ビジネスの場でよく聞く「フレキシブル」とは?正しい使い方を徹底解説!

「フレキシブル」はビジネスの場面でよく使われますが、「フレキシブル」の意味を説明できるでしょうか。今回はこの「フレキシブル」はどういう意味なのか、そしてどのように使うのが適切なのか解説します。

「フレキシブル(flexible)」の意味とは?

英語形容詞で「柔軟性がある・融通のきく」

「フレキシブル(flexible)」とは、「曲げる」という意味を持つ動詞の「flex」と「~ができる」という意味を表す「able」の2つの単語から成り立つ形容詞です。「曲げやすい、しなやかな」という直訳から、「柔軟性がある、融通のきく」という意味も持ちます。ビジネスの場面でよく使われる「フレキシブル」は後者の柔軟性を意味して使われています。

「フレキシブル」の使い方・使われる場面

フレキシブルな回答

フレキシブルはさまざまな状況で使われており、主に柔軟な姿勢を相手に求める際に使われることが多いです。しかし状況や使い方によっては言葉の意味が少し異なるため、注意が必要です。

例えば「フレキシブルなプランを期待します」とクライアントに言われることがあるかもしれません。ここでいうフレキシブルは「相手に合わせた柔軟性」を指すことが多いでしょう。つまり相手は「こちらの都合に合わせた柔軟なプランを提示してほしい」という意味と言えるでしょう。

フレキシブルな対応

一方で「フレキシブルに対応してください」と言われた場合は、前項と意味が異なります。ここでいうフレキシブルは「融通のきく」といった意味が強くなります。つまり相手は「融通を利かせてやってほしい」、言い換えれば「ある程度あなたに任せるからどんな状況にもうまく対応してほしい」といった意味で使われることが多いでしょう。

「フレキシブル」の対義語は?

inflexible(英語)

「フレキシブル(flexible)」の対義語は「インフレキシブル(inflexible)」です。「曲がらない」や「確固たる、不屈の、頑固な」といった意味を持ちます。

しかし、フレキシブルは聞いたことがあっても、このインフレキシブルは聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。インフレキシブルは和製英語として頻繁に使われているものではないので、使っても相手にうまく伝わらない可能性が高いです。もしフレキシブルの反対の意味を表したいときは「フレキシブルではない」と伝えた方が無難でしょう。

「フレキシブル」を使う時の注意

形容詞と名詞の違いを理解して使う

日常で「フレキシブル」という単語を使っていても、これが形容詞なのか名詞なのかまで考えて使っている人は少ないかもしれません。しかし英単語をそのまま日本語として使う場合には、その単語が形容詞なのか名詞なのかを理解して使う方が良いでしょう。

前述の通りフレキシブルは形容詞で、これの名詞はフレキシビリティ(flexibility)です。名詞で使う場合は「フレキシビリティに重点をおいた企画」というように使い分けることができるでしょう。

間違った使い方は、違いが分かっている人にストレスを与えるだけでなく、相手の信頼を欠くことにもつながりかねません。意味が通じればいいと安易に考えずに、注意して使用しましょう。

責任がどこの誰にあるかを明確にする

「フレキシブル」という単語は、意味が抽象的になりやすく、責任の所在が曖昧になりがちという特徴があります。「フレキシブルに対応してください」と言われた場合も、ある程度自分に裁量権があることは分かるかもしれません。しかしどの程度柔軟に対応すればいいのか、どの程度自分の責任で進めていいのかは曖昧なままです。これは自分が使用するときも同じことが言えるでしょう。

物事の最終確認を怠らないようにする

「フレキシブル」という言葉は使い慣れると便利ですが、安易に使用すると自分と相手で考えていることにずれが生じ、後々トラブルにつながる可能性もあります。自分が「フレキシブルに対応してください」と言う場面があれば、どの程度相手に裁量を与えるのかなど、自分の考えがきちんと伝えっているか確認を行うと安心でしょう。もちろん相手に言われた場合も、相手の考えと相違がないか、念のため確認したうえで対応することが大切です。

ただし、そもそも「フレキシブル」のような和製英語はまだ使い慣れていない人も多いかもしれません。自分は分かっていても、相手には「フレキシブル」の意味さえも伝わっていないこともあり得ます。こういった場合も想定して、相手の理解度を確認しながら相手に配慮したコミュニケーションを心掛ける必要もあるでしょう。

まとめ

ビジネスの場面では「フレキシブル」のような和製英語がどんどん増えています。和製英語を好んで使う人もいるので、今後も意味や正しい使い方を学んでいく必要があるでしょう。しかし一方で、和製英語は表現される意味やイメージが統一しにくいものでもあります。使用する際は相手に十分配慮することが大切でしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る