ビジネス用語の「バジェット」の意味とは?英語と使い方、例文を解説

ビジネスシーンではカタカナ語が頻繁に使われますが、皆さんは「バジェット」という言葉をご存知でしょうか?英単語の「budget」から来ており、「予算・経費」といった意味で使われます。この記事では「バジェット」という言葉の意味と使い方について、例文を交え解説していきます。

バジェットとは?


まずは「バジェット」という言葉の意味について、詳しくご紹介します。

英語表記は「budget」

バジェットという言葉は、英単語である「budget」がカタカナ語として使われるようになったものです。また、この「budget」という単語ですが、フランス語で「財布・小銭入れ」を指す「bougette」という言葉が由来です。「財布の中にいくらお金が入っているか」という意味合いが転じて「予算」という意味を指すようになりました。

大学入試では頻出の単語なので、「budget=予算」と覚えている方もいるかもしれません。しかし、実は名詞として使われる「予算」の意味だけではなく、「低予算の、格安の」といった形容詞として使われる場合もあります。以下ではそれぞれの意味について詳しく見ていきます。

名詞での主な意味は「予算」「経費」

前述の通り、名詞では「予算・経費・家計」といった意味です。また、企業や政府などが予算を組む際の「予算案」という意味で使われることもあります。

様々な意味を含むため、政府や企業などの大きい組織から家計という個人の範囲まで幅広く使われます。よって、「family budget(家計)」「government budget(政府予算)」のように、前に単語を置いて分かりやすくする使い方が一般的です。

形容詞での意味は低予算の、格安の

次に、形容詞としての意味と使い方についてご説明しましょう。名詞の意味から転じて、形容詞では「低予算の、低価格の、格安の」といった意味になります。

「トラベルバジェット」と言った場合は、「旅行の予算」を意味します。しかし、「バジェットトラベル」と語順を入れ替えると「格安の旅行(貧乏旅行)」という意味合いになってしまうので注意が必要です。

ビジネス用語でも意味は変わらない

「バジェット」の意味についてご紹介してきましたが、ビジネスシーンでカタカナ語として使われる場合も、意味は同じです。ただし、ほとんどのケースでは名詞の意味である「予算」として使われます。形容詞の意味である「低予算の」という意味を知らないと、誤解されてしまうこともありますので文脈と状況に応じて使いましょう。

バジェットのつく言葉は?


次に、「バジェット」という単語と組み合わせて使われる言葉をご紹介します。

バジェットレンタカー

この言葉では、バジェットは形容詞の意味で使われています。よって、「格安のレンタカー」「割安のレンタカー」といった意味になります。「バジェットレンタカー」という名前でレンタカー事業をしている会社もあります。

また、「バジェットカー」と言った場合は「サブコンパクトカー(単にコンパクトカーとも呼ぶ)」を指します。サブコンパクトカーは普通車の中でも車体のサイズが小さめで、燃費が良いものが多い車種カテゴリです。

バジェットホテル

バジェットホテルとは、「格安ホテル」を指して使う言葉です。日本では、カプセルホテルのような最低限のサービスで料金を抑えたものが主流です。「バジェットクラスホテル」と呼ぶこともあります。

バジェットトラベル

こちらも同じく、「低予算の旅行、格安旅行」といった意味になります。安価な宿泊先や格安航空会社(LCC)を活用して、可能な限り費用を抑えながら旅行するスタイルです。

バジェットトラベラー

バジェットトラベラーは上記のバジェットトラベルをする旅行者を指します。低予算で旅行するため「バックパッカー」とも呼ばれ、こちらの呼び方が一般的に使われます。

バジェットエアライン

上記でも軽く触れましたが、バジェットエアラインは「格安の航空会社」という意味です。格安航空会社は英語の「Low-cost carrier」の頭文字を取って、「LCC」とも呼ばれます。

バジェットの使い方や例文は?


それでは次に、「バジェット」という言葉の使い方について例文を交えて紹介していきます。

バジェット不足

「その企画を通すには、バジェット不足だ」
「新規のスポンサーが付いたので、バジェット不足で頓挫していた案件を再開する」

上記のように、「バジェット不足」は「予算が足りない、予算が不足している」という意味での使い方になります。

バジェット次第

「この新規事業が成功するかは、バジェット次第だ」
「バジェット次第で、製品のクオリティが決まる」

この例文では「バジェット次第=予算次第」という意味で使用しています。上の文では、「新規事業は予算次第で成功するかどうかが決まる」という意味合いで、下の文は「予算によって製品のクオリティをどの程度にするか決める」ということを指しています。

パジェットを日本語で言い換えると?


最後に、「バジェット」を日本語で言い換えた場合の使い方をご紹介します。

「予算(案)」「経費」

名詞として「バジェット」という単語が使われる場合は、ほとんどが「予算・経費」といった意味です。「主力事業における来年度のバジェット」と言った場合には、「主力事業における来年度の”予算”」と言い換えることができます。

「低価格」「低予算」

形容詞として使われる場合には、「低価格・低予算の」といった意味であることは既にご紹介した通りです。「バジェットホテル」「バジェットトラベル」などは、「安価なホテル」「節約旅行(貧乏旅行)」というように置き換えることができます。

「格安」「割安」

「低価格」といった意味から「格安」という単語に置き換えることもできます。「バジェットエアライン」であれば「格安航空会社(LCC)」のことを指します。

まとめ

ビジネスシーンでよく使われるカタカナ語である「バジェット」ですが、意味や使い方を覚えて頂けましたか?単体では名詞の意味で使われるケースがほとんどですが、他の単語と組み合わせて使う場合は形容詞の意味になりますので、しっかりと把握しておきましょう。

関連記事

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る