コンセンサスとは?ビジネスでの意味や使い方、例文を紹介!

フリーランスの仕事だけではありませんが、仕事をする時には打ち合わせや段取りなどが不可欠と言えます。打ち合わせなどで用いるビジネス用語「コンセンサス」という言葉をご存知でしょうか。「コンセンサス」のビジネスでの意味や使い方、例文について紹介します。

コンセンサスとは


ビジネス用語の一つである「コンセンサス」は、打ち合わせや会議などで用いられることが多いです。どのように「コンセンサス」を使うことが適切であるのか紹介します。

複数の人による合意のこと

ビジネス用語「コンセンサス」とは、複数の人による合意のことを示す言葉です。同意というニュアンスですが、「コンセンサス」という言葉は「複数から同意を得ている」ということを強調する場合に使うことが一般的です。企業や団体向けにふさわしい言葉と言えるでしょう。

部署など組織的な合意を表す

「コンセンサス」は複数の方からの合意や同意を表現する言葉です。企業や部署など組織的な場所にいる方、あるいはプロジェクトに身を置いている方が、「コンセンサス」を利用することが一般的です。仕事の中で行われていることも多い「段取り」という行為そのものを、「コンセンサス」とすることもあります。

英語ではconsensus

ビジネス用語「コンセンサス」は英語のconsensusから生まれています。もともと「複数の人の意見が一致すること」という意味になります。ビジネスだけではなく、政治的な状況でも聞く言葉で、「合意・段取り」の意味合いで使われています。

「コンセンサス」のつく言葉


「コンセンサス」という言葉は、合意や同意を示す意味でビジネスや政治などで広く使われています。「コンセンサス」という言葉がつく表現について紹介します。

コンセンサス方式

国連で用いられている決議の一つに、「コンセンサス方式」があります。従来の多数決や投票奉仕ではなく、議長が提案し、反論を唱える意見が表明されなかったら決議を成立させる方式です。全会一致の場合もありますが、大多数が一致する状況でも「コンセンサス方式」で議論が成立することが珍しくありません。

ナショナルコンセンサス

「ナショナルコンセンサス」とは、国民的合意を示すときに使用する言葉です。原発に関する政策など国民の意見を問うことが必要な場合、「ナショナルコンセンサスを得る・伺う」という使い方もします。新聞やビジネス雑誌にも出てくる表現ですので、覚えておくと良いでしょう。

市場コンセンサス

「市場コンセンサス」とは、株価取引などの場で用いられる言葉です。株に対する利益や配当などについて、アナリストが分析した数値の平均を「市場コンセンサス」と呼びます。これまでの価格変動に対する分析から出てくる見込みを「コンセンサス」というとらえ方が一般的です。

コンセンサスの使い方・例文


「コンセンサス」の使い方・例文について紹介します。

関係者のコンセンサスを図る

仕事やプロジェクトを進めていくときには、段取りや根回しをすることが大切になります。相手企業や関係先に事前交渉をして、円滑に仕事が進むように図ることも珍しくありません。その時には「関係者のコンセンサスを図る」といった表現の仕方をします。

コンセンサス予想は昨年を上回った

アナリストやトレーダーは、株価の動きを予想して取引を行います。「市場コンセンサス」で説明したように、利益・配当についてアナリストが分析した数値を市場コンセンサスと呼びます。この市場コンセンサスの予想が、昨年の数値よりも高かった場合、「コンセンサス予想は昨年を上回った」と表現することができます。

コンセンサスの類語


コンセンサスの類語について紹介します。

アグリメント

同意を示すビジネス用語として、「アグリメント」という言葉もあります。「コンセンサス」とは違い、「複数の人からの」というニュアンスがない同意や合意になります。状況を選ぶ言葉と言えるでしょう。団体や企業に用いる時には「コンセンサス」を使用することが無難です。

コンセント

一致や同意を示す類語に「コンセント」もあります。両者間での意見などの一致や合意も示す「コンセンサス」とは異なり、書類や契約などの調印に伴う条件的な「同意」のみが「コンセント」です。使い分けている企業もあるので、両者の違いもおさえておくことをおすすめします。

まとめ

今回はビジネスや政治などで使用が多い用語の一つ、「コンセンサス」について意味や使い方を紹介しました。合意や同意、段取りなど示すことが多いですが、政治や株価取引などのビジネスにおいて、意味合いが変わってきます。

関連記事

ページ上部へ戻る