味で用いられることが多いと言えるでしょう。

法律では著作権がらみの意味も

法律の用語として「クリエイティビティ」を用いることも珍しくありません。作品や著作物を創造した人に対する著作権を、「クリエイティビティ」と表現することが一般的です。

法律用語では「創作性」という意味合いで、「クリエイティビティ」が使用されています。新しく何か創る・作ったというニュアンスには、「クリエイティビティ」が使用できるという認識で問題ないでしょう。

クリエイティビティの使い方・例文


「クリエイティビティ」というビジネス用語は、創造するというニュアンスで幅広く使用することが可能です。具体的に、「クリエイティビティ」を用いる場合にはどのような使い方をすれば良いのでしょうか。覚えておくと役立つ「クリエイティビティ」の使い方や例文について紹介します。

「クリエイティビティ溢れる作家」

「クリエイティビティ」には「発想力・想像力」というニュアンスがあります。想像力豊かな状況設定やストーリーを生み出すことが出来る作家には、「クリエイティビティ」という言葉を賛辞として用いることが可能です。雑誌やメディアでも見聞きすることが多い表現の一つと言えるでしょう。

「クリエイティビティを鍛え高める」

顧客からの注文や依頼を受ける時には、仕事やサービスに対するインスピレーションが欠かせません。既成概念を振り払って、考えを周りにぶつけて反応を確かめることも求められます。そういうトータルの姿勢を「クリエイティビティを鍛え高めること」につながる努力として表現することができます。

クリエイティビティの類語


「クリエイティビティ」と表現することが可能他には、どのような類語があるかご存知でしょうか。「クリエイティビティ」に関する類語の意味や考え方を紹介します。

アイデア

「クリエイティビティ」と同じく、「アイデア」も英語から来ているビジネス用語の一つです。「考え」を示すことも多いですが、「新奇な考え・着想」も示すことがあります。「イデアや理念・観念」というニュアンスもあり、理想とする望ましい考えを表現する場合にも用いられることがあります。

創造性

「クリエイティビティ」の意味で「創造性」がありますが、ビジネスシーンでのニュアンスは異なります。「クリエイティビティ」は瞬発力のあるアイデア(思いつき)と従来にはなかった創造性(新しい考え・行動)を2つ合わせて「クリエイティビティ」と表現することが多いです。

クリエイティブ

「クリエイティビティ」は名詞的に使うことが一般的ですが、「クリエイティブ」は独創的やオリジナル性を示す修飾語になります。新しいことを創り出すことに秀でているさまを表現するために名詞の前につけて、「クリエイティブな作品・仕事」などのように表現することが多いです。

まとめ

今回はビジネスに用いられている「クリエイティビティ」という言葉について、意味や考え方、例文について紹介しました。フリーランスの仕事やネットビジネスには、新しいものを想像するスキルが不可欠です。新しいものを探求する意識を強く持ち、「クリエイティビティ」のある仕事につなげていきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る