ベネフィットとは?正しい使い方や理解の仕方を解説!

様々な企業で、成果を上げるために「ベネフィット」について考えます。なんとなく意味を知っていても、具体的にどのような事を指し、どういった考え方をすればいいのかを知ることが大事なのです。そこで今回は、ベネフィットの意味を徹底的に解説し、実際にどのような使い方をすればいいのかを学んでいきましょう。

「ベネフィット(benefit)」とは?


ベネフィットには複数の意味があります。まずは、ベネフィットの意味をビジネス視点で見ていきましょう。

直訳では「利益」

ベネフィットは、そのままの意味を解釈すると「利益」という意味になります。例えば作業効率を上げることのベネフィット、負担を減らすことのベネフィットなど、様々なシーンで利益が生じるときに使う言葉です。

商品から得られるメリット

ベネフィットには利益以外にも、マーケティング用語として「商品から得られるメリット」という意味があります。ただ商品を買って利益を得ることではなく「お客が自社の商品を使うことで得るメリット」という意味です。

お客様との信頼関係も大事

お客様がベネフィットを得るためには、良い商品を提供するだけでは成り立ちません。自分の会社の商品の説明を素直に聞いてもらえるように、しっかりお客様との信頼関係を築くことが大切です。信頼を得られるからこそ、買い手も商品を購入するときの不安がなくなり、商品を購入することのメリットを感じられます。

「ベネフィット」の使い方・例文


実際にビジネスでベネフィットを効果的に使うためには、どのような文面を考えればいいのか、例文を交えて具体的に説明していきます。商品のメリットだけではなく、購入した先にどのような利点があるのかを考えることがポイントです。

お客様のベネフィットを考える

直訳の意味では「お客様の利益を考える」となります。しかし、この場合は「お客様が商品を買うことで、どのようなメリットがあるのかを考える」という文面です。商品を購入してどれだけ満足させることができるかを表すときに使いましょう。

主に商品開発の際やマーケティング用語として使うことが多いため、食品メーカーやIT企業などでも頻繁に活用する機会があるでしょう。

「常にお客様のベネフィットを考えて行動するように」と言われたときは、商品のメリットではないと理解しておくことが大事です。

「ベネフィット」を理解するには?


ビジネスでは主にお客を満足させるために使うベネフィットですが、どのようにすればベネフィットを理解することができるのかを解説していきます。

売り手と買い手の直接的なメリットが違うことに気づく

買い手のベネフィットを理解するためには、メリットとベネフィットの違いを明確にすることが大切です。メリットは具体的に商品にどのような利点があるのか、また特徴をしっかり把握する必要があります。

一方ベネフィットは、商品の利点の先まで考えなければなりません。商品に様々なメリットがあっても、購買意欲を促進するには至らない場合もあります。そのため商品を購入した先に生活にどれだけ役立つか、どれだけの恩恵があるのかを提示させることが大事です。

売り手のベネフィットは「直接利益が入ることです」が、買い手は「未来にメリットがあるかどうか」を重視します。

買い手がすでに商品を求めているなら、購買意欲を高める必要はないでしょう。しかし購買意欲が全くない状態から、商品を購入してもらうためには、ベネフィットをはっきり伝える必要があるのです。

もちろん先述の通り「商品が優れているだけではなく」、「品質に対して信頼してもらうこと、そして企業とお客との間で信頼関係を築くこと」が重要になります。

自分がそのサービスを受けた時のことを考える

例えば、パソコンを購入しようと考えているとき、どのような性能のパソコンを買えばいいのか、性能や価格などを確かめるはずです。そのため、商品のスペックなどが気に入れば即座に購入を検討するでしょう。

しかし全くパソコンを買おうと思っていない方が興味を持つためには、パソコンを購入することで、どのように役立つのかを知らなければ購入にはいたらないケースが多いです。そのため商品の特徴を前面に押し出すだけではいけません。

またパソコンの性能や価格も大切な要素ですが、どのようなメーカーが作っている製品なのかも重要な要素ではないでしょうか。やはり自分が聞いたことがある信頼できるメーカーなら、購買意欲が促進されるはずです。

まとめ

ベネフィットは「利益」という意味で使われることもある言葉ですが、ビジネスにおいてはマーケティングの際に使われる機会が多いです。買い手が商品を購入しどれだけ役立つかを明確にすることで、会社の利益に直結します。ベネフィットを理解するためには、人の心情をしっかり理解する努力が必要です。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る